専門店だから
買取相場に詳しい
いすゞ アスカCX
売却・買取相場がすぐわかる

ユーズドカーラボが
選ばれる3つの理由

  • 専門店だから詳細も把握

    国産車専門店だから詳細も把握

    創業20年以上のジャンル特化買取専門店。一括査定とは違う国産専門店だけの高額査定。あらゆる国産メーカー・ジャンルの特徴・セールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定。

  • 最新相場を熟知

    最新相場を熟知

    専門買取のノウハウがあるから、リアルタイムで相場を把握。相場に上乗せして高額査定。激戦区のミニバン・SUVカテゴリーにもしっかりと対応。

  • しつこい営業・二重査定一切ナシ

    しつこい営業・二重査定一切ナシ

    1社限定で対応。一括査定ではないのでしつこい営業やよくある二重査定(査定後の査定額減額交渉)一切ナシ。

安心できる
5つのポイント

  • 1社限定での対応!01

    1社限定での対応!

    一括査定ではないので、社会問題にもなっている鳴り止まない電話は一切なし!

  • 二重査定は一切なし!02

    二重査定は一切なし!

    契約後の再査定での減額、価格変更は一切ありません。

  • 不当なキャンセル料の請求なし!03

    不当なキャンセル料の請求なし!

    契約後にキャンセルをした場合も不当なキャンセル金請求はありません!

  • JPUC加盟店なので安心!04

    JPUC加盟店なので安心!

    車の買取業界の自主規制団体であるJPUC加盟店なので、安全安心でクリーンな買取!

  • 日本全国無料で出張査定!05

    日本全国無料で出張査定!

    例え遠方でも出張費は全て自社負担!全国どこへでもスケジュールに合わせて伺います!

(一般社団法人自動車購入協会)車売却消費者相談室

愛車アスカCXの買取価格に満足していますか?

アスカ自体は1983年から販売されていますが、CXは1990年に登場しました。CXとなった時にスバルのレガシィがOEM供給車となっているので、いすゞでは初めての自社生産を終了となりました。もう一ついすゞで初めてなのがFF方式である乗用車であることです。ほぼそのレガシィと同じですがエンブレムとISUZUが入ったリアガーニッシュとブラックのウィンドウモールがアスカの特徴ではあります。アスカ自体マイナーな車ではありますが、CXは特にマイナーです。エンジンは直列4気筒SOHCで排気量は1,800ccと2,000ccの2種類がありますが、ディーゼルエンジンも用意されていました。特徴的だったのがインタークーラー付きのターボディーゼルで、当時はそれで話題となりました。車体が約1,000kgというのもありゼロヨン15.3秒という、当時の世界最速値を叩き出しました。また変速は5速MTと3速ATに、後にいすゞ独自である5速ATのNAVi5も登場したことで注目を浴びました。

アスカCXの買取相場について

かなりの希少車で、中古車市場でも見かけたとしても価格が応談であることが多いです。そのため買取価格もかなり設定が難しいところではありますが、査定額に大きく影響してくるのは事故歴や修理歴と走行距離になってくると思います。買取価格:約3万円〜40万円(2018年12月時点)

アスカCXの買取や売却のポイント

中身はレガシィではあるのですが、上記の通りアスカCXならではの性能も盛り込まれています。ただエクステリアは違いがほぼないので、中にはエンブレムを外してレガシィのふりして走っているというオーナーもいるようです。存在を知らないなんて人もいるかもしれませんが、現在数少ないオーナーにとってはそれも満足感の一つのようです。かなり珍しい存在になってきているので、人と違うセダンに乗りたいという方にもおすすめです。

無料査定のお申し込み

無料査定依頼フォーム
入力最短22秒!今スグお気軽に!

    愛車について

    • メーカー名
    • 車種名
    • 年式
    • 走行距離(km)

    お客様について

    • お名前
    • 電話番号
    • e-mail
    • 郵便番号
    • 都道府県
    • 住所詳細

    ※一社限定での対応で鳴り止まない電話はなし、また3密を避け適切な環境・衛生管理のもと査定対応を行っています。
    中古車について全国の需要を熟知している、以下買取専門店で対応いたします。