コラム

まだまだ流通しているホンダの最上級Lサイズミニバン「エリシオン」。お手頃な予算で手に入る今が狙い目

それでは今週もおすすめミニバンのおすすめグレードに関する研究を進めてまいりましょう。今週のお題は、2004年から2013年まで販売されていたホンダの最上級Lサイズミニバン「エリシオン」です。

今なおまずまず魅力的なLサイズミニバン


2013年11月以降は絶版となっているホンダ エリシオンですが、その中古車はまだまだ豊富に流通しています。そして1世代古い設計のLサイズミニバンではありますが、コンディションの良い個体を上手に探すことができれば、かなり手頃な予算でナイスなLサイズミニバン生活が始められるでしょう。
つまり「中古車としては依然それなりに魅力的」ということです。
であるならば、その上手な選び方を少々考えてみようではないですか。
参考:ホンダ最上級Lサイズミニバン「エリシオン」の売却専門ページ!

前期型のエンジンは3L V6と2.4L直4の二種類


まずはエリシオンというミニバンの概略からカンタンにご説明しましょう。
前期型のエリシオンが登場したのは2004年5月13日。キャッチフレーズは、「新世代プレミアム8シーター」で、ライバルは当然、当時の日産エルグランドやトヨタ アルファードでした。
全長は4.8m強で、低床が自慢のフラットなフロアにフレキシブルにアレンジ可能な「2+3+3」シートを配置。2、3列目へは後部両側のスライドドアからアクセス可能です。




エンジンは250psの3L V6と160psの2.4L直4「i-VTEC」の2種類で、トランスミッションは5速AT。駆動方式はFFに加え、4WDも用意されていました。
「インスパイア」譲りの3L V6エンジンは、走行状況に応じて6気筒の半分である3気筒を休止させ、燃費性能を向上させる機構「可変シリンダーシステム」を採用。一方の2.4L直4は当時のオデッセイなどと同型で、こちらはV6と違ってレギュラーガソリン仕様です。

2006年末から怒涛の3.5L V6を追加


2006年12月にはマイナーチェンジが行われました。マイナーチェンジの目玉は最上級グレード「エリシオン・プレステージ」の登場です。
300psと36.0kg-m(4WDは279ps/35.0kg-m)を発生する3.5L V6「VTEC」ユニット+5速ATを採用したことで、エリシオンは排気量的には日産エルグランドと肩を並べるまでになり、パワー的には当時のトヨタ アルファードを含む国産ミニバンのなかでは当時最高の数値となったのです。
エクステリアでは、フロントグリルなどで迫力感を演出。インテリアにはインストルメントパネルと一体化した大型センターコンソールが与えられました。
従来からの3L版と2.4L版も当然ながら引き続きラインナップされ、こちらはヘッドランプやフロントフェイスなどを変更。また2列目シートにキャプテンシートをメーカーオプション設定するなどの改変も受けました。

中古車の流通量は今なおかなり豊富


以上がホンダ エリシオンというミニバンのざっくりとしたヒストリーなわけですが、冒頭で申し上げたとおりエリシオンは今や絶版車ですので、買う場合は「中古車」を探すほかありません。
で、エリシオンの中古車流通量は今なおなかなか豊富です。具体的には2019年3月上旬現在、カーセンサーnetには計687台のエリシオンが掲載されています。
相場は約8万~約200万円と、かなり上下に幅広い状況です。さすがに「8万円のエリシオン」というのはかなりアレだったりもしますので検討対象外にするとして、「ほど良い感じの中古エリシオン」というのはいくらぐらいで、どんな感じの個体になるのでしょうか?

注目すべきはこんな感じの中古車!

調査によれば、それはおおむね以下のようなイメージです。
●3.5L V6搭載の最上級グレード「プレステージ」を狙うなら?
・2007年式プレステージ SG HDDナビパッケージ
・走行5万km台
・車両価格80万~110万円付近
●3L V6搭載グレードを探すなら?
・2007年式3.0 VG エアロ HDDナビスペシャルパッケージ
・走行5万km台
・車両価格70万~90万円付近
●2.4L直4搭載グレードがいいなら?
・2008年式2.4G エアロ HDDナビスペシャルパッケージ
・走行5万km台
・車両価格80万~100万円付近
上記はあくまでイメージですので、実際はもっと高い中古車もあります。でも「これからあえて中古のエリシオンを買う」というのであれば、わざわざ200万円以上のそれなりに高額な予算を投じる意味はあまりないように思えます。

そういった意味で、中古車を探すうえでの「ちょうどいい落とし所」が上記ぐらいのゾーンなのではないかと考える次第です。

3Lはやや中途半端。探すなら3.5Lか2.4Lの二択で

ただし中間グレードに相当する3L V6エンジン搭載モデルは、中古車の流通量が若干少なめです。本気で探す場合は3.5L V6の最上級か、または最廉価な2.4L直4搭載グレードのほうが何かと探しやすいでしょう。

実際の乗り味や維持に関する納得度などから考えても、3L V6はいささか中途半端です。Lサイズミニバンならではのパワー感が好きな人は「……どうせなら3.5Lにしときゃ良かったかな?」と後悔しそうでし、堅実に維持したい人にとっては、3Lというなかなかデカい排気量がムダと感じられることでしょう。
ということで結論です。
もしもこれからホンダ エリシオンの中古車を探すのであれば、エンジンは「最大の3.5L V6」か、「最小の2.4L直4VTEC」の二択です。
どちらを選ぶべきかは人それぞれの価値観次第なんですが、基本的には3.5L V6の「プレステージ」を探すほうが、Lサイズミニバンならではの世界観を堪能するうえではおすすめとなります。
あとは中古車としてのコンディションとプライスとの兼ね合いを見ながら、販売店の店頭にて楽しく悩んでいただければと思います。
多少なりともご参考になったならば幸いです。それではまた来週!
[ライター/伊達軍曹]

「レクサス HS」このモデルはレクサスはもちろんトヨタとしても、歴史に名を残す重要な車前のページ

欧州勢に劣らないサーキット性能!大排気量・自然吸気V8の醍醐味を味わえる稀有なスポーツセダン、「レクサス・GS F」次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    【最新版】女性に人気のレクサス車は!?気になるベスト5を徹底解説

    販売が好調なUXの開発を担当したのは女性のチーフエンジニアであったなど…

  2. コラム

    空冷ポルシェの意味と成り立ち

    空冷ポルシェとは?空冷ポルシェは50年前のクルマですが、特定のファ…

  3. コラム

    BMW X3のドレスアップをご紹介!どんなパーツが販売されているの?

    BMW X3のドレスアップは多種多様です。エクステリアのドレスアップ、…

  4. コラム

    BMW X1 F48に装着できるスポーティなホイールを解説!

    BMW X1 F48ホイールは純正ホイールもスポークが細く本数が多いタ…

  5. コラム

    実は超重要な消耗品だった!BMW X1のブレーキパッドについて解説

    クルマの基本性能のひとつである「止まる」を司るブレーキ。ブレーキはディ…

  6. コラム

    BMWを100万円以下で手に入れよう

    新車で買うと高額なBMW。新車で買うとしてもグレードを1つあげるだけで…

  1. コラム

    BMW X3にコーディングをして自分の好きな仕様にしよう!
  2. コラム

    はじめてのアウディA1の中古車の選び方
  3. コラム

    フォルクスワーゲンの自動車保険の口コミレポートその2
  4. コラム

    BMW X1のルームランプ交換時のオススメライトを紹介!
  5. コラム

    今も昔も「いつかはクラウン」!フルモデルチェンジで魅力を増した、トヨタを代表する…
PAGE TOP