コラム

三菱 デリカ「D:5」のビッグマイナーチェンジ版のグレード展開等をわかりやすく整理

それでは今週もさっそくおすすめミニバンに関するさまざまな研究を進めてまいりましょう。今週のお題は大迫力のフロントマスクを伴って誕生した三菱デリカD:5のビッグマイナーチェンジ版です。

新型は「標準車」と「UEBAN GEAR」の2方向展開


発売日に関する正式なアナウンスはまだありませんが、筆者が近所の三菱ディーラーに尋ねた限りでは「2019年2月頃」とのこと。これが100%本当かは不明ですが、いずれにせよ2018年11月21日には「予約注文」が正式にスタートしています。
予約注文を入れようかどうしようかとお考えの方に向けて、今回は新型デリカD:5のグレード展開等をわかりやすく整理したいと思います。
まず、例の大迫力系フロントグリルとなって販売されるのは2.2Lクリーンディーゼルターボエンジン搭載グレードのみで、ガソリンエンジン車については従来型が継続販売されます。
そしてディーゼルエンジン搭載の新型は下記の2系統に大きく分かれています。
【標準車】


「標準車」というネーミングも正直ちょっとどうかと思いますが、とにかく三菱自動車がそう呼んでいる通常バージョンです。グレードは後述する4種類です。
【URBAN GEAR】


デリカの新しい個性としてエアロフォルムをまとったグレードです。専用デザインのフロントグリルやフロントバンパーなどを採用。インテリアもインパネ装飾にバール杢(希少な木目)や、つやのある青みがかった黒木目のアクセントが加えられています。
参考:三菱 デリカ「D:5」買取専用ページ!

2.2Lディーゼルターボエンジンも改良


新型D:5が搭載するエンジンは既存の2.2Lディーゼルターボではありますが、もちろんそこにも手は加えられています。
最大トルクは360Nmから380Nmへと強化され、新開発の8速ATと組み合わせることで動力性能と燃費性能を強化。また三菱車としては初めて排ガス浄化システムに尿素SCRを採用しています。
またそのほか4WDシステムにヨーレートフィードバック制御を加えることで、ハンドル操作に対する車両挙動の正確さを高めているということです。

標準車は計4種類。ベースグレードでも基本装備は充実

標準車に用意されたグレードは下記の4種類となります。




●M|ベースグレード。しかし必要十分な装備はバッチリ押さえています。
●G|標準グレード。18インチアルミホイールや両側ワンタッチ電動スライドドアなどをそつなく押さえています。
【Mからの追加・変更装備】
・225/55R18タイヤ(マッド&スノー)&アルミホイール(切削光輝仕上げ)
・運転席側ワンタッチ電動スライドドア
・100V AC電源
・アクセサリーソケット(DC12V)
●G-Power Package|従来モデルで人気だったグレードです。Gに加えてエレクトリックテールゲートやシートヒーターなどが追加されています。
【Gからの追加・変更装備】
・運転席パワーシート
・運転席・助手席シートヒーター
・エレクトリックテールゲート
●P|最上級グレード。メッキ加飾の追加やマルチアラウンドモニターなどが標準装備されています。
【G-Power Packageからの追加・変更装備】
・ターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー(メッキ)
・アウタードアハンドル(メッキ)
・ルーフビームガーニッシュ(天井照明)
・マルチアラウンドモニター/自動防眩ルームミラー(マルチアラウンドモニター付)

URBAN GEARは「G」と「G-Power Package」の2種類




そしてURBAN GEARに用意されているのは下記の2グレードです。
●URBAN GEAR G
URBAN GEARのスタンダードグレード。URBAN GEAR専用18インチアルミホイール位を装着しています。
●URBAN GEAR G-Power Package
都会的な洗練されたデザインが魅力となるURBAN GEARの上級グレード。こちらもURBAN GEAR専用18インチアルミを装着しています。
【URBAN GEAR Gからの追加・変更装備】
・運転席パワーシート
・運転席・助手席シートヒーター
・エレクトリックテールゲート

コスパが高そうなのはG-Power Packageだが?


以上がとりあえずのグレードラインナップですが、価格がまだ正式発表されていないということもあって「おすすめグレード」は断定しにくい状況です。
しかし新型デリカD:5は標準グレードであっても基本的な装備や先進安全装備の類は非常に充実しています。そのためあとは「予算と好み」に基づいて決めていけば、どれを選んだとしてもおそらく後悔はしないはずです。
個人的には、標準車/URBAN GEARにかかわらず「G-Power Package」のコスパが高そうな気がしますし、これまた個人的には最上級グレード「P」のメッキ関係パーツは不要です。
とはいえPに標準装備される「マルチアラウンドモニター/自動防眩ルームミラー(マルチアラウンドモニター付)」は、このサイズのミニバンであれば絶対にあったほうがいいとは思うし……ということで、結論としてはなんとも悩んでしまう感じです。
いずれにせよ「プライス次第」という部分はありますので、ご興味のある方は上記のまとめを参考に、お近くのディーラーでさらなる詳細を確認していただければと思います。
ご参考になったならば幸いです。それではまた来週!
[ライター/伊達軍曹]

今はなきオープンレクサスの魅力。トヨタソアラのレクサス版、「レクサスSC」前のページ

他のクルマとは一味違った構造!BMW X3のバッテリーについて解説!次のページ

関連記事

  1. コラム

    国産Lクラスミニバンに真っ向勝負を挑む、メルセデス・ベンツ Vクラスの魅力とは?

    2016年10月に日本仕様が発表となったメルセデス・ベンツ Vクラス。…

  2. コラム

    徹底解説!BMW X3の売却あれこれ

    愛着のあるBMW X3もいずれ売却する時がくるかもしれない。中には「手…

  3. コラム

    愛知県豊橋市の車買取店一覧

    お売りになりたい車と、車検証は最低必要です。即売却を希望の方は売却に必…

  4. コラム

    乗り換えるならフォルクスワーゲンゴルフトゥーランが狙い目です

    3分割に後部座席がわかれているからできることとは?3分割に…

  5. コラム

    愛媛県の車事情・主な車買取店についてご紹介!車が欠かせない愛媛県で車買取ができるのはどこ?

    今回は愛媛県の車事情・主な車買取店についてご紹介いたします。愛媛県の車…

  6. コラム

    BMW1シリーズの中古車の選び方

    中古車情報誌や自動車専門誌で長年にわたって、ライティング・編集…

  1. コラム

    ベンツAクラスの自動車保険の口コミレポート
  2. コラム

    富山県の車事情・主な車買取店についてご紹介!北陸トップクラスの車保有率を誇る富山…
  3. コラム

    セダンとワゴン、買うならどっち?クルマ選びにおける基本的な方法論はあるのか
  4. コラム

    むしろ軽自動車枠の制約を感じさせないスーパー・スモールカー!スバルR1の魅力とは…
  5. コラム

    【解説】BMW X1に地デジチューナーを入れることは可能?
PAGE TOP