BMW

日本車にはあまり見られない、BMW X1のワイパー構造とは?

雨の日に必要なワイパー。国産車からBMW X1に乗り替えてすぐの時ウインカーを出そうと思ったらワイパーが動いてしまったなんて経験はあるかと思います。BMW X1に使われているワイパーは国産車のようなワイパーゴムを固定するブレードがありません。ブレードとゴムが一体構造になっているのです。

BMW X1のワイパー構造は欧州では主流!

BMW X1のワイパーをよく見てみるとワイパーがボンネット部分に隠れています。これはBMWをはじめとする欧州車には多いタイプです。洗車機にかけるときにワイパーを折ることなく洗車できます。吹き上げ時にはワイパーを立てることができないため少し苦労することもあります。ただし、リアワイパーは立てることができます。

ビーエム博士:見た目だけじゃなく空気抵抗を受けにいメリットもあります。
ホシ君:ワイパーが見えないだけでスッキリして見えますね。

BMW X1のワイパーは雪の時どうやって立てるのか

見た目にはスッキリしていて空気抵抗を受けにくいワイパーですが雪が降ったときにワイパーを立てられないと困ります。BMW X1の取扱説明書にはワイパーを立てる方法が記載されています。




ホシ君:どうやってワイパーを立てるのですか?
ビーエム博士:ブレーキを踏まずにエンジンスイッチをオン、つまりイグニッションをオンにします。次にもう一度エンジンスイッチを押してオフにします。そしてワイパーレバーを最上位置まで上げたままキープします。するとワイパーが動き途中で止まり、外に出てワイパーを手動で立てることができます。

まとめ

欧州車のワイパーは少し特殊な形状をしていることとワイパーを立てるときに少し手間がかかることがあります。BMW X1の場合にはイグニッションのオン/オフとレバー上位置キープで立てることができますので豆知識として覚えておくと突然の雪の時にも対応ができます。

よくある買取相場より5万~200万円以上高く売れる!

外車王ならあなたの車を高価買取できます。全国どこへでも即対応。大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車も得意です。しつこい営業電話は一切ありません。まずはお気軽に無料査定をご依頼下さい。

cta

関連記事

  1. BMW

    それぞれの役目に合ったBMW X1用のラゲッジマットを見つけよう!

    BMW X1をアクティブに使う場合も多くあるでしょう。そのときにあると…

  2. BMW

    BMW X1のルームランプ交換時のオススメライトを紹介!

    BMW X1のルームランプはほのかな肌色の優しい光のタイプです。純正状…

  3. BMW

    【解説】BMW 5シリーズ E60はどのようなインターフェースがある?

    BMW E60のインターフェイスはBMW iDriveの機能を拡張する…

  4. BMW

    X4のグリルはBMWらしさ全開!その構造を解説

    BMW X4のグリルは初代(F26)ではヘッドライトと繋がっている形状…

  5. BMW

    BMW X5のブレーキパッドを交換する際の費用はどれくらい?その相場を解説!

    BMW X5のブレーキパッドは車両重量が軽くボディサイズが小さいモデル…

  6. BMW

    BMW X3の黒ホイールについて解説!X3に黒はどれだけマッチする?

    今回はBMW X3には黒ホイールをつけるとスタイリングがどう変わってい…

  1. 中古車店舗

    外車専門買取店「外車王」の買取の仕組みとその評判・口コミをご紹介!どんなサービス…
  2. アウディ

    アウディの大人気車種アウディQ7
  3. プジョー

    次の乗るおすすめ輸入車中古車はプジョー207がおすすめです
  4. BMW

    BMW X3のカーナビの世代別の特徴と現行ナビの進化について解説!
  5. BMW

    ミニカー好き必見!BMW X4のミニカーはクオリティが非常に高い!
PAGE TOP