BMW

BMW X6の買取相場について解説!どのくらい高く売れる?

BMW X6はラージサイズのクロスオーバースポーツアクティビティビークル(クロスオーバーSAV)です。日本市場への導入は2008年から行われ2014年に2代目へ世代交代しています。2019年3月時点では2代目が販売継続中。現時点(2019年時点)では世代交代による価格差はおおよそ100万円弱ありますが、初代モデルでも高価格帯を維持している傾向が見受けられます。

気になる初代(E71/E72)BMW X6の買取相場は?

初代BMW X6(E71/E72)の2019年3月時点での買取相場は約130万円~約450万円で推移しています。年式、走行距離、装備、グレード、ボディカラー、オプションなどによって価格は異なるものの、日本での販売開始から10年以上経過した時点でも最低100万円を越える買取額が提示されています。

ホシ君:10年を越えても3ケタ以上の買取額が付くとはさすがBMW X6です。
ビーエム博士:クーペタイプのクロスオーバーSAVの人気の高さが買取相場からも見えますね。

2代目(F16)BMW X6の買取相場は高値をキープ!

2代目BMW X6(F16)の2019年3月時点での買取相場は約540万円~約800万円で推移しています。2代目でも年式、走行距離、グレード、装備、ボディカラー、オプションなどによって価格は異なります。2019年で2代目モデルの販売開始から5年が経過。5年目はひとつの節目となる年数ですが依然として高価格を維持している傾向です。

ホシ君:人気の高いクーペスタイルSUVは買うときも高いですが売るときも高価格で売ることができますね。
ビーエム博士:スタイル、走り、高級感のすべてを取り入れた万能SUVの価値が市場で認められている証拠です。

まとめ

走りを予感させるプロポーション、スタイルを裏切らない走行性能、高級感、使い勝手などさまざまなな要素を取り入れたBMW X6。BMWではBMW X6をSAV(スポーツアクティビティビークル)と名乗り走りを犠牲にせず、快適性・居住性・走破性・ユーティリティを高い次元で両立したモデルとしてBMW X6をリリース。この価値が日本市場でも認められ買取時でも高価格で買い取られています。

関連記事

  1. BMW

    中古でBMWの過走行車を買ったら燃料フィルターを交換しよう

    BMWの中古は値段が安いものだと50万円~売りだされているものもあり大…

  2. BMW

    BMW X3のワイパー交換について解説!社外品でも良いの?

    「BMW X3のワイパー交換、自分で行って節約したい!」そう思う方も多…

  3. BMW

    モデルによって形状に違いが!BMW X3のフォグランプについて解説

    今回はBMW X3のフォグランプについてご紹介いたします。フォグランプ…

  4. BMW

    BMW Z3のラジアルタイヤの実力は?ランフラットにするとどうなる?

    BMW Z3のタイヤはBMWがランフラットタイヤを標準化する以前のモデ…

  5. BMW

    BMW Z3用の幌を格安で購入するには?

    BMW Z3の幌は純正パーツを購入すると十数万円するようです。リアスク…

  6. BMW

    エンジン自体が高効率BMWアクティブハイブリッド5

    BMWの走りと実用的な燃費を両立BMWアクティブハイブリッド5のメ…

  1. アストンマーチン

    アストンマーチン・輸入車買い取りサポート
  2. BMW

    BMW525iのユーザーレポート
  3. フォルクスワーゲン

    年式別フォルクスワーゲンゴルフの中古車の選び方
  4. ローカル

    鳥取県の車事情・主な車買取店についてご紹介!鳥取県で車買取ができるのはどこ?
  5. アウディ

    アウディの中古車のクラス別のお勧めの年式
PAGE TOP