コラム

新登場したトヨタC-HRの2種類の特別仕様車「Mode-Nero」と「Mode-Bruno」のお買い得度はいかに

それでは今週もさっそく「おすすめSUVのおすすめグレード」に関する研究を進めてまいりましょう。今週は、2018年12月3日に登場したトヨタC-HRの2種類の特別仕様車「Mode-Nero(モード ネロ)」と「Mode-Bruno(モード ブルーノ)」のお買い得度判定です。

クールな「Mode-Nero」と、洒落た雰囲気の「Mode-Bruno」


今回の特別仕様車は、C-HRの上級グレードである「G」および「G-T」がベースです。
「Mode-Nero」のほうは内装をブラック基調としたうえで、シート表皮にクールグレー(本革部)のアクセントカラーを採用。インパネ上部やコンソールボックスなどはブラックとなっています。外装には、ブラック塗装とブラックナットの18インチアルミホイールを装着。とにかくクールでスポーティなイメージが強調されている仕様です。
もう一方の「Mode-Bruno」は、ブラウン基調の内装やダークサドルタン(ブラウン系)のシート表皮およびインパネ上部、コンソールボックスが特徴。さらに、外側のドアハンドルにメッキ加飾を施すなど、洒落た雰囲気が強調されています。
ボディカラーは「モノトーン」と「2トーン」に分かれていて、モード ネロのほうには全10パターン、モード ブルーノには全6パターンが用意されます。

ベース車両との価格差は5万円

で、それぞれの価格は下記のとおりです。
【Mode-Nero】
●G-T“Mode-Nero”(FF)|265万5200円
●G-T“Mode-Nero”(4WD)|284万9600円
●G“Mode-Nero”(FF)|297万9200円



【Mode-Bruno】
●G-T“Mode-Bruno”(FF)|265万5200円
●G-T“Mode-Bruno”(4WD)|284万9600円
●G“Mode-Bruno”(FF)|297万9200円



これは、ベース車両となっているGまたはG-Tと比べて「5万円高い」ということですね。それって果たしてお買い得なのか、そうでもないのか、以下考えてみたいと思います。

だが「実質的な価格差」は1万2200円だと言える

まず、上記で「ベース車両と比べて5万円高い」と書きましたが、実はそれは正確ではありません。確かに見た目の数字上は特別仕様車のほうが5万円高いのですが、今回の特別仕様車には以下の2アイテムが標準装備されています。
●リアクロストラフィックアラート(RCTA)
●バックカメラ
通常仕様のGまたはG-Tではこの2つはセットでメーカーオプション扱いになっていて、そのセット価格は3万7800円(税込み)です。ということは、通常モデルと特別仕様車の実質的な価格差は5万円ではなく「1万2200円」だということになります。
1万2000円程度の差額で、Mode-NeroまたはMode-Brunoのかなり洒落た内外装が手に入ると考えれば、今回の特別仕様車は「かなりお買い得!」と判断できるのではないかと思います。それぞれの専用カラーもかなりステキですしね。

有償だがかなり魅力的な専用カラー



ただしMode-Neroの専用色である「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」や、Mode-Bruno専用色の「ダークブラウンマイカメタリック×ホワイトパールクリスタルシャイン」は3万2400円~5万4000円の有償カラーです。
そのあたりも加味すると単純に1万2200円の差でしかないとは言いきれないのですが、それでも、Mode-NeroとMode-Brunoの「この雰囲気」がツボにハマったのであれば、絶対に買いでしょう。どちらもかなり洒落ていると思いますし、内外装を汚さずキレイに維持していけば、リセール価格もなかなかのものが期待できそうですし。
個人的にはMode-Brunoの「ダークブラウンマイカメタリック×ホワイトパールクリスタルシャイン」がかなりツボですが、あなたの場合はいかがでしょうか?
ということで、C-HR選びの少しでも参考になったならば幸いです。それではまた来週!
[ライター/伊達軍曹]

車の売却・査定は買取専門店にお任せください

創業20年以上の買取専門店だから、お車のセールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定が可能です。お車の買取相場をリアルタイムで把握しているので適正価格で買取させていただきます。

愛車の相場と査定の
お申し込みはこちら!

販売ランキング直近でミニバンでは堂々4位!ホンダのコンパクトミニバン「フリード」を掘り下げる前のページ

オープンカーになったスポーツセダン「レクサスIS C」は快適なオープンドライブを楽しめるよう配慮された設計次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    イタリアンデザインのお洒落な軽自動車。スバルR2の魅力とは?

    トールワゴンの流れの中、あえてデザインにこだわったお洒落な軽自動車・ス…

  2. コラム

    ベンツAクラスを購入しました体験談

    マツダRX-7を皮切りにこれまで7台の車に乗りついできた40代…

  3. コラム

    2020年はSUVの中古市場がアツい?これから狙える出来の良いSUVとは

    ダイハツ ロッキーなどの新型SUVも気になるところではあるが、2020…

  4. コラム

    BMW X5に装着されるエンブレムの仕様について解説!

    メーカーを表すBMWのエンブレム。ブルーとホワイトのカラーリングに「B…

  5. コラム

    ベンツC63 AMG W204と、普通のベンツCクラスの上級グレードではどちらがオススメ?

    輸入中古車400勝サイトや日刊カーセンサーへの投稿でおなじみの伊達軍曹…

  6. コラム

    代を重ねて進化してゆく「レクサス RX」。3列シート7人乗りはやはりオススメ

    RXは1998年から発売されているレクサスで一番最初に登場したクロスオ…

  1. コラム

    「羊の皮を被った狼」という言葉がこれほど合うクルマもないのでは?日産・スカイライ…
  2. コラム

    アウディ・A4 2.0TFSIクワトロのユーザーレポート
  3. コラム

    話題の新型「トヨタ RAV4」のグレード展開とそれぞれの特徴を整理!是非ベストな…
  4. コラム

    BMW X5のヘッドライトについて解説!どんなカスタマイズができる?
  5. コラム

    BMW 5シリーズ E60のスポーティグレード「Mスポーツ」について解説!
PAGE TOP