コラム

三菱のニューモデル「エクリプスクロス」。このコンパクトSUVならどこへでも行ける!おすすめモデルは?

それでは今週も注目SUVの「おすすめグレード検討会議」を開催いたしましょう。今回のお題は、2018年3月に三菱自動車から久々のニューモデルとして登場した「エクリプスクロス」です。

当ラボのおすすめはG Plus Package 4WD!


いきなり結論ですが、諸説あるにしても、当ラボとしては最上級グレードの四駆仕様である「G Plus Package 4WD」を、エクリプスクロスのおすすめグレードとして推奨したいと考えます。

以下、その理由を順を追ってご説明しましょう。
まず、エクリプスクロスのグレードラインナップとそれぞれの車両価格はさしあたって以下のとおりです。
●M 2WD|253万2600円
●M 4WD|274万8600円
●G 2WD|270万6480円
●G 4WD|292万2480円
●G Plus Package 2WD|287万9280円
●G Plus Package 4WD|309万5280円
かなりベーシックなグレードが「M」で、中間というよりは上級グレードに相当するのが「G」、そしてGにさらにいろいろ付けた最上級グレードが「G Plus Package」であるとお考えください。
参考:三菱のエクリプスクロス売却専門ページ!

2WDでも十分か? それともやはり4WDなのか?



で、エクリプスクロスの場合はグレード選択の前に「やっぱり4WDで行くのか、それとも2WD(FF)で十分なのか?」という問題を片付けなければなりません。
ゴリゴリの山道派、雪道派の人はそもそもそんな問題では悩まず、いきなり4WDの一択となるはずです。しかしここで悩むということは、要するに「基本的には4WDは不要なライフスタイルを送っている」ということです。山道や雪道にもたまには行くけど、普段は街乗りが中心……という生活だからこそ、「どうしようかな?」と悩むわけです。

そういった場合、当ラボは通常「2WD(FF)で十分でしょう」という考え方を採用しています。2WDのほうが軽くて安くて、しかも山道や雪道だってそれなりには走れますからね。
しかし三菱エクリプスクロスに限っては、そういった層のユーザーに対して4WD推しでいきたいと考えます。
なぜならば、4WD版にのみ採用される「S-AWC」が付いていないエクリプスクロスは、まるでターボチャージャーとリアウイングが付いていないランエボのように(?)、精神的な満足感を少々覚えにくいからです。

後から「S-AWC付きにしときゃ良かった」と思うはず


S-AWCというのは三菱が開発した「SUPER ALL WHEEL CONTROL―車両運動統合制御システム―」のこと。車の挙動とドライバーの操作を車両各部のセンサーが検知し、アクティブヨーコントロールとASC、ABSを統合しながら左右輪間の駆動/制動力を制御することで、「意のままの操縦性と卓越した安定性を実現させる」というものです。
もちろんコレが付いていない2WDのエクリプスクロスだって十分よく走りますし、そもそも街乗りの際はS-AWCが威力を発揮するシーンも少ないでしょう。
しかしおそらく90%ぐらいの確率で(メカ好きな場合が多い男性ユーザーは特に)、2WD版を買ってから半年後か1年後ぐらいに「今から思えばちょっとした差額だったんだから、S-AWC付きにしとけば良かったかもな……」と思うはずです。
S-AWCはエクリプスクロスの「象徴」であり、「心の拠り所」なのです。それゆえ、多少高くはなりますが、「精神的な充足感」というプライスレスな価値を得るためにも、ここはひとつ4WD版をちょっと強めに推したいと思います。

「M」は論外だが「G」はなかなか悪くない



で、4WD版に絞るとすると、候補は以下の3グレードになります。
●M 4WD|274万8600円
●G 4WD|292万2480円
●G Plus Package 4WD|309万5280円


それぞれの価格差は約17万円といったところですね。このなかの「M」はさすがに装備が全般的にちょっとショボめで、エクリプスクロスのキモのひとつである「ヘッドアップディスプレイ」も付きませんので、あまりおすすめはできません。「G」または「G Plus Package」の二択で考えるべきでしょう。

そして「G」は前述のとおり中間グレードというよりは上級グレードといったニュアンスの装備内容になっていますので、「G Plus Package」よりは若干お安いGを選ぶのも悪くないというか、それなり以上に満足できるはずです。

それでも「G Plus Package」がおすすめな理由


しかしエクリプスクロスというのは、いかにもミツビシの車らしい「先進的なメカニズムとデザインが全部盛り!」みたいな部分こそが魅力となる一台です。

その意味では、かなりしゃれた感じの先進的コックピットを作り上げてくれる「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ+タッチパッドコントローラー+マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付き)」が標準装備となる「G Plus Package」こそが、やっぱりエクリプスクロスにおける「正しい選択」だと言えます。



もちろんその分、Gと比べて17万円ほど高くはなってしまうのですが、「せいぜい約17万円の違いでしかない」という言い方もできます。後々の本当の満足を得るために、いさぎよく約17万円の差額を支払うか、もしくは値引き交渉を頑張るなどして、ぜひステキなボディカラーのG Plus Packageを手に入れていただければと思います。
三菱エクリプスクロスに関してはとりあえず以上です。少しでもSUV選びのご参考になったならば幸いです。
[ライター/伊達軍曹]

トヨタのSUV「ハイラックス」の復活。SUVというよりはヘビーデューティクロカンに近いクルマが人気な理由前のページ

新型スズキ ジムニーの試乗会で「おすすめグレード」の結果が変わった!ジムニーシエラが良い理由とは次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    奈良県の車事情・主な車買取店についてご紹介!観光地の多い奈良県で車買取ができるのはどの地域?

    今回は奈良県の車事情、主な車買取店についてご紹介いたします。奈良県はど…

  2. コラム

    レクサスの名前の由来とは。車名はどういう意味があるのかを紐解く

    国産車でありながら、メルセデスベンツやBMWに負けないプレミアムブラン…

  3. コラム

    こんなパーツまで!BMW X6に装着できるカスタムパーツについて解説!

    BMW X6は、ボディなどの大胆なものからチューニングパーツ、その他内…

  4. コラム

    BMW X4にはどんなチューニングが出来るの?

    BMW X4のチューニングには大きく分けると2種類に分類することができ…

  5. コラム

    個性的な「オートフリートップ」により一定以上の人気を博した、マツダの3列シート車「ボンゴフレンディ」…

    それでは今週もさっそく「おすすめミニバンのおすすめグレード」に関する研…

  6. コラム

    伊達軍曹のここだけSUV談義《最終回》過去1ヶ月間に試乗したおすすめSUV4選

    このたび私儀はSUVラボ所長の職を解かれ、市井の「いちSUV愛好家」に…

  1. コラム

    二面性を持つオープンスポーツカー、ホンダ S2000は今も高い支持を受けている
  2. コラム

    内外装ともに種類が豊富!2代目BMW X3(F25)のパーツをご紹介!
  3. コラム

    BMW X1の純正オーディオの機能を解説!気になる音質は?
  4. コラム

    BMW 5シリーズ E60のイグニッションコイルの交換方法を解説!
  5. コラム

    【解説】BMW X4のキャンセラーはどういう仕様がある?
PAGE TOP