コラム

フォルクスワーゲンを買取に出す際のおすすめセールスポイントをご紹介!(コラード、サンタナ、ジェッタ編)

今回はフォルクスワーゲンのコラード、サンタナ、ジェッタの特徴、おおよその買取相場、おすすめセールスポイントのご紹介をしていきます。もし紹介する車を所有されている方は、売却の際のご参考になれば幸いです。

フォルクスワーゲン コラードとは


参照元:ウィキメディア

コラードは、日本では1990年〜1995年まで販売されていた、スポーツクーペになります。グレードは、2.0L 直列4気筒エンジン搭載の135馬力を発揮する「V16」、1.8L 直列4気筒スーパーチャージャーを搭載した、160馬力を発生する「G60」、そして、2.6L V型6気筒エンジンを搭載した190馬力を誇る「VR6」の3つがあります。

フォルクスワーゲン コラードの買取相場

売上がそこまで良くなかったせいか、流通量は少なくなかなかお目にかかれないレア車です。状態が良い車体であれば、そこそこの高額査定となることが予想されます。またグレードによる差は意外に少なく、一番低いグレードでもそこそこの高値で売られることがあります。ただし、ものすごい高値ということは考えにくいので、過度な期待は禁物です。

フォルクスワーゲン コラードのセールスポイント

エンジン性能が良いグレードなほど、また年式が新しいほど買取相場は高くなるということはあまりなく、どのグレードや年式でもそこそこの高額査定となる可能性を持っています。しかし、主に価格に関わってくるとする点は、やはり走行距離の少なさやコンディションの良さであろうと考えられます。コラードのようなレア車であれば、大切にお手入れされているという方も多いでしょう。早いうちに、内外装綺麗な状態で売却されることが、大きなセールスポイント担うかと思われます。

フォルクスワーゲン サンタナとは


参照元:ウィキメディア

サンタナは、1980年から1988年まで生産されていたセダン車になります。日本では1984年〜1990年まで、日産自動車がこのサンタナをノックダウン生産し、販売していました。また中国では、改良を加えられながら現在でもサンタナという名前を使った車の生産が行われており、もはや国民的乗用車として浸透されています。エンジンは91馬力を発生する1.8Lの直列4気筒、110馬力を発生する2.0L 直列5気筒SOHC、140馬力を発生する2.0L 直列5気筒DOHCの3種類を搭載しています。

フォルクスワーゲン サンタナの買取相場

サンタナについては流通量が少なく、なかなかお目にかかれない車両となっています。どのくらいの相場になるかは正直に言いますとかなり難しいところですが、程度の良い、なるべく低距離の車であれば、高額査定となる可能性が高まります。

フォルクスワーゲン サンタナのセールスポイント

前述の通り、このような流通量が少ないレア車は価格相場の予想が難しいです。ただ、当時のフォルクスワーゲンで最高級車という位置付けということなので、それなりの値段は着きそうですが、やはり一番は車両の状態によって左右されると考えられます。走行距離をなるべく少なく、そしてコンディションの良い状態で売却できれば、高価になる確率もアップするでしょう。

フォルクスワーゲン ジェッタとは


参照元:ウィキメディア

ジェッタが初めて登場したのは1979年であり、以来ゴルフをベースとしたセダンタイプ、またはステーションワゴンタイプの車種として販売されていました。現在は7代目まで販売されていますが、日本市場には残念ながら6代目から輸入がストップしています。当時日本で最新型だった五代目では、1.4L 直列4気筒ターボとスーパーチャージャー搭載したグレードや、200馬力を発揮する2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載したグレードが登場し、スポーティな走りを楽しめます。

フォルクスワーゲン ジェッタの買取相場

ここでは主に流通量豊富な5代目ジェッタの買取相場についてご紹介します。2006年から2011年まで販売された5代目ジェッタですが、価格相場は年式に関係なく格安傾向となっています。ただし、「2.0 TSI スポーツライン」や「GTスポーツ」などの上位グレードで、コンディションが良い車体であれば、そこそこの価格がつく可能性も高まります。

フォルクスワーゲン ジェッタのセールスポイント

上記のように、どのグレードかによって価格の差がついてきます。所有されている車を確認し、上位グレードであればセールスポイントも高まるでしょう。それ以上に査定額を上げるようにするには、やはり走行距離や内外装のコンディションが非常に関わってくると考えます。これまでも愛車は綺麗に管理されてきていると思われますが、今まで以上に内外装の細かいところまでお手入れをされた方が、査定時に有利かと考えられます。

まとめ

ここまでフォルクスワーゲンのコラード、サンタナ、ジェッタの買取ポイントについてご紹介しました。なるべく高い値段で売却するためにどのモデルでも共通して言えることは、いかに車両のコンディションを整えているかが重要であるということです。普段から愛車はお掃除、定期的な点検などを行って大事に所有するようにしましょう。

車の売却・査定は買取専門店にお任せください

創業20年以上の買取専門店だから、お車のセールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定が可能です。お車の買取相場をリアルタイムで把握しているので適正価格で買取させていただきます。

愛車の相場と査定の
お申し込みはこちら!

国内復活を遂げたホンダ CR-Vの気になるリセールバリューは?前のページ

元祖タフネスSUV「エクストレイル」の魅力とは?リセールバリューや買取相場についてもご紹介!次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    こんな機能も!?進化を続けるBMW X3のキーについて解説!

    定番となったスマートキーはBMW X3にも!スマートキーは普及…

  2. コラム

    デビューから数年、今なお安定して売れている売れ筋ミニバン、ホンダ ステップワゴンの人気

    それでは今週も「おすすめミニバンのおすすめグレード」に関する研究を進め…

  3. コラム

    BMWX5のユーザーレポート

    BMWX5に実際に乗っている方から協力いただいたアンケート結果…

  4. コラム

    スバルの歴史・特徴について解説!独自の目線、体制がなければ現在のスバルはなかったかも?

    こんにちは!今回はスバルの歴史や特徴についてご紹介いたします。現在は自…

  5. コラム

    リセールバリューで考える、レクサスのお勧めモデル

    日本を代表するプレミアムカーブランドと言えば「レクサス」ですよね。レク…

  6. コラム

    空冷ポルシェの意味と成り立ち

    空冷ポルシェとは?空冷ポルシェは50年前のクルマですが、特定のファ…

  1. コラム

    ガリバーの輸入車中古車販売の保証とは
  2. コラム

    レクサスの地位を北米で確立させた車「LS」常に進化を続けているのが人気の秘訣か …
  3. コラム

    織田信長が今川義元を討ち取るならベンツCクラス?
  4. コラム

    誕生当初からの揺るぎない理念。レクサスのデザインが求め続けるものとは
  5. コラム

    国産車とは違う?輸入車買取査定額アップ講座
PAGE TOP