ハリアー ターボ

コラム

いつまで経っても大人気のトヨタ高級SUV!ハリアーのリセールバリューは高いのか?

今回は、トヨタ ハリアーのリセールについてご紹介いたします。
トヨタ車の中でも、SUVの中でも大人気のハリアーは、リセールバリュー、中古車市場でも高額買取されることが多い車種で、2020年5月にフルモデルチェンジされることで今後の動きが気になるのではないでしょうか。
早速、リセールバリューがどのようになっていくのか、これまでの状況と合わせてお伝えしていきます。

トヨタ ハリアーは、とても人気なSUV?


出典:ウィキメディア
ハリアーは、1997年に登場した大型SUVで、乗り心地や振動などが目立つ点で、不満の声が多く挙がった中、ハリアーのように華やかで内装や機能を徹底的に追及して作られたSUVの登場は現在でも続く人気になるだけの大きい存在なSUVであることがわかります。
外車を見れば、内装や機能面でも優秀なSUVが出ていたものの高額であり、手頃な価格で欲していたユーザーにとって、ハリアーは素晴らしいプレミアムSUVでした。
都会で走らせても問題のないスタイリッシュでかっこいいデザイン、ハリアーの特徴であるエンブレムなど外観も高級感溢れる作りになりました。
トヨタ ハリアーは、とても人気が高く、リセールバリューが高い特徴のある車種です。
トヨペット店専売の車である為、ディーラーの値引きガードは硬く、難しい様子がうかがえるものの、ハリアーのマイナーチェンジを経ている点から値引きに応じてくれる傾向が出てきました。
中古車市場でも人気が高く、高評価がつくトヨタ車で上位に君臨するSUVです。
ハリアーは、2020年5月にフルモデルチェンジの予定で、フルモデルチェンジに伴ったリセールが予想されます。20年以上も続く販売が継続され、国産車では長期で販売されているのは珍しく、それだけ人気の車種であることが販売の様子から見ても納得がいきます。
高額買い取りの傾向があるハリアーは、グレードや走行距離によっても異なると考えられます。
参考:トヨタハリアーの買取専門ページ!

トヨタ ハリアーってどんな車?


出典:ウィキメディア
ハリアーの人気は、海外に向けて制作販売された1台であり、高級車のような雰囲気の内装がより特別感を演出する点からも人気が高まっています。
また、SUVとしての素晴らしい乗り心地が人気の後押しをしています。ラグジュアリーSUVとして不動の人気があるのも、大型SUVが登場した時の印象などが一変されたハリアーであり、また静粛性が高い点なども選ばれる理由の1つです。
そんなハリアーは、ガソリン車及びハイブリッド車のモデル、そしてそれぞれの車種に応じたグレードがあります。
ガソリン車は、FFモデルの設定と4WDモデルの設定があります。ハイブリッド車は、4WDモデルのみの設定でガソリン車と比べるとハイブリッド車の方が人気の高い傾向にあります。
近年の環境への配慮された点などから、ハイブリッドモデルへの人気が高まっている傾向があり、グレードを問わず人気が高い様子がうかがえます。
また、4WDモデルでは「燃費が悪くなる」という点が懸念材料となっていましたが、ハリアーは車重が基本的に軽かった為、4WDモデルであっても脅威の燃費結果を記録し、燃費性能が高い点も人気に拍車がかかった理由であることが伺えます。
ハリアーは、上記のようにモデルによっての人気差が多少、生じているもののリセール価格には影響がありません。ガソリン車やハイブリッド車によってのリセール価格などの差が大きく生じたとしても、ほんの数パーセントにしか過ぎません。

トヨタ ハリアーのリセール価格について


出典:ウィキメディア
3代目以降のハリアーは日本専用のデザインとなり、先鋭的なフロントデザインになった点やブラックアウトなフロントグリルの迫力が素晴らしく、その点からもますます人気が高まりました。
車体サイズが小型化され、以前のモデルよりも運転のしやすさが向上され、時代変化に応じた進化を遂げました。低燃費の中大型SUVである点も、見た目のスタイリッシュさや豪華な点などから人気が落ちることはなく、年式によってのリセール価格が大きく下がることも可能性とは低いです。
現在でも人気が高い点がリセール価格などの変動をさせない要因となっています。
また、安全性能なども進化を続け、新型ハリアーで採用された「プリクラッシュセーティーシステム」は、反響を呼んでいます。出会いがしらの事故が軽減され、ブレーキペダルの制動力をアシストしてくれる仕組みがあり、運転していても安心して乗っていられる点が魅力です。
新しいモデルの方が、リセール価格の値内が高い印象もありますが、不動の人気のハリアーは何度も申し上げている通り、大きい変動はありません。
パワーが小さく車重が軽いグレードの方が車の劣化が少ない傾向があり、その点から見ても初代モデルと現行モデルと比べれば、傾向での予想は立つものの一概に査定金額を個人の判断では不安要素が大きいです。
ハリアーのリセール価格は、人気が高い点や海外でも支持されている点からも、大きい価格変動が起きる可能性が低い車種です。
車によっては、ボディカラーや型式などでリセール価格の変動がいざというタイミングで大きく変わる可能性がありますが、ハリアーは長年人気が続いている点、もともと人気が高い点から下がる可能性は低いでしょう。中古車市場での人気が熱く、運転のしやすさや内装の良さなどどこを取ってもいいこと尽くしなので、ハリアーの人気が低迷する可能性は低く、結果として、リセール価格などが大きく下がる可能性も低いです。
参考:トヨタハリアーの売却専門ページ!
仮に、グレードや型式などによるリセール価格の変動やボディカラーによってのリセール価格は多少の色がつく程度の変動になる可能性があります。
それよりも、ハリアーの状態やリセールするタイミング、また専門の買い取り業者で査定をしてもらうことによってリセール価格に差が生じる可能性が高いです。

まとめ

トヨタ ハリアーは、デビューしてから不動の人気があり、大人気のSUVとして現在も尚、愛されているトヨタのSUVです。結果としてリセール価格も他車と比べても高額で取引される傾向のある車種であることがわかりました。
年式が落ちたり、グレードによっての価格変動は大きく生じたりすることがなく、仮に10年落ちだったとしてもリセールして問題のない金額が手元に残ります。
モデルチェンジされるこのタイミングこそ、リセールする絶好のチャンスです。
リセールする際には、SUVを専門に買い取りしている専門業者でリセールすることをオススメします。ハリアーをしっかりと査定してくれるだけでなく、ご自身の納得いく査定価格を提示してもらえ、プロが査定をしてくれるので安心して任せることができます。
[ライター/岩岡詩織]

むしろ軽自動車枠の制約を感じさせないスーパー・スモールカー!スバルR1の魅力とは前のページ

圧倒的高評価!?レクサスのコンパクトSUV「UX」のリセールバリューは?次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    沖縄県の車事情・主な車買取店についてご紹介!沖縄県内で車買取ができるのはどこ?

    今回は沖縄県の車事情・主な車買取店についてご紹介いたします。沖縄県の車…

  2. コラム

    オンロードにおける欧州仕込みのシュアな走りが高く評価されていた日産のCセグメントSUV「デュアリス」…

    それでは今週もさっそく「おすすめSUVのおすすめグレード」に関する研究…

  3. コラム

    BMW X3のドアバイザーはどんなタイプがあるのかを解説!

    天候に関わらずBMW X3の車内の換気に役立つドアバイザー。喫煙車でな…

  4. コラム

    レクサスの象徴「スピンドルグリル」を初めて採用したレクサス・GS。熟成された走りを今、楽しむ!

    みなさん、こんにちは!日本を代表する高級車ブランド、レクサスに現在採用…

  5. コラム

    【解説】こんなところまで!?BMW X1 F48はいろんなカスタムができる!

    BMW X1 F48は2015年から販売されている2代目X1。ノーマル…

  6. コラム

    新型トヨタ RAV4のリセールバリューは?今一番勢いのあるSUVを高く売る方法

    みなさん、こんにちは!今回のSUVラボは、日本市場に復帰するや否や圧倒…

  1. コラム

    カーセンサーで保証をつけて輸入中古車をお得に買うためのコツ
  2. コラム

    はじめてのBMWの中古車の選び方。中古BMWのおすすめはどれ?
  3. コラム

    「ホンダ モビリオ」は、初代フィットをベースとしたコンパクトミニバン。今これを買…
  4. コラム

    福岡県の車事情・主な車買取店についてご紹介!福岡県で車買取ができるお店はどの地域…
  5. コラム

    BMW X3のオーディオは音がこもりがち?その原因は?
PAGE TOP