コラム

実はけっこう魅力的!モデル末期のトヨタ「エスティマ」は地道な商品改良が繰り返されている

今週もさっそく「おすすめミニバンのおすすめグレード研究」を進めてまいりましょう。今週のお題はトヨタの超ロングセラーミニバン「エスティマ」です。

超モデル末期のエスティマだが、実はけっこう魅力的だ


3代目にあたる現行モデルがデビューしたのは2006年1月のことですから、エスティマはもはや「大昔のミニバン」だとも言えます。そんな大昔のミニバンの購入ガイドなんて今さらやる意味があるのか? という疑問もあるかもしれません。
それが実はけっこうあるのです。
といいますのも、まず第一に現行エスティマは決して「作りっぱなし・売りっぱなし」のかわいそうなモデルではなく、比較的こまめに小変更を受けて、地道な商品改良が繰り返されています。直近では2016年6月にマイナーチェンジを行い、内外装デザインをグッと現代的にするとともに、赤外線センサーと単眼カメラを用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を全車標準装備にするなどしています。

そして第二に、最新ミニバンの「こってり風味へのアンチテーゼ」という価値もあります。
最近のミニバンの顔つきはどれこれもが「肉食系」というかなんというか、すごいことになっています。その典型がマイチェン版の三菱デリカD:5でしょうか。
ああいうのがお好きな人はそれで良いのですが、世の中にはああいったテイストが嫌いな人も一定数はいます。「あんなド派手な顔したミニバンなんて乗りたくないよ!」と。
そしてそういった人の受け皿になり得るのが、比較的プレーンな顔つき、シンプルな造形の5ナンバーサイズミニバンであるエスティマなのです。超ベテランであるエスティマには、実はそういった価値があります。
参考:トヨタ「エスティマ」買取専門ページ!

ラインナップはガソリン4グレード、ハイブリッド4グレード

ということで、今販売されているエスティマのラインナップと価格は下記のとおりです。




【ガソリン】
●エスティマ AERAS PREMIUM-G|370万473円
●エスティマ AERAS SMART|351万4909円
●エスティマ AERAS PREMIUM|340万1018円
●エスティマ AERAS|331万2625円

【ハイブリッド】
●エスティマ ハイブリッドAERAS PREMIUM-G|492万8727円
●エスティマ ハイブリッドAERAS SMART|453万2073円
●エスティマ ハイブリッドAERAS PREMIUM|439万1673円
●エスティマ ハイブリッドAERAS|435万2400円
ガソリンとハイブリッドの価格差はざっと100万~120万円ぐらいといったところ。エスティマのハイブリッド、けっこう高いですね……。

これからエスティマを買うなら「ガソリン」の一択で!


まずはいつもの「ハイブリッドにするべきなのか? それともガソリンで行くべきなのか?」という問題について考えてみましょう。
これはもう「ガソリンで行くべし!」というのが結論となるほかありません。
なぜならば、マイナーチェンジを経ているとはいえ超モデル末期のミニバンに450万円とか490万円(乗り出し価格で考えれば500万円以上)も出すのはちょっと非現実的だからです。エスティマは前述のとおりプレーンなビジュアルのナイスなミニバンですが、さすがに500万円以上も投じるならば、もっと設計年次が新しいミニバンを買うほうが絶対に満足できます。
といことで、エスティマだけに関して言うのであれば「ハイブリッドのことは忘れるに限る!」です。ぜひ、比較的お手頃価格なガソリンの一択でお願いします。

パフォーマンスダンパーが付かないベースグレードは脱落


では、お次は「計4種類あるガソリン系グレードのなかで、まず初めに脱落するのはどれか?」という検討です。
これはベースグレードに相当する「エスティマ AERAS(331万2625円)」で決まりでしょう。
エスティマは決してお安いミニバンではないので、ベースグレードであるエスティマ AERASでも装備はなかなか充実しています。基本的には特に不満はありません。
しかしエスティマ AERASには、マイチェン後のエスティマの大きなポイントのひとつである「パフォーマンスダンパー」が装着不可なのです。
フロントに搭載されるパフォーマンスダンパーというのは「路面から伝わる微振動を吸収しつつシャープなハンドリングを実現する」というものですが、これがうたい文句どおりの活躍をするなかなかの優れものであるため、これがないエスティマは魅力半減です。ということで、残念ながらベースグレードのエスティマ AERASはここでサヨナラということになります。

最上級グレードもあえて選ぶ意義はやや薄い

残るは、
●エスティマ AERAS PREMIUM-G|370万473円
●エスティマ AERAS SMART|351万4909円
●エスティマ AERAS PREMIUM|340万1018円

ということになるわけですが、最上級グレードである「エスティマ AERAS PREMIUM-G」は、この段階で敗退ということにしたいと考えます。
なぜならば、パワーバックドア(イージークローザー・挟み込み防止機能付)が標準装備である点こそなかなか魅力的ですが、その他の装備は「ま、別になくてもいいかな」ぐらいのモノが大半だからです。その意味で超モデル末期の今、わざわざ高いお金を出して最上級グレードを選ぶ意義は薄いと考えるのです。

SMARTとPREMIUMでは選択可能なオプションが異なる


となると、残るは以下の2グレードのみとなりました。
●エスティマ AERAS SMART|351万4909円
●エスティマ AERAS PREMIUM|340万1018円
両者の違いは……本質的な違いはあまりありません。大きく違うのは「装着できるオプション装備の種類が異なる」ということです。
例えば10万2600円のメーカーオプションである「大型ムーンルーフ」はPREMIUMですと選択可能ですが、SMARTだとそもそも選択できません。
逆に8万6400円のメーカーオプションである3列目シートの電動格納機構はSMARTだと選べるのですが、PREMIUMだと残念ながら選択不可です。
このあたりについては「自分にとって必要なオプション装備は何なのか?」ということを冷静に考えれば、各自なりの結論は確実に出るかと思います。

おすすめグレードはこの2つに決定!


ということで結論です。もしもこれから超モデル末期のトヨタ エスティマをあえて買うのであれば、「おすすめグレード」は以下のとおりとなります。
【大型ムーンルーフがどうしても欲しいなら】
●エスティマ AERAS PREMIUM|340万1018円
こちらには例の「パフォーマンスダンパー」が標準装備されていますので、それ以外の必要なオプション装備を各自選択し、そして「大型値引き」を引き出すべく頑張ってください。目標は「50万円引き」といったところでしょうか。

【3列目シートの電動格納機構を重視するなら】
●エスティマ AERAS SMART|351万4909円
ただしこちらはパフォーマンスダンパーが標準装備ではありませんので、オプションとして装着する必要があります。しかし同ダンパーは3万2400円ですので、まぁ安いものです。そしてこちらも同様に「50万円引き」を目標に、商談を頑張ってみてください。
以上2グレードのエスティマを、適切なオプション選択をしたうえで大きめの値引きコミで買うことができたなら、トヨタ エスティマはまだまだ大いに魅力的なミニバンです。特に、オラオラ系の顔つきではないという点がかなり素晴らしいと思います。
気になる方はぜひ、値引き交渉に臨んでみてくださいね。
それではまた来週!
[ライター/伊達軍曹]

BMW X5にオーバーフェンダーをつけるには?その購入方法と注意点前のページ

発売されてから22年。マイナーチェンジを重ねていくごとに進化を遂げてきたレクサス「LX」次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    レクサス随一のエレガンスと色気を兼ね備えた「LC」のリセールバリューは高いのか?

    レクサスLCは、他の国産車にはない、まるで輸入車のようなプレミアム感を…

  2. コラム

    BMWを買うなら。BMWを売るなら

    輸入車買取相場.comではBMWのユーザーによるBMWの購入体験談の掲…

  3. コラム

    解説!BMW X3の純正タイヤはどんな性能を持っている?

    タイヤの知識はタイヤ交換やカスタムに必須!ということで今回はBMW X…

  4. コラム

    「レクサス HS」このモデルはレクサスはもちろんトヨタとしても、歴史に名を残す重要な車

    HSは2009年から2018年まで販売されていたハイブリッドの専用車種…

  5. コラム

    2代目BMW X3(F25)にあったミネラルシルバーについて解説!

    2代目BMW X3(F25)の定番色の一つといえば「ミネラルシルバー」…

  6. コラム

    BMW X1にメッキモールを取り付けたい…でもそれってできるの?

    メッキモールといっても種類が多くあります。窓枠、ドアの縁、ドア下部(ボ…

  1. コラム

    2019年版・500万円以内で狙う3列シートSUV8選!ミニバンからの買い替えを…
  2. コラム

    福島県の車事情・車買取店についてご紹介!車文化が根付く福島県で車を買取ができる店…
  3. コラム

    アウディA4アバント1.8T(B8)を購入しました体験談
  4. コラム

    中古のベンツは年式の違いによる車の装備の違いに注意
  5. コラム

    プジョーを買取に出す際のおすすめセールスポイントをご紹介!(306〜309編)
PAGE TOP