専門店だから高く売却マツダの買取相場価格・買取専門店 専門店だから高く売却マツダの買取相場価格・買取専門店

専門店だから
高く売却

マツダ
買取相場価格・買取専門店

ユーズドカーラボが
選ばれる3つの理由

  • 専門店だから詳細も把握

    専門店だから詳細も把握

    創業21年のジャンル特化買取専門店。一括査定とは違う専門店だけの高額査定。あらゆるメーカー・ジャンルの特徴・セールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定。

  • 最新相場を熟知

    最新相場を熟知

    専門買取のノウハウがあるから、リアルタイムで相場を把握。相場に上乗せして高額査定。激戦区のミニバン・SUVカテゴリーにもしっかりと対応。

  • しつこい営業・二重査定一切ナシ

    しつこい営業・二重査定一切ナシ

    1社限定で対応。一括査定ではないのでしつこい営業やよくある二重査定(査定後の査定額減額交渉)一切ナシ。

マツダ車の買取相場一覧

車種名 年式 買取価格相場
ロードスター 2002年 〜¥2,892,000
ロードスターRF 2020年 〜¥2,772,000
ロードスター 2005年 〜¥2,728,000
ロードスター 2001年 〜¥2,809,000
ロードスターRF 2019年 〜¥2,672,000
ロードスター 2004年 〜¥2,656,000
アテンザ 2019年 〜¥2,613,000
ロードスター 2020年 〜¥2,601,000
ロードスターRF 2018年 〜¥2,600,000
CX-8 2020年 〜¥2,600,000
CX-8 2019年 〜¥2,550,000
CX-5 2020年 〜¥2,502,000
CX-8 2018年 〜¥2,443,000
ロードスター 2019年 〜¥2,440,000
アテンザ 2019年 〜¥2,429,000
ロードスターRF 2017年 〜¥2,394,000
ボンゴフレンディ 2005年 〜¥2,382,000
CX-8 2017年 〜¥2,328,000
ロードスターRF 2016年 〜¥2,299,000
CX-5 2019年 〜¥2,297,000

走行距離から見る買取価格相場

車種名 走行距離 買取価格相場
ロードスター 7.9万㎞ 〜¥2,892,000
ロードスターRF 8.1万㎞ 〜¥2,772,000
ロードスター 7.9万㎞ 〜¥2,728,000
ロードスター 7.9万㎞ 〜¥2,809,000
ロードスターRF 8.1万㎞ 〜¥2,672,000
ロードスター 7.9万㎞ 〜¥2,656,000
アテンザ 8.1万㎞ 〜¥2,613,000
ロードスター 7.9万㎞ 〜¥2,601,000
ロードスターRF 8.1万㎞ 〜¥2,600,000
CX-8 8万㎞ 〜¥2,600,000
CX-8 8万㎞ 〜¥2,550,000
CX-5 8.1万㎞ 〜¥2,502,000
CX-8 8万㎞ 〜¥2,443,000
ロードスター 7.9万㎞ 〜¥2,440,000
アテンザ 8.1万㎞ 〜¥2,429,000
ロードスターRF 8.1万㎞ 〜¥2,394,000
ボンゴフレンディ 8.1万㎞ 〜¥2,382,000
CX-8 8万㎞ 〜¥2,328,000
ロードスターRF 8.1万㎞ 〜¥2,299,000
CX-5 8.1万㎞ 〜¥2,297,000

安心できる
5つのポイント

  • 1社限定での対応!01

    1社限定での対応!

    一括査定ではないので、社会問題にもなっている鳴り止まない電話は一切なし!

  • 二重査定は一切なし!02

    二重査定は一切なし!

    契約後の再査定での減額、価格変更は一切ありません。

  • 不当なキャンセル料の請求なし!03

    不当なキャンセル料の請求なし!

    契約後にキャンセルをした場合も不当なキャンセル金請求はありません!

  • JPUC加盟店なので安心!04

    JPUC加盟店なので安心!

    車の買取業界の自主規制団体であるJPUC加盟店なので、安全安心でクリーンな買取!

  • 日本全国無料で出張査定!05

    日本全国無料で出張査定!

    例え遠方でも出張費は全て自社負担!全国どこへでもスケジュールに合わせて伺います!

(一般社団法人自動車購入協会)車売却消費者相談室

マツダのSUV

マツダのSUVはデイリーユースメインのSUVが多くラインナップされています。マツダの新しい戦略である「SKYACTIVテクノロジー」や「魂動(こどう)デザイン」はマツダのミディアムサイズSUVであるCX-5からスタートしました。その後CXシリーズはコンパクトなCX-3、中国市場向けのCX-4、3列シートを備えファミリーカーとしても使えるCX-8、北米市場をターゲットとしたラグジュアリーSUV CX-9など幅広く展開。ガソリンエンジンもしくはディーゼルエンジンを搭載しモデルによってはAT車とMT車の選択ができるのもマツダSUVならではの良さです。安心感のあるしっかりとした乗り心地と快適性、質感の高いインテリアが特徴です。

マツダのオープンカー

マツダのオープンカーと言えば思い浮かぶ車名があるかと思います。オープンカーという意味のロードスターは、小さく可愛らしさを感じながらも年代のモデルによってかっこよさがあったりと魅力満点です。解放感を楽しめるソフトトップが採用され、走り込んだ時のエンジン音を心地よく感じられるのも嬉しいポイントです。風を楽しむ工夫としてガラス製のリアウインドーが付いている点、三角窓やドアトリムによって風が室内に入り込む工夫が施されています。男女問わず乗って楽しめるオープンカーを作れたことはとても素晴らしいことでしょう。メッシュで作られたエアロボードの脱着が可能な点も、巻き込む風を穏やかに変えることができます。走っても楽しく心地よい風を感じられるなど魅力が満点です。

マツダのセダン

マツダのセダンは、何と言っても美しいフォルムに綺麗な赤が映える点が魅力的です。中でも、アテンザ、アクセラが人気株で若い人からある程度の年齢にいった方までと幅広い年代から愛されています。比較的にマツダ車は買いやすい手頃な価格設定を行っているので、手出すのにあまり躊躇せず購入を検討することができるので、いざセダンを転がしたいと思った時にはマツダ社で探してみると自分の希望に当てはまるセダンに巡り合えるかもしれません。高級車をも思わせるようなデザインの高さとボディラインの綺麗さは一度自分の車にしたら手放したい気持ちがなくなります。走りの安定性もあり、車内空間の快適性も高いので家族でドライブなどを楽しむのに最適です。

マツダのミニバン

マツダのミニバンは現在新車での販売は行っていません。1ボックスタイプや2ボックスタイプのミニバンから3列シートSUVへシフトしていきました。かつて販売していたマツダのミニバンは高性能なパワートレインを搭載したドライバーズミニバン「MPV」、スライドドアを持ち背が高めの室内空間重視ミニバン「ビアンテ」、ミニバンの使い勝手と走り・デザインに優れた「プレマシー」が主力ミニバンとしてラインナップされていました。どのモデルもマツダらしく張りのある乗り心地と心地よいスポーティーフィールがミニバンでも実現されています。2010年代後半にミニバンから撤退し新しい技術を用いてファミリーでも使うことができるSUVに力を入れています。

自動車ニュース