専門店だから高く売却フォードブロンコの買取相場価格・買取専門店 専門店だから高く売却フォードブロンコの買取相場価格・買取専門店

専門店だから
高く売却
フォード
ブロンコ

買取相場価格・買取専門店

ユーズドカーラボが
選ばれる3つの理由

  • 専門店だから詳細も把握

    専門店だから詳細も把握

    創業21年のジャンル特化買取専門店。一括査定とは違う専門店だけの高額査定。あらゆるメーカー・ジャンルの特徴・セールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定。

  • 最新相場を熟知

    最新相場を熟知

    専門買取のノウハウがあるから、リアルタイムで相場を把握。相場に上乗せして高額査定。激戦区のミニバン・SUVカテゴリーにもしっかりと対応。

  • しつこい営業・二重査定一切ナシ

    しつこい営業・二重査定一切ナシ

    1社限定で対応。一括査定ではないのでしつこい営業やよくある二重査定(査定後の査定額減額交渉)一切ナシ。

安心できる
5つのポイント

  • 1社限定での対応!01

    1社限定での対応!

    一括査定ではないので、社会問題にもなっている鳴り止まない電話は一切なし!

  • 二重査定は一切なし!02

    二重査定は一切なし!

    契約後の再査定での減額、価格変更は一切ありません。

  • 不当なキャンセル料の請求なし!03

    不当なキャンセル料の請求なし!

    契約後にキャンセルをした場合も不当なキャンセル金請求はありません!

  • JPUC加盟店なので安心!04

    JPUC加盟店なので安心!

    車の買取業界の自主規制団体であるJPUC加盟店なので、安全安心でクリーンな買取!

  • 日本全国無料で出張査定!05

    日本全国無料で出張査定!

    例え遠方でも出張費は全て自社負担!全国どこへでもスケジュールに合わせて伺います!

(一般社団法人自動車購入協会)車売却消費者相談室

愛車ブロンコの買取価格に満足していますか?

1966年から1999年まで製造されていた歴史の長いモデルで、現在は2020年に復活するという話でもちきりのモデルです。もともとは小さなSUVとしてスタートして、ジープのCJモデルやチェロキー、スカウトなどをライバルに作り上げられたモデルです。小型でホイールベースもそんなに長くなかったのでオフロードに持ってこいでした。車体がオリジナルの設計だったので、モデルそのものの個性を持っているのも特徴です。はじめはアメリカでも人気でしたが、やはりちょっと車体が小さいのとシボレーのブレイザーが誕生してからはラグジュアリーなSUVもどんどん出てきて、ブロンコはニーズに合わなくなってきたので売り上げが落ちてきてフルモデルチェンジをせざるを得ませんでした。一番最新型は1992年から1996年まで販売されていた5代目で、見た目も先代より角が取れて当時風のエクステリアになりました。長方形のカクカクしたスピンドルグリルが特徴で車体も角ばっており車内が広くとられています。もう20年ほど前に販売終了しましたが、2017年にフォードが2020年にブロンコが復活すると発表しており、日本に入ってくることはないと思われますがブロンコが新たにどんな歴史を刻んでいくのかは楽しみなところです。

ブロンコの買取相場について

現在一番新しくても99年式なので、査定額は低くいのではないかと思われるかもしれませんが、年式のわりには意外に高めです。と言いましても今はかなり現存台数が少なく、中古車市場でもそれは顕著で希少車に近づいているからです。そして年式が古ければ安いのかというとそうではなく、1960年から1970年代あたりがブロンコのトップの高額査定に躍り出ています。今ではもう見られないようなエクステリアで、この時代の車という顔はもちろんしているのですが、少しクラシックカーよりのような味があって、いい意味でレトロな雰囲気を醸し出しており、逆に高額の査定が出るという逆転現象が起こっています。その時代のものであれば走行距離ももはや分からない状態だとは思いますが、そういう問題を払拭するほどの価値が付くということです。中古車市場でも70年代のものは金額が応談になっていることが多くなってきています。1991年に発売された25周年記念モデルも数がかなり少ないので、高査定が期待できそうです。シルバーのボディに、グレーのインテリアで統一されたシックな雰囲気は、それはそれでいかつい顔と不思議とマッチングしています。

買取価格:約5万円~250万円(現在2018年12月現在)

ブロンコの買取や売却のポイント

このような形状の車は特にアメリカ車には多いですが、なんといっても他のモデルでは見られない無骨になりすぎていない少しお洒落な雰囲気も漂っており、女性でも乗りやすいエクステリアになっています。女性から、ブロンコなら乗れる!なんて声も聞かれます。迫力はあるのですが絶妙な色気を感じるので、センスの高さが感じられます。高査定の秘訣としては、ボディカラーはイエローやブラック、骨董品的な位置づけで初代モデル、インテリアでは本革シート、ウッドパネルなどが挙げられます。初代モデルは今では絶対見られないような独特な顔をしており、角ばったエクステリアの中にかわいらしい丸いフロントライトが効いています。絶対とは言い切れませんが、200万円台の査定額は基本的に初代モデルだと思ってもらってよいかと思います。70年代の車なんて絶対売れないと思う方もいらっしゃるでしょうが、それで廃車や下取りに出してしまうのはもったいないです。長い期間乗ってこられたということなので今まで故障してきたり状態があまりにも悪く価格がつきにくいこともあるかもしれませんが、せっかくそのような貴重な愛車なのでまずは査定に出して価格を知ってから今後どうするか考えても良いかと思います。維持費も相当なものでしょうが、それを上回る希少性と魅力がこの車にはあります。そこまで年式が高いと逆に10年落ちとか、10万kmについて悩むこともないので、売却するかどうかはゆっくり考えられたら良いかと思います。割合という点ではブラックの方が多く見られますが、貴重さでイエローも高査定に結び付きやすいです。上半分下半分で違う色というのも、ブロンコには雰囲気が合っているようで多々見かけるので良いかもしれません。

無料査定のお申し込み

無料査定依頼フォーム
入力最短22秒!今スグお気軽に!

    愛車について

    メーカー名
    車種名
    年式
    走行距離

    お客様について

    お名前
    電話番号
    e-mail
    郵便番号
    都道府県
    住所詳細


    ※一社限定での対応で鳴り止まない電話はなし、また3密を避け適切な環境・衛生管理のもと査定対応を行っています。
    中古車について全国の需要を熟知している、以下買取専門店で対応いたします。