プジョー

プジョーを買取に出す際のおすすめセールスポイントをご紹介!(405~407編)

今回はプジョー 405~407シリーズまでのモデルの特徴、おおよその買取相場、おすすめセールスポイントのご紹介をしていきます。もし紹介する車を所有されている方は、売却の際のご参考になれば幸いです。

プジョー 405の特徴


参照元:ウィキメディア

本国では1987年、日本では1989年から販売が開始された405。車体デザインは世界的にも有名なピニンファリーナが手がけ、当時としては先進的なデザインに仕上がりました。1988年には、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーに輝き、プジョーでは2台目の受賞となりました。2.0L 直列4気筒のエンジンを搭載し、120馬力と150馬力を発生します。また、サスペンションは前がマクファーソンストラット式、後がレーリングアーム式でフランス車らしい上質な乗り心地も特徴の一つです。

405の買取相場

405は流通量が少なく、セダン、ワゴンの「ブレーク」ともにお目にかかることはなかなかないため、具体的な買取相場を出すのは難しいとされています。しかしそれだけのレア車ということで、高値で売れるという可能性も十分見込まれます。

プジョー 405のセールスポイントとおすすめグレード

販売終了から20年以上たった現在でも色褪せないデザインはさすがピニンファリーナデザインといったところ。高いポイントになりそうです。グレードに関しましては、スポーツモデルである「MI16」がセールスポイントで、それなりの高値であると見込まれます。また、その他のグレードも、状態の良い個体であれば、そこそこの高額査定となることもあります。

おすすめグレード:「MI16」など

プジョー 406の特徴


参照元:ウィキメディア

映画「TAXi」シリーズにも登場したことで知られる406は、日本では1996年から販売された、405の後継モデルです。セダンのほか、ステーションワゴンの「ブレーク」や「クーペ」も販売されていました。スタイリッシュでありつつも実用性を重視のあるデザイン。さらにクーペはピニンファリーナがデザインを手掛け、さらにスタイリッシュに仕上がりました。エンジンは2.0L 直列4気筒がベースで、のちに3.0L V型6気筒、2.3L 直列4気筒が追加され、多彩なグレードがあるのも特徴です。

プジョー 406の価格相場

406の価格相場は、タイプによって差が出ます。ベースとなるセダンは安値傾向になっており、「ブレーク」に関しましても格安傾向となっています。ただし状態の良い車であれば、そこそこの価格がつく可能性もあります。一方、「クーペ」はほかの2タイプよりも高くつく場合が多いです。

プジョー 406のセールスポイントとおすすめグレード

有利となるのは、やはり3.0L V型6気筒のエンジンを搭載するグレードとなります。また、同じエンジンでも、年式によって馬力など性能が違い、こういった細かい差も買取価格に影響する場合があります。高年式のセダンや「ブレーク」にある「V6」や、「クーペ」モデルが高値になる可能性が高いでしょう。特にクーペモデルは、機能も充実していますので、セールスポイントになると見込まれます。

おすすめグレード:セダン、「ブレーク・V6」、「クーペ」

プジョー 407の特徴


参照元:ウィキメディア

406からの後継で、フラッグシップモデルに位置する407。ベーシックのセダンとクーペ、そしてワゴン「SW」の3タイプが用意され、日本では2005年から2011年まで販売されていました。高級感あふれるスタイリッシュなデザインが特徴です。エンジンは2.2L 直列4気筒と3.0L V型6気筒が搭載され、2.2Lモデルは163馬力、3.0Lモデルは210馬力とやや控えめながら、ボディバランスや固めのサスペンションと相まって非常にスムーズで気持ちの良い走りを堪能することができます。

プジョー 407の買取相場

フラッグシップモデルであった407シリーズですが、現在売ってみると、期待した価格よりも低いということが多いかもしれません。タイプによって差が出てくることはありますが、年式の差はあまりないと考えられます。ただし、走行距離が低く、コンディションの極めて良い車両であれば、相場を超える高額査定が出ることもあるかもしれません。

プジョー 407のセールスポイントとおすすめグレード

「407クーペ」は、プレミアムモデルというだけあって他のタイプよりも高額査定になる確率が高いです。また、前述のように年式やグレードよる差はそこまでありません。逆に言えば、下位グレードの2.2Lエンジンのグレードでも、個体の状態が良ければ高値になる可能性も高まります。そしてオプションが付いているかによっても左右されます。所有されている車がどのようなオプションが付いているか、もう一度しっかり確認しておきましょう。

おすすめグレード:「407クーペ」

まとめ

ここまでプジョー 405~407シリーズの買取ポイントについてご紹介しました。なるべく高い値段で売却するためにどのモデルでも共通して言えることは、いかに車両のコンディションを整えているかが重要であるということです。普段から愛車はお掃除、定期的な点検などを行って大事に所有するようにしましょう。

外車王では、輸入車買取相場.comをお読みの皆様へ、「憧れの輸入車アンケート」を実施いたしております。
2問のだけの選択式設問ですので、10秒程度でご回答いただけます。
※選択肢は30以上の輸入車メーカーをご用意いたしました。
皆様のお声は記事作成やサービス改善に生かして参ります。 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

外車王15秒アンケートのお願い

関連記事

  1. プジョー

    【解説】プジョーのおすすめ買取店と高額買取できるお店を探すポイントとは?

    現在所有されているプジョーも、いずれ売却する時がくるかもしれません。中…

  2. プジョー

    次の乗るおすすめ輸入車中古車はプジョー207がおすすめです

    プジョーの大人気車種プジョー207についてです。居住性について…

  3. プジョー

    プジョーを買取に出す際のおすすめセールスポイントをご紹介!(205〜208編)

    今回はプジョー 205~208シリーズまでのモデルの特徴、おおよその買…

  4. プジョー

    次の乗るおすすめ中古車はプジョーRCZがおすすめです

    プジョーの大人気車種プジョーRCZフランス車のエスプリが感じられる…

  5. プジョー

    プジョーを買取に出す際のおすすめセールスポイントをご紹介!(306〜309編)

    今回はプジョー 306~309シリーズまでのモデルの特徴、おおよその買…

  6. プジョー

    プジョーを買取に出す際のおすすめセールスポイントをご紹介!(508、605、607、RCZ編)

    今回はプジョーの508、605、607、RCZの特徴、おおよその買取相…

  1. BMW

    BMW Z3のオーディオ交換方法を解説!自分で交換はできる?
  2. BMW

    BMW Z3のワイパー用品も定期的な交換が必要!その理由は?
  3. BMW

    BMW X3のグリルの種類と交換方法について解説!
  4. 中古車店舗

    ルノーに強いオートスタイル自由が丘を見学
  5. BMW

    はじめてのBMW3シリーズの中古車の選び方
PAGE TOP