コラム

今人気のスズキのコンパクトSUV「XBEE(クロスビー)」のおすすめグレードはコレ!

それでは今週もさっそく「おすすめSUVのおすすめグレード」に関する研究を進めてまいりましょう。今週のお題はスズキのコンパクトSUV「XBEE(クロスビー)」です。

動力源は全車1L直噴ターボ+マイルドハイブリッド



スズキ クロスビーは2017年12月に登場したSUVで、人気の軽自動車「ハスラー」のイメージを譲り受けつつも登録車(普通乗用車)とすることでボディを拡大し、より使いでのあるモデルに仕上がっています。
特徴的な丸型ヘッドライトや横長のラジエターグリル、フェンダーアーチモールなどはハスラーによく似ていますが、サイズ的にゆとりがあるからでしょうか、ハスラーよりもデザイン上の「力強さ」が増している印象があります。
エンジンは全車1Lの直3直噴ターボで、トランスミッションはトルコン式の6速AT。それに加えてモーター機能付き発電機(ISG)とリチウムイオンバッテリーにより構成されるマイルドハイブリッドシステムを搭載しています。

グレード展開は非常にシンプルな4種類


駆動方式は通常の2WDとビスカスカップリング方式の4WDが用意されていて、現在のグレードラインナップとそれぞれの車両価格は以下のとおりです。
●ハイブリッドMX(FF)|176万5800円~
●ハイブリッドMX(4WD)|190万8360円~
●ハイブリッドMZ(FF)|200万3400円~
●ハイブリッドMZ(4WD)|214万5960円~
上記の価格が「~」となっているのは、クロスビーには通常仕様に加えて「2トーンルーフ仕様車/3トーンコーディネート仕様車」というバージョンがあり、そちらは4万3200円ほど高くなるからです。
では上記のなかでどれが「真のおすすめグレード」に値するのか、考えてまいりましょう。

おすすめは「ハイブリッドMZ」でしょう!


そしていきなり結論から申し上げますが、クロスビーのおすすめグレードはどゆ考えても上級グレードである「ハイブリッドMZ」になります。
2WDと4WDのどちらを選ぶべきかは人それぞれ(使用場所や目的による)と言えますが、もしも「都市部における普段使い」が中心であるならば、お安い2WDで十分でしょう。
で、なぜ標準グレードのハイブリッドMXではなく上級グレードのハイブリッドMZがおすすめなのか? という理由です。
まず「価格差」ですが、2WD同士で比べますと、ハイブリッドMZとハイブリッドMXの価格差は「23万7600円」です。もちろんMZのほうが高いわけで、なかなかの価格差だとは言えます。
参考:SUV/RV車/クロカンの買取専門ページです
しかしハイブリッドMXは、MZでは標準装備となっている「スズキ セーフティ サポート」がメーカーオプション扱いになっています。


今の時代、こういった類の先進安全装備は絶対にあったほうがいいですし、オプションとしてハイブリッドMX付けない人も少ないかと思います。


そうなりますと、お安いハイブリッドMXでも「スズキ セーフティ サポート装着車」は結局プラス10万6920円になりますので、実質的な価格差は「約13万円」ということになります。

実質約13万円の価格差で装備内容はこれだけ違う




で、この約13万円の差額を良しとしてハイブリッドMZのほうを選ぶとどんな装備が付いてくるかというと、それは下記のとおりです。
●クルーズコントロールシステム
●本革巻ステアリングホイール
●本革巻シフトノブ
●ステアリングオーディオスイッチ
●ギアシフトパネル[シルバー塗装]
●インパネサイドキャップ[シルバー塗装]
●メッキインサイドドアハンドル
●パーソナルテーブル
●ドアトリムクロス(フロントドア)
●撥水加工シート
●シートパイピング
●防汚タイプラゲッジフロア
●助手席シートバックポケット
●メッキドアハンドル
●IRカット機能付フロントガラス
●プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
●LEDヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレべリング機構付]
●LEDポジションランプ
●LEDフロントフォグランプ
●LEDサイドターンランプ付ドアミラー

この価格差なら上級グレードを選ばない手はない


……どうでしょうか? クルーズコントロールシステム以外は細かいものが多いですが、それでも「微妙だが、あると無いとでは満足度がかなり変わる装備類」のオンパレードであることが想像できるのではないかと思います。
これが「20万円差」と言われたらちょっと考えてしまいますが、「約13万円差」であるならば、結局は上級グレードであるハイブリッドMZを選んだほうが(精神的な部分を含めて)何かと納得できるはずなのです。
ということで、もちろん諸説あるでしょうが、当ラボとしてはスズキ クロスビーのおすすめグレードは「ハイブリッドMZ(2WDか4WDかは人それぞれ)」であるということに決定させていただきます。
それではまた来週、こちらのコーナーでお会いしましょう!
[ライター/伊達軍曹]

車の売却・査定は買取専門店にお任せください

創業20年以上の買取専門店だから、お車のセールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定が可能です。お車の買取相場をリアルタイムで把握しているので適正価格で買取させていただきます。

愛車の相場と査定の
お申し込みはこちら!

軽自動車規格なのにスペシャルなオープンカー「ホンダS660」。人気の理由とは前のページ

4世代にわたり世界中で愛されているマツダ ロードスターは定番の人気オープンカー次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    カーナビ付きの輸入車を買取査定にだす時の注意点

    買取額を算出する査定において、ナビの有無はとても大きなポイント…

  2. コラム

    BMW Z3のカスタムパーツはどんなものがある?

    BMW Z3のカスタムパーツはエクステリアのカスタムパーツ、インテリア…

  3. コラム

    ベンツC63 AMGと、普通のCクラスの上級グレードではどちらがオススメ?

    輸入中古車400勝サイトや日刊カーセンサーへの投稿でおなじみの伊達軍曹…

  4. コラム

    レクサスCTのリセールバリューはグレードが肝!査定のポイントを解説

    レクサスCTのモデルチェンジが2024年に控えている中、現在のリセール…

  5. コラム

    BMW専門のTUCグループ千葉・船橋店を見学

    BMW専門のTUCグループ千葉・船橋店を見学を見学してきました外車…

  1. コラム

    エクストレイルのリセールバリューは高めながら急ぎが吉!理由を具体的に解説
  2. コラム

    アウディ4WD特集
  3. コラム

    車好きにはたまらないアルファロメオミト
  4. コラム

    はじめてのアメ車の選び方
  5. コラム

    ベンツは不動車・事故車でも高額査定の可能性があります
PAGE TOP