コラム

BMW Z3のカバーをご紹介!ボディカバーとソフトトップカバーの違いは?

BMW Z3のカバーにはボディカバーとソフトトップカバーの2種類があります。ボディカバーは車体すべてを覆うカバーです。ソフトトップカバーはベルトラインよりも上部つまりキャビンの部分だけを覆うカバーのことです。それぞれに役割やメリットデメリットがあります。では詳しく解説していきましょう。

定番のBMW Z3用ボディカバー!

ボディカバーはBMW Z3のボディすべてを覆うカバーです。BMW純正パーツ、BMW Z3適合社外品が販売されています。ボディカバーのメリットはソフトトップへのいたずらやボディへのいたずらを避けることができることと、盗難防止に役立ち塗装の保護ができる点です。デメリットは脱着の時間がかかることと、ボディカバーの収納場所を確保しなければならないことです。

ホシ君:BMW Z3のソフトトップ劣化防止にも役立ちますね。
ビーエム博士:そうですね。直射日光だと劣化が早まります。

用途によってはかなり便利なBMW Z3用ソフトトップカバー!

BMW Z3のソフトトップ部分の劣化や車上荒らし防止の為だけであれば。ソフトトップカバーでも十分に対応できます。キャビン部分のみをカバーするため、ボディカバーよりも脱着が容易で収納場所にもさほど困ることながないというメリットがあります。しかし、ボディのカバーはされないというデメリットがあります。

ホシ君:ソフトトップの劣化やいたずらがBMW Z3などソフトトップオープンカーを所有するときの不安ポイントなので、ソフトトップカバーは持っていて困ることはないですね。
ビーエム博士:車内が見えないので防犯効果もあります。

まとめ

BMW Z3のカバーにはボディカバーとソフトトップカバーの2種類があります。ボディカバーの場合、脱着などが大変ではありますがBMW Z3全体の保護をすることができます。ソフトトップの劣化やいたずらを防止したければソフトトップカバーという選択肢があります。出先で使うソフトトップカバー、自宅で使うボディカバーと使い分けるのも方法のひとつです。

車の売却・査定は買取専門店にお任せください

創業20年以上の買取専門店だから、お車のセールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定が可能です。お車の買取相場をリアルタイムで把握しているので適正価格で買取させていただきます。

愛車の相場と査定の
お申し込みはこちら!

BMW Z3のシートカバーとシートの弱点対処法について解説!前のページ

国産で初めてフルオープンタイプ電動メタルルーフが備え付けられていたのがこの「日産 シルビア ヴァリエッタ」。今では価値のある一台次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    BMW5シリーズのMスポーツを購入しました体験談

    BMW5シリーズのMスポーツと言えば堂々たる風格の車体。しかも…

  2. コラム

    フォルクスワーゲンのミニバン「シャラン」試乗レポート

    みなさんは、フォルクスワーゲンの「シャラン」という車をご存知でしょうか…

  3. コラム

    BMW Z3の幌はこんな故障に注意!その対処法は?

    BMW Z3のオープンカーライフの中でソフトトップルーフを開閉すること…

  4. コラム

    欧州勢に劣らないサーキット性能!大排気量・自然吸気V8の醍醐味を味わえる稀有なスポーツセダン、「レク…

    今回は、レクサスにとって特別なスポーツモデルの証である「F」の称号を持…

  5. コラム

    ベンツGクラスの魅力を3つの角度から再検証

    長く愛され続けているベンツGクラス。Gクラスの歴史は33年にもなります…

  6. コラム

    先代との違いは?BMW X1の現行モデルを比較しながら解説!

    BMW X1はBMWのSUVシリーズの中で最もコンパクトなモデルです。…

  1. コラム

    はじめてのアウディA1の中古車の選び方
  2. コラム

    BMW 5シリーズ E60で起こってしまうオルタネーターの故障について解説!
  3. コラム

    欧州Cセグメントクラスに属しているレクサス「CT」は走りとデザインとどちらとも満…
  4. コラム

    他のクルマとは一味違った構造!BMW X3のバッテリーについて解説!
  5. コラム

    日避けに便利なサンシェードをBMW X3にも活用しよう!
PAGE TOP