コラム

BMW 5シリーズ E60で起こってしまうオルタネーターの故障について解説!

オルタネーターは発電機の役割がありエンジンで発生した動力をバッテリーに充電しています。このオルタネーターが経年劣化や磨耗してしまうと発電ができなくなり、最悪の場合バッテリー切れになりエンジンがかからないといった症状になることもあります。最悪の事態になる前に点検を行い交換しておくことが大切です。

BMW E60のオルタネーター発電量不足の症状とは?

BMW E60のオルタネーターが劣化により発電量不足になるとどのような症状が表れるのでしょうか。代表的な症状として走行中のノイズ、オーディオのオン・オフが繰り返される、メーターパネルがついたり消えたりするなどといった症状が表れるようです。

ホシ君:
電装系の不具合が症状として表れるのですね。
ビーエム博士:
そうですね。このような症状が出たら早めに対処しましょう。

BMW E60のオルタネーター交換方法は?

BMW E60に限らずオルタネーターは長い目で見れば消耗品のひとつ。よって発電量不足がわかった場合には、早めにオルタネーターの交換をしておきましょう。純正品だと割高になってしまうこともあるようですが、互換性のあるOEMパーツであれば割安で購入することができるようです。

ホシ君:
専門性が高い修理になるので輸入車を専門に扱うショップやディーラーで整備した方が良さそうですね。
ビーエム博士:
重要パーツなので専門家に任せた方が良いでしょう。

まとめ

BMW E60の寿命が長いこともあり、オルタネーターの不具合が出ているケースが多くあるようですが、製造から時間が経てば致し方ないことです。費用はかかってもオルタネーターを交換して、BMW E60の健康状態を良くしておくことがBMW E60と長く付き合うポイントです。快適なドライブをするためにもオルタネーターを気にかけておきましょう。

乗り心地重視のセッティング!BMW X1のサスペンションについて前のページ

BMW 5シリーズ E60にコーディングをするとどんなことができるの?次のページ

関連記事

  1. コラム

    フォルクスワーゲンを買取に出す際のおすすめセールスポイントをご紹介!(コラード、サンタナ、ジェッタ編…

    今回はフォルクスワーゲンのコラード、サンタナ、ジェッタの特徴、おおよそ…

  2. コラム

    神奈川県小田原市の車買取店一覧

    お売りになりたい車と、車検証は最低必要です。即売却を希望の方は売却に必…

  3. コラム

    伊達軍曹のここだけSUV談義 第16弾。マツダ「CX-30」おすすめグレードはどれ??

    今週のSUV談義は、9月20日に予約受注が開始となったマツダの新型クロ…

  4. コラム

    BMW X5のタイヤ交換の際はどんなタイヤにすべき?

    近年のBMW X5はランフラットタイヤの装着が標準となっています。ラン…

  5. コラム

    スバル レヴォーグの中古市場は?売るなら新型の発売前がおすすめな理由!

    2013年の東京モーターショーで発表され、その年末から先行予約を受付け…

  6. コラム

    BMW Z3のカバーをご紹介!ボディカバーとソフトトップカバーの違いは?

    BMW Z3のカバーにはボディカバーとソフトトップカバーの2種類があり…

  1. コラム

    欧州勢に劣らないサーキット性能!大排気量・自然吸気V8の醍醐味を味わえる稀有なス…
  2. コラム

    BMWを100万円以下で手に入れよう
  3. コラム

    高性能ホイールが充実!2代目BMW X3(F25)のホイールを解説
  4. コラム

    ベンツBクラスのユーザーレポート
  5. コラム

    スズキのコンパクトSUV「エスクード」の魅力と、装着すべきオプション装備とは
PAGE TOP