コラム

ベンツらしい優雅さを楽しめるベンツMクラス

ベンツMクラスを購入するお勧めの年式

もともとは北米市場向けに設定された、オンロード性能も重視したSUVです。現行型で3代目になります。 W163 ★☆☆☆☆さすがにかなり流通量僅少。おススメしにくい。
W164 ★★★☆☆ かなりヴァリューフォーマネーな選択では。
W166(現行型) ★★★★☆ 高いけど、多数を占めるCDIの魅力余りある。

古くからあるGクラスはもっとヘビーデューティーなモデルですが、より乗り心地のいい、気軽に使えるクルマとして登場しました。
初代の前期モデルはアメリカ製の大味なところがかなりメルセデスらしくないと不評でした。
 そういったところも改善され、先代、現行とかなりセールスをコンスタントに維持しているモデルと言えるでしょう。
比較的故障リスクも少ないので、輸入SUVでは是非選択肢に入れていただきたいモデルです。しかし、何と言っても現行型、販売価格は高年式中心のためまだ高値安定の傾向は続いていることでしょう。しかしこのモデル、新車の7割程度がCDI、クリーンディーゼルエンジンモデルなのです。1リットルで堅く2ケタ走る 燃費、力強さ、静かさなどクオリティバランスがかなり高いです。経済的なランニングコストと、まぎれもないメルセデスのアピアランス、向上した質感。予算をオーバーしても「飛び降りていい清水の舞台」ではないでしょうか。

ここにご紹介した以外のモデルも多数存在しています。しかしそれらはいずれも、一般に広くおススメできるものではありません。用途が限定的。整備が特殊を極めている、パーツが特殊で維持費が高額である。趣味性がたかいためクルマ自体が高価、割高な傾向がある、などの理由からです。ただ、そうはいっても魅力的なクルマも多数あります。ですのでこうした束縛条件、ネガティブな要因を一旦差し引いて、用途目的を限定し、ご紹介させていただきたいと思います。

車の売却・査定は買取専門店にお任せください

創業20年以上の買取専門店だから、お車のセールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定が可能です。お車の買取相場をリアルタイムで把握しているので適正価格で買取させていただきます。

愛車の相場と査定の
お申し込みはこちら!

ベンツの最高傑作車種ベンツGLクラス前のページ

ボルボ試乗レポートまとめ次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    ポルシェ911研究/第3世代911-ポルシェ964

    ポルシェ964とは?ポルシェ911は、1963年ジュネーブショーで…

  2. コラム

    【解説】ジープのおすすめ買取店と高額買取できるお店を探すポイントとは?

    現在所有されているジープも、いずれ売却する時がくるかもしれません。中に…

  3. コラム

    マツダのフラッグシップSUV CX-8。全車クリーンディーゼルなのでグレードで悩むべきポイントは限ら…

    それでは今週も「おすすめSUVのおすすめグレード研究」をさっそく始めて…

  4. コラム

    向かう所敵なし?トヨタ・FJクルーザーは最高クラスのリセールバリューを誇る一台!

    みなさんこんにちは!今回は2018年に惜しまれつつ生産中止となった「ト…

  5. コラム

    ライトウェイトスポーツの当時の新たな提案「CR-X デルソル」はまだまだ市場価値がある

    ホンダCR-Xデルソルはホンダが1983年から1997年まで販売してい…

  1. コラム

    レクサスGSの中古車の選び方と注意点
  2. コラム

    埼玉県さいたま市の車買取店一覧
  3. コラム

    ベンツらしい優雅さを楽しめるSUVベンツML350
  4. コラム

    【解説】キャデラックのおすすめ買取店と高額買取できるお店を探すポイントとは?
  5. コラム

    iDriveナビをさらに便利に!BMW X5のコーディングを解説
PAGE TOP