コラム

レクサスCTのリセールバリューはグレードが肝!査定のポイントを解説

レクサスCTのモデルチェンジが2024年に控えている中、現在のリセールバリューを気にされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、レクサスのCセグメントハッチバックであるCTのリセールバリューと高額査定が狙えるポイントをご紹介します。

レクサスCTとは

「Creative Touring」を略したレクサスCTは、2011年に登場したハイブリッド専用のコンパクトハッチバック車です。全長4,355mm×全幅1,765mm×全高1,460mmと扱いやすいボディサイズで走る道を選びません。
99ps・142Nmを発生する1.8L直列4気筒エンジンにモーターが組み合わされたハイブリッドモデルで、WLTCモード23.9km/Lと低燃費かつしなやかな走りを実現しています。

デザイン

外装はボンネットにプレスラインを入れてスマートな印象を持たせつつ、レクサスの象徴であるスピンドルグリルがメッキで囲われ高級感が感じられるデザインになっています。
内装は水平基調で統一感があり、ソフトパッドやステッチ、メッキが随所に使われており快適性と満足感が得られる室内環境です。

装備

2017年から標準搭載の安全装備「Lexus Safety System+」は、サポカーSワイドに対応しており、高い安全性能と事故低減効果を両立しています。
運転席周りの装備では、アナログメーターにデジタル表示が組み合わされ車の状況がひと目で分かるほか、10.3インチのセンターモニターが快適なドライブをサポートしてくれます。
また、ラゲッジルームはコンパクトモデルながら最大375Lが確保されているため、ゴルフバッグが積めるほど容量が大きいのも特徴です。

歴史

2011年レクサスブランド初のCセグメントハッチバックモデルとして販売開始されました。サイドからリアに続くハッチガラスが特徴的で、コンパクトながら存在感のあるモデルとして注目を集めました。2017年のビッグマイナーチェンジにより、フロントに新たなスピンドルグリルが採用され、内装もツートーンカラーのシートやオーナメントパネルが目を引く、強い個性を持つモデルに生まれ変わり、そのデザインは今でも好評です。

レクサスCTのリセールバリューは良い?

レクサスCTの3年後のリセールバリュー は56%〜63%、5年後のリセールバリューで36%〜51%とやや高めです。グレードによる価格差が顕著で、Fスポーツが人気を博しています。ボディカラーで見ると、黒・パールホワイトが有利で、他色より10万円以上高い傾向があります。

レクサスCT人気のグレード

レクサスCTで人気のグレードはFスポーツです。そのほかversion L、version Cも注目されています。ここからそれぞれのグレードについて詳しく解説します。

Fスポーツ

専用装備が充実しており、コンパクトハッチバックのレクサスCTのキャラクターにマッチしたスポーティなデザインが支持されています。スピンドルグリル・リヤバンパー・リヤスポイラー・エンブレム・アルミホイールが見た目を引き締め、さらに専用シャーシがキビキビとした走りを実現しています。リセールバリュー で見ても、他より10%以上高い値段がついており、最も人気のグレードと言っても過言ではないでしょう。

version L

CTのグレードの中の最上位グレードです。用意されている4つのグレードで唯一本革シートが選べるため、室内の雰囲気を格式高いものにしてくれます。オプションを除く全ての装備を要したグレードとして、所有満足度を求めている方から一定の需要が見込まれるでしょう。

version C

装備が充実しつつ、価格が適度に抑えられた売れ筋のグレードです。LEDフォグランプや切磋光輝の16インチアルミホイールがCTのキャラクターを引き締めています。最もコストパフォーマンスに優れたグレードのため、流通量が多く中古市場の動向によっては高いリセールも期待できます。

高額査定狙えるオプション

レクサス車は、標準装備が充実しているのが特徴です。選べるオプションが限られているからこそ、高額査定が狙えるオプションがあります。ここでは、具体的な3つのオプションをご紹介します。

ムーンルーフ

車内の雰囲気を明るくしてくれるムーンルーフは人気のメーカーオプションです。チルト&アウタースライド式なので、窓の開閉により空気を入れ替えできるほか、景色の変化などを楽しめます。

マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム

車内を贅沢な音響空間に変えてくれるマークレビンソンのサウンドシステムも人気です。13個のスピーカーと270Wのアンプが臨場感溢れる音を再現してくれます。

TRD Fスポーツパーツ

スポーティなFスポーツをさらに強く印象づけるFスポーツパーツは、装着されているだけで特別車に仕立て上げるため、人気のオプションです。エアロパーツが空力性能を格上げし、気持ちの良い走りをもたらしてくれます。

レクサスCTの売却ならレクラボに査定を依頼

新型の登場に合わせて、今乗っているレクサスCTをディーラーに売却・下取りに出してしまうと損をしてしまう可能性が高いです。そこでおすすめしたいのが、レクサス買取専門として20年の実績があるレクラボです。他のサービスより50万円以上高く査定した事例があり、レクサスを知り尽くした専門知識豊富なスタッフが、あなたのレクサスCTを正しく査定します。

https://www.car-rate.info/lexu-lab/

まとめ

レクサスの中では良心的な価格設定のCTは、中古市場でも一定の流通量があり、いつ価格変動があってもおかしくありません。今お乗りの車がいくらになるのか、レクラボの無料査定サービスを申し込んでみてはいかがでしょうか。

車の売却・査定は買取専門店にお任せください

創業20年以上の買取専門店だから、お車のセールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定が可能です。お車の買取相場をリアルタイムで把握しているので適正価格で買取させていただきます。

愛車の相場と査定の
お申し込みはこちら!

新型発表から間もないレクサス・IS。気になるこれから先のリセールバリューは?前のページ

レクサスHSのリセールバリューは渋め!高額査定を狙うポイントを解説次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    30代の車好きな男の人生を変えられる3つ輸入車とは

    皆さんは、「このままでいいのかな?」と感じたことはないないですか?…

  2. コラム

    年式別フォルクスワーゲンゴルフの中古車の選び方

    フォルクスワーゲンゴルフは流通量も多く、比較的メンテナンス出来る工場も…

  3. コラム

    解説!BMW X3の純正タイヤはどんな性能を持っている?

    タイヤの知識はタイヤ交換やカスタムに必須!ということで今回はBMW X…

  4. コラム

    販売ランキング直近でミニバンでは堂々4位!ホンダのコンパクトミニバン「フリード」を掘り下げる

    それでは今週もさっそく「おすすめミニバンのおすすめグレード」に関する研…

  5. コラム

    ベンツ・BMWの故障の話。修理費用を安い水準に抑えるポイント

    日刊カーセンサーでお馴染みの伊達軍曹さんに故障しても修理費が抑えられる…

  6. コラム

    圧倒的なまでの悪路走破性と耐久性により、世界各地で高評価を得たモデル「トヨタ ランドクルーザー70」…

    それでは今週もさっそく「おすすめSUVのおすすめグレード」に関する研究…

  1. コラム

    プジョーを買取に出す際のおすすめセールスポイントをご紹介!(306〜309編)
  2. コラム

    レクサスRCのリセールバリューを徹底解説!ラグジュアリーなクーペの評価の実態は?…
  3. コラム

    本当はフェラーリが欲しいけどお金がないからアルファロメオの中古車?
  4. コラム

    クラシカルでシンプルな感じのSUVに乗りたい…と思ったときは、実は「日産 ラシー…
  5. コラム

    BMW X3に合うサンシェードとは?どのようなタイプが良いかを解説!
PAGE TOP