コラム

絶滅危惧種?レクサス 2ドア クーペ「RC」のリセールバリュー市場は?

今回は、レクサス RCのリセールについてご紹介いたします。レクサス RCはスポーティーなイメージがとても強く、スタイリッシュなとても人気の高い車種です。絶滅危惧種とも言われるRCですが流通台数は安定傾向にあり、高額査定が期待できるクーペです。
そんなレクサス RCのリセールバリューについてご紹介いたします。

レクサス RCは、2ドアクーペモデルとして4年ぶりの復活?


出典:ウィキメディア
レクサス RCは、レクサスが販売する2ドアクーペです。レクサスで販売されていたクーペモデルは、レクサスブランドで4年ぶりの復活となったスタイリッシュな見た目とスポーティーな印象が特徴的でとても人気が高いレクサスモデルです。
スポーティーな走りを楽しむ魅力あふれる骨格作りがなされています。高剛性ボディによって走りを支える作りになっています。フロントロアブレースで強化されたボディも特徴的です。また、振動の減衰特性を高める構造用接着剤も採用されました。
アルミニウム製のボディにしたことで軽量化が両立し、よりスポーティーさに磨きがかかりました。
『ブランドイメージを変える車』という形で販売され、オンロードでは、ラグジュアリーな空間を楽しめるように、Fスポーツ(RC350)では、サーキットで走らせているようなFRの走りを実現できるような開発をしました。ドライバーが楽しんで走れるよう創意工夫を重ねて作られた渾身の1台です。
RCで採用されたサスペンションは、自然な感覚がドライバーの心を鷲掴みにしています。一般的にドライブを楽しみたい人が乗る分には十分なクーペで、もしスポーティーさを重視しているのであれば「RC F」をオススメします。
ガソリンエンジン搭載モデル、ハイブリッドエンジン搭載モデルがラインアップされ、ハイブリッドエンジン搭載モデルは、トランスミッションにCVTが組み込まれています。その点において、スポーティーと言えるのかとの問いに、環境性能に対する意識を高くしている点で、環境性能も重視した作りになっているアピールポイントとしています。ハイブリッドエンジンであっても、スポーツ走行が楽しめる作りになっているスピリットが込められていると開発者は語っています。
重量配分も丁度よく、チューニングやセッティングをした際に自然に走りの良い自動車が誕生しました。サーキット走行で、パワー差を感じるかもしれませんが、一般道(公道)ではそこまで大きく違いがわかることはないでしょう。
快適な乗り心地、環境性能も配慮されたスポーツカーで独創的な印象を受けるイメージをそのままにメッシュパターンのスピングリルは、上下の開口比率を変化させ、特徴的なデザインを採用しました。ヘッドランプの設置場所についてもエレガントさを演出する為に考えられてデザインされています。
その為、走っている姿を見ても、駐車している時に見ても、魅力的な1台であるのは言うまでもありません。

レクサス RCは、スタイリッシュなデザインも魅力的!


出典:ウィキメディア
2ドアスポーツカーらしい流麗なボディスタイルが魅力的なデザインでエレガントさが溢れています。「レクサス LC」から活かされています。フロントからリアへと連続する一体感あるプロポーションが魅力的です。リアバンパーコーナーにエアダクトを設け、操縦安定性を実現することが可能となりました。タイヤの踏ん張りを強調するデザインになり、走行性能の高さがより表現されています。
ラグジュアリーで居心地の良い室内空間が魅力的で、落ち着いた雰囲気を楽しめるのも嬉しいクーペです。フロントシートの程酔いホールド感、ラグジュアリーな空間が演出されているだけではなく、着座位置も低すぎず大人2名が乗っていても窮屈さを感じない広さの車内で快適に過ごせます。
ヒーターコントロールパネルとオーディオパネルの質感を高め、大型化したニーパッドではさみこみ、上質な空間を演出しました。アナログクロックを採用している点も高級感を感じられる雰囲気を演出しています。
レクサスRCは、レクサスのブランドイメージを変えることが目的で制作されました。エモーショナルな価値を高め、高級車のメインユーザーを若者にもアピールできるようにすることがミッションで、スポーティーかつ、エレガントを追求した結果クーペモデルの誕生となり、世界に対しても発信できる1台に仕上がっています。開発から3年で完成したレクサス RCは、新車開発としては異例の短期間で手掛けられました。良き伝統は守り、今まで以上の素晴らしい自動車を作る為に、打ち破っていく挑戦をして制作されました。

レクサス RCのリセール価格について


出典:ウィキメディア
レクサスRCは、相場が安定しているので高値での取引をしてもらえる可能性が高い車種になっています。中でも、環境性能に配慮されて作られたハイブリッドエンジンモデルの取引が多くされている傾向にあるようです。
ガソリンモデルの方は流通台数が少ない為、シビアな結果になりそうな印象を受けますが、レクサス RCを求めている人にとってレアな個体であることは間違いないので、高値での取引に繋がる可能性が高い車種と言えます。
レクサス RCを熟知しているスタッフが常駐している業者でリセールバリューの査定をしてもらうことでより確実な高額査定に繋がりやすくなります。隅々までチェックし査定してくれるだけでなく、知識を基にした判定結果でドライバーも納得のいく結果に繋がることが多いです。
オプションやボディカラー、走行距離など様々な要因でリセール価格が変動するような気がしますが、実際の所その点で大きく左右されることはなく、レクサス RCの状態によっても変動していくので一概にオプションやボディカラー、走行距離だけで査定されるわけではありません。
プロの目で見た時の査定の為、リセールバリューの結果が予想よりも高額な結果になったケースもありますので、リセールの際には専門店で査定してもらうことをオススメします。
参考:レクサス RCの買取についてはこちらからお問い合わせ下さい!

まとめ

いかがでしょうか。
レクサス RCは、レクサスブランドが制作したレクサスイメージを大きく変革するクーペであることがご理解頂けましたでしょうか。
また、環境性能に配慮して作られたハイブリッドエンジンモデルは、環境に配慮して作られていると言ってもドライバーの車を走らせる楽しみはそのままに環境へ配慮している素晴らしい自動車であり、また、ガソリンモデルでもスポーツカーらしい走りを楽しめる魅力溢れる1台に仕上がっています。
高額査定が期待できる車種なので、プロが常駐している専門業者でリセールバリュー査定をするようにしましょう。大切な愛車を納得のいく取引で手放せるよう専門店での査定をオススメします。
[ライター/岩岡詩織]

レクサス随一のエレガンスと色気を兼ね備えた「LC」のリセールバリューは高いのか?前のページ

サーキット走行ができるプレミアムスポーツカーRC Fのリセールバリュー事情次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    VOLVOの大人気車種ボルボV60

    volvoのスタイリッシュなステーションワゴンV60です。 スタイリッ…

  2. コラム

    【解説】こんなところまで!?BMW X1 F48はいろんなカスタムができる!

    BMW X1 F48は2015年から販売されている2代目X1。ノーマル…

  3. コラム

    BMW X3のエンジンオイルは慎重に選択した方が良い!その理由は?

    BMW X3のエンジンオイルは各グレードやエンジンの特性に合わせたオイ…

  4. コラム

    BMW X1のキーケースについて。独特なキーの形に合うキーケースはあるのか?

    クルマを動かすときに必須なのがクルマのキー。キーをそのままキーホルダー…

  5. コラム

    基本性能に優れたロングセラー、日産「シルフィ」の魅力とおすすめグレードをご紹介!

    世の中には「定番」「ロングセラー」と言われている製品が数多くありますが…

  6. コラム

    アウディ・A4 2.0TFSIクワトロのユーザーレポート

    アウディ・A4 2.0TFSIクワトロに実際に乗っている方から…

  1. コラム

    ブラバス・輸入車買い取り
  2. コラム

    トヨタの5ナンバーサイズミニバン3兄弟のなかでもっとも高級志向な装いとなっている…
  3. コラム

    【解説】ベンツのおすすめ買取店と高額買取できるお店を探すポイントとは?
  4. コラム

    両国にある輸入車専門店プレミアムカーズを見学
  5. ダイハツ ロッキー

    コラム

    大注目のコンパクトSUVダイハツ・ロッキーのリセールバリューは高いのか?
PAGE TOP