コラム

新登場したトヨタC-HRの2種類の特別仕様車「Mode-Nero」と「Mode-Bruno」のお買い得度はいかに

それでは今週もさっそく「おすすめSUVのおすすめグレード」に関する研究を進めてまいりましょう。今週は、2018年12月3日に登場したトヨタC-HRの2種類の特別仕様車「Mode-Nero(モード ネロ)」と「Mode-Bruno(モード ブルーノ)」のお買い得度判定です。

クールな「Mode-Nero」と、洒落た雰囲気の「Mode-Bruno」


今回の特別仕様車は、C-HRの上級グレードである「G」および「G-T」がベースです。
「Mode-Nero」のほうは内装をブラック基調としたうえで、シート表皮にクールグレー(本革部)のアクセントカラーを採用。インパネ上部やコンソールボックスなどはブラックとなっています。外装には、ブラック塗装とブラックナットの18インチアルミホイールを装着。とにかくクールでスポーティなイメージが強調されている仕様です。
もう一方の「Mode-Bruno」は、ブラウン基調の内装やダークサドルタン(ブラウン系)のシート表皮およびインパネ上部、コンソールボックスが特徴。さらに、外側のドアハンドルにメッキ加飾を施すなど、洒落た雰囲気が強調されています。
ボディカラーは「モノトーン」と「2トーン」に分かれていて、モード ネロのほうには全10パターン、モード ブルーノには全6パターンが用意されます。

ベース車両との価格差は5万円

で、それぞれの価格は下記のとおりです。
【Mode-Nero】
●G-T“Mode-Nero”(FF)|265万5200円
●G-T“Mode-Nero”(4WD)|284万9600円
●G“Mode-Nero”(FF)|297万9200円



【Mode-Bruno】
●G-T“Mode-Bruno”(FF)|265万5200円
●G-T“Mode-Bruno”(4WD)|284万9600円
●G“Mode-Bruno”(FF)|297万9200円



これは、ベース車両となっているGまたはG-Tと比べて「5万円高い」ということですね。それって果たしてお買い得なのか、そうでもないのか、以下考えてみたいと思います。

だが「実質的な価格差」は1万2200円だと言える

まず、上記で「ベース車両と比べて5万円高い」と書きましたが、実はそれは正確ではありません。確かに見た目の数字上は特別仕様車のほうが5万円高いのですが、今回の特別仕様車には以下の2アイテムが標準装備されています。
●リアクロストラフィックアラート(RCTA)
●バックカメラ
通常仕様のGまたはG-Tではこの2つはセットでメーカーオプション扱いになっていて、そのセット価格は3万7800円(税込み)です。ということは、通常モデルと特別仕様車の実質的な価格差は5万円ではなく「1万2200円」だということになります。
1万2000円程度の差額で、Mode-NeroまたはMode-Brunoのかなり洒落た内外装が手に入ると考えれば、今回の特別仕様車は「かなりお買い得!」と判断できるのではないかと思います。それぞれの専用カラーもかなりステキですしね。

有償だがかなり魅力的な専用カラー



ただしMode-Neroの専用色である「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」や、Mode-Bruno専用色の「ダークブラウンマイカメタリック×ホワイトパールクリスタルシャイン」は3万2400円~5万4000円の有償カラーです。
そのあたりも加味すると単純に1万2200円の差でしかないとは言いきれないのですが、それでも、Mode-NeroとMode-Brunoの「この雰囲気」がツボにハマったのであれば、絶対に買いでしょう。どちらもかなり洒落ていると思いますし、内外装を汚さずキレイに維持していけば、リセール価格もなかなかのものが期待できそうですし。
個人的にはMode-Brunoの「ダークブラウンマイカメタリック×ホワイトパールクリスタルシャイン」がかなりツボですが、あなたの場合はいかがでしょうか?
ということで、C-HR選びの少しでも参考になったならば幸いです。それではまた来週!
[ライター/伊達軍曹]

販売ランキング直近でミニバンでは堂々4位!ホンダのコンパクトミニバン「フリード」を掘り下げる前のページ

オープンカーになったスポーツセダン「レクサスIS C」は快適なオープンドライブを楽しめるよう配慮された設計次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    マリオ高野のアメ車中古車入門講座

    車評論家マリオ高野さんに寄稿いただきました。 マリオ高野さんは日刊SP…

  2. コラム

    実は5年間しか存在しなかったスバル・インプレッサの2ドアクーペ。リセール価格は期待できる

    スバル・レオーネの後継車レガシィは、発売以降徐々にグレードアップし、上…

  3. コラム

    まさに走る工芸品。日本の誇りと伝統を受け継ぐ、国産最高峰のショーファードリヴンカー「トヨタ・センチュ…

    みなさん、こんにちは。今回は、一般の方には同価格の輸入車よりも縁遠い存…

  4. コラム

    茨城県の車事情・主な車買取店についてご紹介!茨城県で車を買取できるのはどの地域?

    今回は茨城県の車事情、主な車買取店についてご紹介いたします。茨城県はど…

  1. コラム

    facebookページまとめ|輸入車メンテのこつ
  2. コラム

    ミニカー好き必見!BMW X4のミニカーはクオリティが非常に高い!
  3. コラム

    BMW 5シリーズ E60にiPhoneを接続してさらに快適なカーライフを!
  4. コラム

    神奈川県の車事情・主な車買取店についてご紹介!産業が盛んな神奈川県で車の買取がで…
  5. コラム

    内外装ともに種類が豊富!2代目BMW X3(F25)のパーツをご紹介!
PAGE TOP