コラム

AセグメントのクロスオーバーSUV。スズキ「イグニス」のおすすめグレードはこれ!

それでは今週もさっそく「おすすめSUVのおすすめグレード」に関する研究を進めてまいりましょう。今回のお題はスズキのコンパクトSUV「イグニス」です。

「AセグメントのSUVという新ジャンル」


スズキ イグニスは、2016年2月に登場した「AセグメントのクロスオーバーSUV」という新ジャンルです。Aセグメントというのは国産車でいうと日産マーチや三菱ミラージュあたり、輸入車でいえばフィアット500やルノー トゥインゴあたりのクラスのことです。要するに「小さなクルマ」ということですね。

で、スズキ イグニスは、世界的なSUV人気がコンパクトクラスへも波及するだろうとの考えの下に開発されたモデルです。全長3700mm、全幅1660mmという絶妙なサイズがもたらす取り回しの良さと、マイルドハイブリッドシステム採用による優れた燃費性能、最新プラットフォームによる走りの良さ、そして4WD車についてはオフロードや雪道も安心して走れる走破性能の高さが売りとなっています。
パワートレインは1.2ℓデュアルジェットエンジン+CVTで、モーターがエンジンをアシストして燃費を向上させる「マイルドハイブリッド」仕様となっています。スズキの軽自動車ではすでに定着している「エネチャージ」と仕組みは同じですが、イグニスでは、よりわかりやすい「ハイブリッド」という言葉をあえて使ったようです。
参考:スズキのイグニス買取専用ページ!

イグニスのグレードは大きく分けて3種類



スズキ イグニスの現在のグレードラインナップは以下のとおりです。
●HYBRID MG|138万2400円~
●HYBRID MX|150万1200円~
●HYBRID MZ|164万1600円~
パワートレインは3グレードとも同一で、違うのは装備や内装などのみです。また上記のプライスが「~」となっているのは、それぞれに2WDと4WDという2種類の駆動方式があり、またそれぞれに「セーフティパック装着車」というグレードも用意されているからです。
ちなみに言うまでもないかとは思いますが、2WDよりも4WDのほうが14万円ほどお高く、「セーフティパック装着車」のほうが10万円ほどお高くなります。
また「セーフティパッケージ」というのは、「デュアルカメラブレーキサポート/誤発進抑制機能//車線逸脱警報機能/ふらつき警報機能/先行車発進お知らせ機能/エマージェンシーストップシグナル//SRSカーテンエアバッグ/フロントシートSRSサイドエアバッグ」がセットになっているパッケージオプションのことです。

ベースグレードはおすすめしかねる


さて、それではこれらの中から「おすすめグレード」を探し出してみましょう。
まずいきなりですが、ベースグレードの「HYBRID MG」はあらかじめ除外して考えたいと思います。なぜならばHYBRID MGは、
・キーレスプッシュスタートシステムがない
・エアコンがフルオートではない
・16インチアルミホイールではない
・内外装の諸々があまりスタイリッシュではない

という様々な「ないない尽くし」なグレードだと言えますので、いかにAセグメントのSUVだとはいえ、さすがにちょっと寂しい気分になってしまいそうです。それゆえ、よっぽど「超予算優先」でイグニスを買う人以外にはおすすめしません。

「セーフティパッケージ」はマストアイテム



となると、実質的には中間グレードである「HYBRID MX」と上級グレードである「HYBRID MZ」の二択となります。
そして結論としては、上級グレードのほうの先進安全装備付きグレードである「HYBRID MZ(セーフティパッケージ装着車)|173万8800円」を、当ラボのイチ推しグレードとさせていただきます。
まず前提として「セーフティパッケージ」ですが、これはどのグレードをお選びになるかにかかわらず、やはり必ず装着すべきパッケージです。
内容は前述のとおりデュアルカメラブレーキサポートや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能などが全部盛りになっているわけですが、これらがあるとないとでは安全性も運転中の疲労度も段違いですし、また下世話な話をすれば「リセール価格」もけっこう変わってきます。
「セーフティパッケージ」の料金は9万7200円ですが、それだけの価値は絶対にある装備ですので、ここについては問答無用で「マスト」だとお考えください。

おすすめは「HYBRID MZセーフティパッケージ装着車」


そのうえで、なぜ上級グレードであるHYBRID MZを推すのかといえば、決め手となるのは以下のポイントです。
・「クルーズコントロール」が標準
・IRカット機能付フロントガラスが標準
・プレミアムUV&IRカットガラスが標準
・ランプ類がLEDになる
・本皮巻きステアリングホイールが標準
・シフトノブやパーキングブレーキレバーも本革巻き
・パドルシフトが標準


ほかに「ドアハンドルもHYBRID MZならカラードタイプではなくメッキタイプになる」というのもありますが、主要なのは上記の7項目でしょう。あると無いとでは、後の満足度が大きく変わりそうなポイントです。
で、これだけの違いがありながら、HYBRID MZとHYBRID MXの価格差は14万400円でしかありません。約14万円というのは、デカいと言えばデカいですが、「誤差の範囲」と言えなくもない金額であるはず。
であるならば、変にケチらずに上級グレードを買ったほうが、結局は満足できることによって「心の元が取れる」という結果になりますし、リセール時に回収できる金額も大きくなるはずです。
ということで、「スズキ イグニスを買うならおすすめはHYBRID MXのセーフティパッケージ装着車」というのが当ラボの結論です。そのうえで2WDにするか、それとも4WDでいくか? というのは、各自のお好みや使用目的などによってお決めいただきたいと思います。
それではまた来週、お会いいたしましょう!
[ライター/伊達軍曹]

永遠のSUVブランド ジープラングラーはどうやって生まれ、現代の形が生まれたのか前のページ

もしも現行ハリアーを新車ではなく中古で買うとしたら?その際のポイントとおすすめグレードとは次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    アルファロメオ専門のTUCグループ・ガラージュモンツァを見学

    アルファロメオ専門のTUCグループ・ガラージュモンツァを見学してきまし…

  2. コラム

    ファミリー層に大人気!需要が高いスバル フォレスターのリセールバリューは?

    SUVでも人気のフォレスターは、ファミリー層からの支持も厚く、モデルチ…

  3. コラム

    BMW X5に装着できる20インチホイールについてご紹介!

    BMW X5の20インチホイールは純正オプション、もしくは社外製品のホ…

  4. コラム

    遊びゴコロが込められているモデル「レクサス IS コンバーチブル」はエクステリアにも味わいがある

    ISそのものは1999年から現在も販売されていますが、その中でコンバー…

  5. コラム

    BMW 5シリーズ E60のイグニッションコイルについて解説!不調になるサインとは?

    エンジンを動かすために必要な重要パーツイグニションコイル。BMW E6…

  1. コラム

    デザインに忠実にこだわるレクサス、その中でもかっこいいモデルをランキングでご紹介…
  2. コラム

    MINIに長く乗るためのQ&A
  3. コラム

    中古ベンツを買って節税しよう
  4. コラム

    新型フォレスター「X-BREAK」に長距離試乗!クラス随一といっても過言ではない…
  5. コラム

    千葉船橋の輸入車専門店トップランクを見学
PAGE TOP