コラム

超売れ筋人気のミニバン「日産セレナ」のおすすめグレードはこれだ!

さっそく「おすすめミニバンのおすすめグレード」に関する研究を進めてまいりましょう。今回のお題はミニバン販売台数2018年上半期のナンバーワンであり、直近の2018年9月も依然としてミニバン第1位の超売れ筋、日産セレナです。

結論から言うとおすすめはこの2グレード!


5代目となる現行型セレナが登場したのは2016年8月のこと。2018年2月には待望の「e-POWWER」が追加され、同年9月にはマイナーチェンジも実施。その商品力はいよいよ増しています。
ただし問題(?)は、「あまりにもグレード数が多すぎて、結局どれを買えばいいのかわからない!」ということでしょうか。
確かにそうです。ざっと数えただけでも、現時点でセレナのグレードは21種類。さらに駆動方式の違いなども合わせると、すごい数になってしまいます。
ですがMINI vanラボはさまざまな研究の結果、結論を出しました。とりあえずのおすすめは、以下の2グレードであります!
【おすすめ1】
X VセレクションII(2WD)|266万2200円
【おすすめ2】
e-POWER XV(2WD)|312万8760円
もちろん諸説あるでしょうが、セレナを買うのであればとりあえず上記の2グレードから検討を始めれば、何かと間違いないはずなのです。

e-POWERはかなり魅力的だが、無難なのはS-HYBRID


理由をご説明しましょう。
セレナの場合、まず最初に悩むのが「動力源をどれにするか」という問題です。つまり現行セレナには「普通のガソリンエンジン」と「S-HYBRID(マイルドハイブリッド)」「e-POWER」という3種類の選択肢がありますから。


もしも予算のことをいっさい考えないのであれば、イチ推しはやはり「e-POWER」でしょう。静かでパワフルで、かなり燃費が良く、そして低重心であるため、走りの感触も実はかなりいい感じです。
しかしe-POWERはややこしい技術の塊だけあって、どうしても車両価格は若干高めになります。具体的にはいちばん安いe-POWER X(2WD)でも296万8920円であり、e-POWER ハイウェイスターV(防水シート車)に至っては343万6560円です。
参考:人気のミニバン「日産セレナ」買取専用ページ!
このぐらいの価格(+オプション料金)を余裕で出せる人もいるのでしょう。ですがここまでの額になると、セレナというクルマの良いところ、つまり「サイズも価格も、とにかくすべてがお手頃である」という美点が若干損なわれるような気もするのです。
セレナの良さ(何かとちょうどいい、ということ)を最大限感じるためには、車両価格は200万円台半ばか、あるいはせいぜい「200万円後半ぐらい」で抑えておくのが精神的には得策となるはずです。
となると選ぶべきはガソリンエンジンまたはS-HYBRID(マイルドハイブリッド)になるわけですが、このご時世に今さらガソリンエンジン車というのもアレですので、まぁS-HYBRIDのほうがいいでしょう。

「X VセレクションII」はマジでお買い得!


でも、だからといって「しょぼい装備内容のS-HYBRID」を買ってしまっては後々の満足度が著しく低下し、結局は「損な買い物」にもなりかねません。
そこで注目すべきなのが、今回のイチ推しとさせていただいた「X VセレクションII(2WD)|266万2200円」なのです。
これは2018年9月の小変更時に新設定されたグレードで、動力源はS-HYBRID(マイルドハイブリッド)です。
このときの小変更では、それまでは「e-POWER」車だけの標準装備だった「ハイビームアシスト」がS-HYBRID車にも標準装備となり、「標識検知機能」に最高速度標識検知と一時停止標識検知も追加されています。さらにアクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違えによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」にも、前方の歩行者が検知対象に追加されました。
そしてこの「X VセレクションII」というのは、上記の各種安全装備に加えて「両側ワンタッチオートスライドドア」という超人気アイテムを装備し、さらにはセレナの超キモとなる装備である、セカンドシートの「超ロングスライド+横スライド」およびサードシートの「スライド」も装備されたグレードなのです。

それなのにお値段は、ややショボい中間グレードのそれとさほど変わらない「266万2200円」というお買い得っぷり。……これはもう、「何かとお手頃なのに、中身はかなりイイ」というセレナの美点を凝縮したかのようなグレードです。だからこそ、MINI vanラボとしてはイチ推しとしているのです。
ということで、e-POWERにこだわらないのであれば、「X VセレクションII(2WD)」を選んでおけばまず間違いありません。

e-POWERを選ぶなら「上級志向」で行くべし


でもどうしてもe-POWERが欲しい場合は?

それはもう、最上級グレードのひとつである「e-POWER XV(2WD)|312万8760円」がいいでしょう。せっかくやや高めのe-POWERを買うのですから、装備内容も豪華にしちゃいましょう。そのほうが後々の満足度が高いですし、数年後のリセール価格もおそらくは有利です。
そして「e-POWER XV」であれば前述の「両側ワンタッチオートスライドドア」とセカンドシートの「超ロングスライド+横スライド」、そしてサードシートの「スライド」も、当然ながら付いています。ちょいワイルドな「ハイウェイスター」にするかどうかは、各自のお好みで判断してください。

あらためての結論。この2グレードでほぼ間違いなし!



ということで、あらためての結論は以下のとおりです。
【セレナらしいお手頃さを優先するなら?】
X VセレクションII(2WD)|266万2200円
【最新技術の粋を存分に堪能したいなら?】
e-POWER XV(2WD)|312万8760円
MINI vanラボからの研究報告はとりあえず以上です。それではまた来週、お会いいたしましょう!
[ライター/伊達軍曹]

レクサスの地位を北米で確立させた車「LS」常に進化を続けているのが人気の秘訣か 前のページ

新型フォレスター「X-BREAK」に長距離試乗!クラス随一といっても過言ではない素晴らしいSUVだった次のページ

関連記事

  1. コラム

    NAの5リッターV8で423ps!レクサスがかつて販売していた獰猛なスポーツセダン「IS F」の魅力…

    みなさん、こんにちは!今回は、レクサスがかつて販売していた弩級スポーツ…

  2. コラム

    本当はフェラーリが欲しいけどお金がないからアルファロメオの中古車?

    日刊カーセンサーでお馴染みに伊達軍曹さんのコラムです。 本当はフェラー…

  3. コラム

    両国にある輸入車専門店プレミアムカーズを見学

    東京の両国といえば、相撲を思い浮かべる方が多いと思いますが、両国には輸…

  4. コラム

    X4のグリルはBMWらしさ全開!その構造を解説

    BMW X4のグリルは初代(F26)ではヘッドライトと繋がっている形状…

  5. コラム

    4世代にわたり世界中で愛されているマツダ ロードスターは定番の人気オープンカー

    最近のマツダといえばスカイアクティブ・テクノロジーと魂動(こどう)デザ…

  1. コラム

    道具感が好きな人であれば、要チェック!日産の5ナンバー乗用ワゴン/商用バン「NV…
  2. コラム

    種類が豊富!BMW X6のミニカーについて解説!
  3. コラム

    レクサスの名前の由来とは。車名はどういう意味があるのかを紐解く
  4. コラム

    エンジンは発電用?先進的なハイブリッドシステムを搭載したホンダ・アコード、その走…
  5. コラム

    MINIクラブマンとMINIクロスオーバーならどっちがおすすめ?
PAGE TOP