疲れない輸入車ってなに?

過日、筆者の脳はどこかからやってきたデンパを受信した。

デンパいわく「長距離運転しても疲れない車を探しています。

噂によるとフランス車はシートの出来が良いため疲れにくいらしいですが、それは本当でしょうか?」と。

「ある意味本当です」と、筆者はデンパに対して独り言でブツブツと返答した。デンパに対して大マジメに返答するのも我ながらどうかと思うが、まぁ行きがかり上しかたない。で、続けて答えた。

「しかしそうとばかりとも言えないのが、“疲れない車選び”の実相です」

説明しよう。たしかにフランス車のシートというのは基本的にかなり良くできているが、長距離を車で移動する際の「疲れにくさ」というのはシートだけで決まるものではない。

極端な話、世界最高のシートを備えていたとしても、排気量660ccの軽自動車で東京〜大阪間を往復するのは地獄である。

結局のところ疲れにくさというのは、シートうんぬんではなく「どれだけ運転が楽ちんか?」という総合的なアレで決まるのだ。

では「運転が楽ちん」というのは、具体的にはどういうことか?

一つのポイントは「ある程度速い」ということだ。高速道路を馬鹿みたいに飛ばす人もいない思うが、しかし車というのはある程度速くないと(というか、その気になれば速いスピードをすみやかに出せる車じゃないと)、運転していてかなり疲れるものだ。

高速道路の合流部などでギュッと加速しようとしても、へろへろへろ……としか加速しない車はストレスの源であり、また危険でもある。車やある程度速いほうが快適で安全なのだ。

そして第二のポイントは「真っ直ぐ走るのがラク」ということだ。「真っ直ぐ走れるなんて当たり前じゃん?」という人もいるかもしれないが、わたしから言わせればド素人である。世の中には真っ直ぐ走らないというか、真っ直ぐ走るのがあまり得意ではない車も結構あるのだ。

たとえばかなりスポーティな味つけがされている車は、ステアリングにちょっと触れただけでビュッと向きを変える。それはスポーツ走行をするときには好ましい資質となるわけだが、東京から大阪とかに行こうとする際は正直たまったものではない。

ちょっと気を抜くと右に50cm、かなり気を抜くと左に1m寄る……というような敏感すぎる車では、東京料金所から100kmも走ったあたり(御殿場ぐらい)ですでに疲れてしまう。

長距離を疲れずに運転するには、ステアリングの中立付近はある程度(あえて)鈍感で、しかしステアリングを切っていけばフツーに敏感に反応する……というのが最高なのだ。

以上2つのポイント、すなわち「ある程度速くて」「真っ直ぐ走るのがラク」という条件を満たす車は何になるだろうか?

さまざまな答えが考えられるが、筆者が思う正解は「メルセデス・ベンツ」だ。

けっこう速く(そして前の人が進路を譲ってくれたりもするし)、そして真っ直ぐ走るのは伝統的に大の得意。 デカいSクラスやEクラスであれば特に最高に疲れにくいが、やや小ぶりやCクラスであっても全然余裕である。

けっこう速く(そして前の人が進路を譲ってくれたりもするし)、そして真っ直ぐ走るのは伝統的に大の得意。

「ベンツに替えてから高速道路の運転がラクになったわ〜」という奥さまが多いが、具体的にはこういった2つの理由により、メルセデス・ベンツに乗ると「高速がラク」と感じられるのだ。

とはいえ、昔のメルセデスは「真っ直ぐ走るのが大の得意(ステアリングの中立付近があえてダルにセッティングされている)」という車だったが、最近のそれは実はBMWやアウディなど同クラスのドイツ車と比べて大差はない。

メルセデスを含むすべてのドイツ車が比較的スポーティな(敏感な)ハンドリング特製に変わってきたからだ。とはいえ、今でも微妙にメルセデスのほうが真っ直ぐ走るのはラクであると、筆者は確信している。微妙にだが。

ということで、冒頭のデンパへの回頭は「メルセデス・ベンツをお選びになるがよろしいでしょう。

最新のデカいやつがいちばんですが、なかなかそうもいかないでしょうから、1世代前の中古Cクラスで十分です。ボディタイプはセダンでもステーションワゴンでもどっちでも構いません。

わたしなら、先代のCクラスワゴンを買うかな? それではごきげんよう」ということになる。

そして買ったCクラスワゴンに、フランス車のシートを移植するだろう(や、実際には面倒くさいからやらないだろう)。

以上である。敬礼。

今の車を買取査定するなら

ベンツを探すなら


関連リンク

ベンツの中古車探し

車種別年式別輸入中古車の選び方

免責事項

このサイトは、輸入車中古車買取相場に関する正確な情報をできる限り伝えるように配意しておりますが、サイト管理者の調査・経験等を基に作成しているものであるため、このサイトの情報すべてを保障するものではありません。 また、このサイトを利用したことによる間接的、あるいは直接的に生じた、いかなる損害においても、当方では一切責任を負い兼ねますのでご了承ください。

運営者情報

サイト運営者について