コラム

今も人気を誇る日産のコンパクトクロスオーバーSUV「ジューク」をこれから買うのであれば

それでは今週も「おすすめミニバンのおすすめグレード」に関する研究を進めてまいりましょう。今週のお題は、完全なモデル末期になった今もまずまずの人気を誇る日産のコンパクトクロスオーバーSUV「ジューク」です。

イチ推しは2WDの「15RX V Selection」!


2019年7月頃にフルモデルチェンジされるとの噂も出ているジュークですが、そのとおりになるかどうかはまだ不明です。少なくとも言えるのは、モデル末期となった今だからこそクルマとしての熟成は進んでおり、そして「大型値引き」も期待できるということです。
で、いきなりの結論ですが、これからジュークを買うのであれば「15RX V Selection(2WD)」がベストなのではないかと、当ラボは思う次第です。以下、その理由を順を追って考えてみましょう。

いろいろあるが、基本となるのはこの7グレード

まず現状、日産ジュークのグレードラインナップは下記のとおりです。
【2WD】

●15RX|197万5320円

●15RX V Selection|204万2280円

●15RX V Urban Selection|222万5880円

●16GT|244万8360円
【4WD】
●16GT FOUR|272万1600円
●NISMO|297万1080円
●NISMO RS|346万8960円

このほかにそれぞれの「パーソナライゼーション」という、インテリアの色などを好みのパッケージに変えられるグレードや、「15RX V Selection Style NISMO」という特別仕様車もあったりするのですが、話が煩雑になるためそれらは除外して考えます。ジュークの基本となっているのは、上記の計7グレードです。

基本的には1.5Lの2WDモデルで十分


このなかでまずは「2WDにするか、それとも4WDか?」という問題から片付けなければなりません。
そしてその結論は「都市部にお住まいならば2WDで十分」ということになります。
スタイル優先のクロスオーバーSUVであるジュークで、林道などを本格的に走るユーザーはほとんどいないでしょう。しかも2WDの1.5L直4DOHCエンジンはレギュラーガソリンでOKなのに対し、4WDが搭載している1.6L直4DOHCはハイオク指定。ジュークの場合は1.5Lでも動力性能は十分ですので、わざわざ割高なハイオク指定となる1.6L/4WDを選ぶ意味はさほどありません。
ということで、まずは「2WDの1.5Lがおすすめ」ということになります。

ベースグレードの「15RX」はお買い得感がやや薄い

そのうえでグレード選びです。おさらいとして、今残っているのは下記の3グレードです。



●15RX|197万5320円
●15RX V Selection|204万2280円
●15RX V Urban Selection|222万5880円
このなかでベースグレードにあたる15RXは、まずは候補から除外したいと考えます。中間グレードである15RX V Selectionとの価格差はわずか約17万円であるにもかかわらず、
・ホイールが17インチではなく16インチである
・インテリジェントキーではない
・エンジンイモビライザーが付かない
ということで、装備的にそこそこ見劣りしてしまうからです。車両価格が安いのはありがたいことですが、この程度の価格差であるならば、値引き込みで中間グレードまたは上級グレードを狙うほうが結局はおトクとなるでしょう。

コスパはどう考えても「15RX V Selection」が良好


そうなると、残る候補は下記の2グレードに絞られます。
●15RX V Selection|204万2280円
●15RX V Urban Selection|222万5880円
中間グレードである15RX V Selectionと15RX V Urban Selectionの価格差は約18万円。これまた微妙といえば微妙な価格差ですが、主な装備の違いは下記のとおりです。
・ヘッドライトがハロゲンかキセノンか
・本革巻3本スポークステアリングがシルバーステッチ付きかどうか
・アルミ製スポーツペダルかどうか
・グリルやドアモール、17インチホイールなどが「アーバンセレクション専用クールブラック」かどうか
……こうして見てみますと、もちろん18万円ほどお高い15RX V Urban Selectionのほうが装備内容は充実しているわけですが、それと同時に「別に有っても無くてもいい装備ばかりかな?」という気もしてまいります。
であるならば、答えは「お安いほう(中間グレード)の15RX V Selectionでぜんぜん十分!」となるほかありません。
以上の理由によって、イチ推しグレードは「15RX V Selection(2WD)|204万2280円」という結論になるのです。

ただし立体駐車場なら「15RX V Urban Selection」で!


しかし上記の結論には例外もあります。というのは、都市部のマンションなどで立体駐車場にジュークを停める人に限っては、15RX V Urban Selectionのほうが圧倒的なおすすめとなるからです。
理由は「車高の違い」です。
通常のサスペンションを採用している15RX V Selectionの全高は1565mmですが、それに対してアーバンセレクション専用ローダウンサスペンションとなる15RX V Urban Selectionの全高は1550mm。つまり「立体駐車場に入れられる」ということです。
15RX V Urban Selectionの「Urban(都会の、という意味の英語)」というのはただのシャレや飾りではなく、このグレードの実質を端的に表しているわけですね。「都会に住む人向けですよ」ということを車名で表現しているのです。
ということで、総論としてのおすすめグレードは中間の「15RX V Selection」になるわけですが、都市部で立体駐車場を借りている人は問答無用で「15RX V Urban Selection」がおすすめとなる――というのが今回の本当の結論です。
ジューク選びのご参考になったならば幸いです。それではまた来週!
[ライター/伊達軍曹]

https://www.car-rate.info/suv-lab/

車の売却・査定は買取専門店にお任せください

創業20年以上の買取専門店だから、お車のセールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定が可能です。お車の買取相場をリアルタイムで把握しているので適正価格で買取させていただきます。

愛車の相場と査定の
お申し込みはこちら!

こんなパーツまで!BMW X6に装着できるカスタムパーツについて解説!前のページ

ライトウェイトスポーツの当時の新たな提案「CR-X デルソル」はまだまだ市場価値がある次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    メーカーによって機能に違った特性が!BMW X1のドアミラーをご紹介!

    BMW X1のドアミラーはノーマル状態の場合、ドアミラーカバーはボディ…

  2. コラム

    北欧のエッセンスが盛り込まれたボルボV50

    volvoはS60,V60が大変な人気を集めていますが、以前から静かに…

  3. コラム

    むしろ軽自動車枠の制約を感じさせないスーパー・スモールカー!スバルR1の魅力とは

    R1が生まれた背景は?富士重工業が1958年に発売したスバル360…

  4. コラム

    愛媛県の車事情・主な車買取店についてご紹介!車が欠かせない愛媛県で車買取ができるのはどこ?

    今回は愛媛県の車事情・主な車買取店についてご紹介いたします。愛媛県の車…

  5. コラム

    どんなカスタマイズが可能?BMW X1のグリル交換について解説!

    車種の顔といえるグリルですがグリルを変えるだけで表情全体の印象も大きく…

  6. コラム

    スズキの軽クロスオーバーSUV「ハスラー」。未だに売れている人気モデルのベストなグレードはコレ

    それでは今週も「おすすめSUVのおすすめグレード」に関するモロモロの研…

  1. コラム

    BMW X3はカスタマイズパーツでスタイリング自由自在!
  2. コラム

    トヨタ最後となった高級コンバーチブル「ソアラ」の魅力に迫る
  3. コラム

    スバル ジャスティの売り時は?買取相場や中古車価格についてもご紹介!
  4. コラム

    基本性能に優れたロングセラー、日産「シルフィ」の魅力とおすすめグレードをご紹介!…
  5. コラム

    BMWX5のユーザーレポート
PAGE TOP