車に興味がない妻を説得して輸入車コンパクトカーを手に入れる方法は?

皆さんは、好きな輸入車を購入するために何かを我慢したり、犠牲にしてしまった・・ということはないですか?

極端な言い方をすると、好きな輸入車のために犠牲にしたものは「輸入車の生贄」に捧げたともいえます

今回の話は、輸入車コンパクトカーがほしいあまりにという鉄男さん(年収480万円・31歳)が結婚指輪を質入れ(生贄)にしてまで輸入車を購入しようかと考えたけど (車に興味のない妻)との関係を気になるのでどう奥さんを説得するか悩んでいる話です。

ということで輸入中古車400勝サイトや日刊カーセンサーへの投稿でおなじみの伊達軍曹さんから寄稿いたただきました。

過日、またもやわたしのEメール受信箱に中古輸入車の購入に関する相談が舞い込んだ。無料の中古車よろず相談所を開設した覚えはないのだが、まぁ袖すり合うも他生の縁ということで仕方ない、お答えしよう。相談内容は以下のとおりだ。


「小生は31歳のリーマンで、妻がおります。額面年収は480万円とごくフツー。そんな小生は今、国産コンパクトカーから輸入コンパクトカーへの乗り替えを熱望しております。

正直、貧乏くさい国産コンパクトには飽々なのです。候補としてはそれぞれ現行モデルのM・ベンツAクラスかBMW1シリーズ、アウディA1です。生活に余裕があるわけではないので金銭的には少々大変ですが、わたしとしては『結婚指輪を質入れしででも!』と真剣に考えている次第。

しかし問題は妻の反対です。

『今のクルマがまだ壊れてないのに買い替えとか、意味わかんない』

『輸入車なんてウチには分不相応』

『結婚指輪を質入れとか、アタマおかしいんじゃない? 死ねば?』

と散々です。

……結婚指輪を質入れするのはさすがにマズイでしょうか? (埼玉県・鉄男)」


まぁ正直、輸入車とはいえコンパクトカーごときで「結婚指輪を質入れしてでも!」というのは大げさすぎると思うし、そもそもコンパクトカーの購入ぐらいでウダウダ迷っている程度の男の結婚指輪など、失礼ながら質に入れても頭金にすらならないだろう。

輸入車の購入資金になるほどの立派な結婚指輪をお持ちであるならば、そもそもこんなチンケな問題で悩むはずもない。

ていうか結婚指輪、婚約指輪は人生における大切なモノの一つだ。馬鹿なことは言わずに持っていなさい。ハメなくてもいいから、持ってなさい。

さて鉄男よ(←いきなり呼び捨て)。

君も馬鹿ではないのだから、この問題の本質は結婚指輪やお金にあるのではなく、

「輸入車に興味がない妻をどう説得するか」という点にあることはすでにおわかりだろう。

結論から申し上げるが、無理だ。円満な説得などできないのだ。

【妻を説得して輸入車を購入できる可能性の模索その1】

君の妻が理屈で説得して納得する女であるならば、もう納得しているはず。しかし現状、納得していないのだろう? ということは今後も無理だ。円満な説得はあきらめなさい。 君の妻が「見栄」の側面から輸入車がある生活に魅力を感じる女であるならば、もう賛同しているはず。しかし現状、賛同していないのだろう? ということは今後も無理だ。円満な説得はあきらめなさい。

【妻を説得して輸入車を購入できる可能性の模索その2】

とはいえ君の妻も、わたくしの自宅の近所(東京都目黒区の某所)に引っ越してくれば、いろいろと触発されて「ウチも輸入車にしなくちゃ!」と眼の色を変える可能性はある。なにせわたくしの家のあたりは輸入車率70%超だからね。まぁ70という数字はテキトーだが、とにかく「輸入車にあらずんばクルマにあらず」みたいな街なんだよ。鉄男家をそういった場所に転居させてみるのも一つの手ではあるだろう。

しかしこれも机上の空論だ。埼玉県から目黒区に引っ越すほどの金があるならば、そんな面倒なことしないでとっとと輸入コンパクトを買ってしまえばいいのだから。とにかくこのプランも無理だ。あきらめなさい。 とにかく君の細君は輸入車に、というかクルマに、興味がないのだ。

ゼロなのだ。ゼロに何を掛けたところでゼロなのだ。

男と女の興味の差とは何か?

男と女の興味の差を探るためではないが、つい先日わたくしは東京都下の高尾山を登山してみた際、あらためて驚愕したものだ。

登山中はさまざまな者らと登山道ですれ違ったり同方向へ歩いたりするわけだが、そこで出会う女同士のグループの99.99999%は、ずううううううううっと「恋愛の話」をしているのだ。

ずうううううううううっと、である。

やれ「最近飲み会で会った人とLINEでどうの」とか「バイト先の店長がカッコ良くてこうの」とか、中年の女性らは「同窓会で久しぶりに会った誰それ君がどうの」とか「韓流ドラマの誰それがこうの」と、ずううううううううううっと、延々と「恋愛の話」をしている。 大変気持ちのよい登山道において、わたくしのように空の蒼さのロマンチシズムや日本経済の先行き、あるいは「今すれ違ったあの女、いい乳しとるやんけ」などということは一切考えず、とにかく「恋愛」なのである。知ってはいたことだが、過日の高尾山では改めて驚愕したものだ。

今回の鉄男の失敗は、例えば恋愛なるものに今やさほどの興味がないわたくしに対して、延々と「恋愛の話」を繰り返したようなものだ。

そんなものはどうでもいいし興味もないから、日本経済の話か、オレ個人の金につながる話をしてくれ。社内の権力闘争についてでもいいし、あるいは女の乳の大きさに関する話でもいい。それがわたくしであり、それが男だ。 なのに君は延々と恋愛の話を繰り返し、しまいには結婚指輪がどうのこうのと言い出す。

……君の細君じゃない私だって「アタマおかしいんじゃない? 死ねば?」と思うさ。

車に興味がない妻を説得して輸入車コンパクトカーを手に入れる方法その2につづく

関連ページ

関連ページ

ベンツAクラスのオススメの年式
アウディA1のはじめての選び方
BMW1シリーズのはじめての選び方

今の車を買取査定するなら

はじめての輸入車を探すなら

輸入車の買取は国産車とは違う?

免責事項

このサイトは、輸入車中古車買取相場に関する正確な情報をできる限り伝えるように配意しておりますが、サイト管理者の調査・経験等を基に作成しているものであるため、このサイトの情報すべてを保障するものではありません。 また、このサイトを利用したことによる間接的、あるいは直接的に生じた、いかなる損害においても、当方では一切責任を負い兼ねますのでご了承ください。