専門店だから高く売却ボルボXC70の買取相場価格・買取専門店 専門店だから高く売却ボルボXC70の買取相場価格・買取専門店

専門店だから
高く売却
ボルボ
XC70

買取相場価格・買取専門店

ボルボ XC70
現在買取相場

専門店が出すボルボ XC70
の最新買取相場

MAX266万円

※実際の査定額を保証するものではありません

ユーズドカーラボが
選ばれる3つの理由

  • 専門店だから詳細も把握

    専門店だから詳細も把握

    創業21年のジャンル特化買取専門店。一括査定とは違う専門店だけの高額査定。あらゆるメーカー・ジャンルの特徴・セールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定。

  • 最新相場を熟知

    最新相場を熟知

    専門買取のノウハウがあるから、リアルタイムで相場を把握。相場に上乗せして高額査定。激戦区のミニバン・SUVカテゴリーにもしっかりと対応。

  • しつこい営業・二重査定一切ナシ

    しつこい営業・二重査定一切ナシ

    1社限定で対応。一括査定ではないのでしつこい営業やよくある二重査定(査定後の査定額減額交渉)一切ナシ。

ボルボ XC70の買取相場一覧

グレード名 年式 買取価格相場
T6_AWD 2015年 〜¥2,662,500
T6_AWD 2012年 〜¥1,750,500
T6_AWD_SE 2012年 〜¥1,575,600
オーシャンレースエディション 2012年 〜¥1,352,300
T6_SE_AWD 2011年 〜¥1,324,800
T6_AWD_SE 2011年 〜¥1,256,600
T6_SE_AWD 2009年 〜¥812,200
3.2SE_AWD 2009年 〜¥772,500
オーシャンレースエディション 2008年 〜¥735,000
3.2SE_AWD 2008年 〜¥664,600
3.2SE_AWD 2007年 〜¥563,400

実際の査定額を保証するものではありません

ボルボ XC70の買取相場履歴

※実際の査定額を保証するものではありません

        

安心できる
5つのポイント

  • 1社限定での対応!01

    1社限定での対応!

    一括査定ではないので、社会問題にもなっている鳴り止まない電話は一切なし!

  • 二重査定は一切なし!02

    二重査定は一切なし!

    契約後の再査定での減額、価格変更は一切ありません。

  • 不当なキャンセル料の請求なし!03

    不当なキャンセル料の請求なし!

    契約後にキャンセルをした場合も不当なキャンセル金請求はありません!

  • JPUC加盟店なので安心!04

    JPUC加盟店なので安心!

    車の買取業界の自主規制団体であるJPUC加盟店なので、安全安心でクリーンな買取!

  • 日本全国無料で出張査定!05

    日本全国無料で出張査定!

    例え遠方でも出張費は全て自社負担!全国どこへでもスケジュールに合わせて伺います!

(一般社団法人自動車購入協会)車売却消費者相談室

愛車XC70の買取価格に満足していますか?

ボルボXC70はボルボのステーションワゴンV70のクロスオーバーSUVです。2002年からボルボV70XCとして販売されてきましたが、2003年モデルからは車種名をXC70に改めて販売。最低地上高を上げ、大径タイヤを履かせ、前後バンパーやホイールアーチには樹脂製のガード、ルーフレールなど専用装備を装着。2007年にフルモデルチェンジを行い2代目となりました。初代と同様に地上高を上げ専用装備が与えられ、シンプルな北欧デザインのインテリアになりボルボらしく進化しました。2017年、後継モデルV90クロスカントリーが登場したため生産を終了しました。

XC70の買取相場について

ボルボXC70は現在100台弱の台数が出回っています。市場の動向としては年式と走行距離が買取額に影響しているようです。グレード別では2.5Lモデル「T5」の人気が高く、次いで3.0Lターボエンジンを搭載する「T6」、「3.2」の順になっています。装着装備の充実度によって買取額に多少の前後が出ているようです。世代別での買取額の差はさほど見受けられません。ボルボXC70は特別仕様車や限定車をリリースしていますが台数が限られている限定車や特別仕様車は同年式・同走行距離のノーマルモデルよりも高く買い取られています。ボディカラーではホワイトとブラックの人気が高く高価格帯に位置している傾向が見られます。

買取相場:約15万円~300万円以上(2018年12月現在)

XC70の買取や売却のポイント

ボルボXC70は2002年から販売されていたボルボV70XCから改名された名称です。改名と同時に年次改良が行われ、エンジンの排気量を2.4Lから2.5Lへアップ、出力と燃費が向上しました。車種名からもわかるようにベースとなっているのはボルボのステーションワゴンV70。XC70ではロードクリアランスを55mm上げ215mmまでリフトアップ。ボディサイズはベースよりもひとまわり大きく全長4,735mm全幅1,860mm全高1,560mmになりましたが扱いにくいサイズではなく駐車場にも困ることのないサイズに収まっています。このサイズアップの要因は樹脂製のバンパーやモールによるもの。このドレスアップで力強さとSUVらしさを強調しています。インテリアは北欧ならではの機能的で包み込まれる感覚になるデザイン、センターコンソール助手席側にはXC70専用のフロントセンターハンドルグリップを装備、オフロードでも体を支えられるようボルボらしい安全の考え方が感じられます。ユーティリティはステーションワゴン譲りで居住性と積載性は問題ありません。2007年、フルモデルチェンジが行われ2代目へ移行します。基本的には初代と同じようにステーションワゴンのボルボV70をベースに最低地上高をリフトアップ、専用ドレスアップ、エンジンは直列6気筒に変更しボンネット内に横置きにしています。万が一衝突したときに歩行者の保護やキャビンにエンジンが刺さらないようボルボの安全哲学が感じられる部分。インテリアは水平基調になり流れるように湾曲するセンターコンソール、シルバーの可飾が落ち着いた雰囲気とスカンジナビアデザインらしさを感じます。生産終了までにエンジンバリエーション(3.0Lターボ、2.0Lターボ)の追加、特別仕様車や台数限定車などをリリースしながら2017年まで生産されました。使い勝手はステーションワゴン譲りで良好。新世代になる前からボルボの安全哲学が盛り込まれた安全性の高いクロスオーバーSUVです。後継車種になるボルボV90クロスカントリーが登場するまでの間ラグジュアリークロスオーバーSUVとしてのポジションをキープしてきたモデルがボルボXC70です。ボルボの車作りや安全に関することまで熟知しているSUVラボへぜひお問い合わせください。

無料査定のお申し込み

無料査定依頼フォーム
入力最短22秒!今スグお気軽に!

    愛車について

    メーカー名
    車種名
    年式
    走行距離

    お客様について

    お名前
    電話番号
    e-mail
    郵便番号
    都道府県
    住所詳細


    ※一社限定での対応で鳴り止まない電話はなし、また3密を避け適切な環境・衛生管理のもと査定対応を行っています。
    中古車について全国の需要を熟知している、以下買取専門店で対応いたします。