コラム

超売れ筋人気のミニバン「日産セレナ」のおすすめグレードはこれだ!

さっそく「おすすめミニバンのおすすめグレード」に関する研究を進めてまいりましょう。今回のお題はミニバン販売台数2018年上半期のナンバーワンであり、直近の2018年9月も依然としてミニバン第1位の超売れ筋、日産セレナです。

結論から言うとおすすめはこの2グレード!

5代目となる現行型セレナが登場したのは2016年8月のこと。2018年2月には待望の「e-POWWER」が追加され、同年9月にはマイナーチェンジも実施。その商品力はいよいよ増しています。
ただし問題(?)は、「あまりにもグレード数が多すぎて、結局どれを買えばいいのかわからない!」ということでしょうか。
確かにそうです。ざっと数えただけでも、現時点でセレナのグレードは21種類。さらに駆動方式の違いなども合わせると、すごい数になってしまいます。
ですがMINI vanラボはさまざまな研究の結果、結論を出しました。とりあえずのおすすめは、以下の2グレードであります!
【おすすめ1】
X VセレクションII(2WD)|266万2200円
【おすすめ2】
e-POWER XV(2WD)|312万8760円
もちろん諸説あるでしょうが、セレナを買うのであればとりあえず上記の2グレードから検討を始めれば、何かと間違いないはずなのです。

e-POWERはかなり魅力的だが、無難なのはS-HYBRID

理由をご説明しましょう。
セレナの場合、まず最初に悩むのが「動力源をどれにするか」という問題です。つまり現行セレナには「普通のガソリンエンジン」と「S-HYBRID(マイルドハイブリッド)」「e-POWER」という3種類の選択肢がありますから。

もしも予算のことをいっさい考えないのであれば、イチ推しはやはり「e-POWER」でしょう。静かでパワフルで、かなり燃費が良く、そして低重心であるため、走りの感触も実はかなりいい感じです。
しかしe-POWERはややこしい技術の塊だけあって、どうしても車両価格は若干高めになります。具体的にはいちばん安いe-POWER X(2WD)でも296万8920円であり、e-POWER ハイウェイスターV(防水シート車)に至っては343万6560円です。
参考:ミニバン/ワゴン車/ワンボックスの買取専門ページです
このぐらいの価格(+オプション料金)を余裕で出せる人もいるのでしょう。ですがここまでの額になると、セレナというクルマの良いところ、つまり「サイズも価格も、とにかくすべてがお手頃である」という美点が若干損なわれるような気もするのです。
セレナの良さ(何かとちょうどいい、ということ)を最大限感じるためには、車両価格は200万円台半ばか、あるいはせいぜい「200万円後半ぐらい」で抑えておくのが精神的には得策となるはずです。
となると選ぶべきはガソリンエンジンまたはS-HYBRID(マイルドハイブリッド)になるわけですが、このご時世に今さらガソリンエンジン車というのもアレですので、まぁS-HYBRIDのほうがいいでしょう。

「X VセレクションII」はマジでお買い得!


でも、だからといって「しょぼい装備内容のS-HYBRID」を買ってしまっては後々の満足度が著しく低下し、結局は「損な買い物」にもなりかねません。
そこで注目すべきなのが、今回のイチ推しとさせていただいた「X VセレクションII(2WD)|266万2200円」なのです。
これは2018年9月の小変更時に新設定されたグレードで、動力源はS-HYBRID(マイルドハイブリッド)です。
このときの小変更では、それまでは「e-POWER」車だけの標準装備だった「ハイビームアシスト」がS-HYBRID車にも標準装備となり、「標識検知機能」に最高速度標識検知と一時停止標識検知も追加されています。さらにアクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違えによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」にも、前方の歩行者が検知対象に追加されました。
そしてこの「X VセレクションII」というのは、上記の各種安全装備に加えて「両側ワンタッチオートスライドドア」という超人気アイテムを装備し、さらにはセレナの超キモとなる装備である、セカンドシートの「超ロングスライド+横スライド」およびサードシートの「スライド」も装備されたグレードなのです。

それなのにお値段は、ややショボい中間グレードのそれとさほど変わらない「266万2200円」というお買い得っぷり。……これはもう、「何かとお手頃なのに、中身はかなりイイ」というセレナの美点を凝縮したかのようなグレードです。だからこそ、MINI vanラボとしてはイチ推しとしているのです。
ということで、e-POWERにこだわらないのであれば、「X VセレクションII(2WD)」を選んでおけばまず間違いありません。

e-POWERを選ぶなら「上級志向」で行くべし


でもどうしてもe-POWERが欲しい場合は?

それはもう、最上級グレードのひとつである「e-POWER XV(2WD)|312万8760円」がいいでしょう。せっかくやや高めのe-POWERを買うのですから、装備内容も豪華にしちゃいましょう。そのほうが後々の満足度が高いですし、数年後のリセール価格もおそらくは有利です。
そして「e-POWER XV」であれば前述の「両側ワンタッチオートスライドドア」とセカンドシートの「超ロングスライド+横スライド」、そしてサードシートの「スライド」も、当然ながら付いています。ちょいワイルドな「ハイウェイスター」にするかどうかは、各自のお好みで判断してください。

あらためての結論。この2グレードでほぼ間違いなし!

ということで、あらためての結論は以下のとおりです。
【セレナらしいお手頃さを優先するなら?】
X VセレクションII(2WD)|266万2200円
【最新技術の粋を存分に堪能したいなら?】
e-POWER XV(2WD)|312万8760円
MINI vanラボからの研究報告はとりあえず以上です。それではまた来週、お会いいたしましょう!
[ライター/伊達軍曹]

車の売却・査定は買取専門店にお任せください

創業20年以上の買取専門店だから、お車のセールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定が可能です。お車の買取相場をリアルタイムで把握しているので適正価格で買取させていただきます。

愛車の相場と査定の
お申し込みはこちら!

レクサスの地位を北米で確立させた車「LS」常に進化を続けているのが人気の秘訣か 前のページ

新型フォレスター「X-BREAK」に長距離試乗!クラス随一といっても過言ではない素晴らしいSUVだった次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    惜しまれつつ生産終了となったレクサス・GS F。気になる最新のリセールバリューは?

    みなさん、こんにちは!今回は2020年8月に惜しまれつつ生産終了となっ…

  2. コラム

    徹底解説!BMW X3の売却あれこれ

    愛着のあるBMW X3もいずれ売却する時がくるかもしれない。中には「手…

  3. コラム

    いろんな目的に使えるBMW Eシリーズ E60のキャリパーカバーについてご紹介!

    BMW E60のキャリパーカバーは、ドレスアップを目的としたキャリパー…

  4. コラム

    大型のSUVとして人気のトヨタ・ランドクルーザー40。もはや現地に帰化した日本人

    トヨタ・ランドクルーザー、いわゆる「ランクル」。日本では大型のSUV…

  5. コラム

    NAの5リッターV8で423ps!レクサスがかつて販売していた獰猛なスポーツセダン「IS F」の魅力…

    みなさん、こんにちは!今回は、レクサスがかつて販売していた弩級スポーツ…

  6. コラム

    車内の温度上昇を抑制してくれる!BMW X1のサンシェードについてご紹介

    夏の日向に置いてあったX1に乗ったときものすごく暑い思いをしたりハンド…

  1. コラム

    富山県の車事情・主な車買取店についてご紹介!北陸トップクラスの車保有率を誇る富山…
  2. コラム

    SUVの原型ともいえるオンロード4WD。今ではSUVで強いスバルだが意外な歴史が…
  3. コラム

    BMW X1にメッキモールを取り付けたい…でもそれってできるの?
  4. コラム

    なぜ高級車であるレクサスが売れている、人気なのかを改めて考えてみる
  5. 豆知識

    買取業者選びで失敗しないために、知っておきたい査定のポイント
PAGE TOP