コラム

ドイツで見かけたダッジキャリバー。ヨーロッパにアメ車がある風景

日本にいると、暗黙裡に「アメリカかヨーロッパか」みたいな感覚になってしまうものです。日本には両方からクルマが持ち込まれるので両方あるのはわかるが、ヨーロッパに走っているアメ車、どことなく違和感があるものです。別に全く不思議ではないのですが。

日本でもダッジブランドありましたね。このキャリバーのほか、チャージャーや、色々なクルマが国内のジープ・クライスラーのディーラーで販売されていたものです。ダッジというと、それ自体は「極めてアメリカン」なブランドなのですが、クルマ自体に目を移してみると、どこか無国籍な印象があって、そんなところに惹かれた人も少なくないようでした。

違和感が強い「ヨーロッパからアメリカ車」

クルマは一番身近な異文化コミュニケーション、常々私はそう感じています。やはりどういう国で作られたのか、どういう人達が使うのか、何を食べている人が作ったか。エンジンが付いていて、タイヤが4本あって。そういうところは概ね同じだとしても、完成するクルマには随分違いが出てくるものです。クルマ作りとはそういうものなんでしょうし、もっというと仕向地向けに色々とあれこれ考えることは、べき論としてはわからないでもありませんが、個人的にはそれも含めて受け入れるということだろ!本来輸入車に乗るということは。そんな風に感じてしまうのです。

しかし、そんな個人的な感覚が、帰って閉塞的に感じさせてしまう一例が、この「ヨーロッパのアメ車」なのかもしれません。デザインもアメリカ車はアメリカ人好み、なのでしょうか。あまり仕向地のことを考えませんね。しかしそれでも、アメリカ人でさえ最近は求める要素としては効率的で低燃費だったりするわけで、以前に比べるとだいぶコンパクトになりました。確かにこのキャリバーの後継者などはアリファロメオジュリエッタベースのダッジ・ダートだったりします。
参考:ダッジの買取ページです!
ん?アルファロメオベースのクライスラー?「ほぼシムカじゃないか!」と意味のわからないテンションの上がり方をしていたりして、それはそれで嫌になるのですが(笑)シムカはもともとフィアトベースで車を作っていて、その後クライスラー・フランスとして歴史を刻んだメーカーですね。たまたま巡り合わせでそうなっただけなのですが。
まあ、ヨーロッパの街角で見たダッジキャリバーの写真を見て、「シムカ!」と一人で盛り上がる極東の島国の人がいるとは思ってないでしょうね。発想が極端すぎる点を今日も反省した次第です。
[ライター/SUVラボ編集部 カメラ/ドイツ駐在員]

車の売却・査定は買取専門店にお任せください

創業20年以上の買取専門店だから、お車のセールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定が可能です。お車の買取相場をリアルタイムで把握しているので適正価格で買取させていただきます。

愛車の相場と査定の
お申し込みはこちら!

メルセデス・ベンツが生んだ怪物、G63 AMG 6×6前のページ

ドイツ本国仕様希少なRラインのVWトゥアレグ。これは良いSUVだ次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    3列シート・7人乗りのSUVという貴重な存在、トヨタ「ヴァンガード」

    それでは今週もさっそく「おすすめSUVのおすすめグレード」に関する研究…

  2. コラム

    【解説】ランドローバーのおすすめ買取店と高額買取できるお店を探すポイントとは?

    現在所有されているランドローバーも、いずれ売却する時がくるかもしれませ…

  3. コラム

    むしろ軽自動車枠の制約を感じさせないスーパー・スモールカー!スバルR1の魅力とは

    R1が生まれた背景は?富士重工業が1958年に発売したスバル360…

  4. コラム

    クラシカルでシンプルな感じのSUVに乗りたい…と思ったときは、実は「日産 ラシーン」こそが今なお最高…

    それでは今週もさっそく「おすすめSUVのおすすめグレード」に関する研究…

  5. コラム

    ルノーに強いオートスタイル自由が丘を見学

    ルノーに強いオートスタイル自由が丘を見学してきました。輸入車の専門…

  6. コラム

    BMW X6に装着できる!22インチホイールについて解説!

    BMW X6は純正でも大径ホイールを装着しています。純正オプションでは…

  1. コラム

    【解説】アルファロメオのおすすめ買取店と高額買取できるお店を探すポイントとは?
  2. コラム

    スバルとGMがタッグを組んで生まれたミニバン「トラヴィック」は隠れた名車!
  3. コラム

    永遠のSUVブランド ジープラングラーはどうやって生まれ、現代の形が生まれたのか…
  4. コラム

    3代目プリウスの派生モデルとして生まれた7人乗り車、トヨタ プリウスα(アルファ…
  5. コラム

    20代の独身男性がはじめて外車・輸入車を買うならどの輸入車がおすすめ?
PAGE TOP