BMW

それぞれの役目に合ったBMW X1用のラゲッジマットを見つけよう!

BMW X1をアクティブに使う場合も多くあるでしょう。そのときにあると嬉しい装備がラゲッジマットですが、ラゲッジルームだけに敷くマット、リアバンパーまでカバーする折り畳み式の長いラゲッジマット、エッジが立っているラゲッジマットなど多彩なバリエーションがあります。今回はそんなBMW X1用のラケッジマットについて見ていきます。

BMW X1のラゲッジマットにはどんな素材がある?

ラゲッジマットの素材はフロアマットと同じ絨毯のような起毛タイプ、ラバータイプ、カーボンタイプなど素材が様々です。用途や使用環境によって素材を選ぶことが大切です。

ホシ君:キャンプなどのアウトドアが多ければラバーがいいですね。水洗いができるメリットもあります。
ビーエム博士:荷物の出し入れを頻繁に行うなら長いタイプがオススメ。リアバンパーをキズつけずに済みます。

純正と社外、BMW X1にはどちらのラゲッジマットが良いのか

ラゲッジマットは純正オプションのラインナップと社外品のラインナップがあります。純正オプションはBMW正規品ということもありフロアマットと合わせると統一感があります。社外品は耐久性が高い素材を使っていたり性能に特化していたりするメリットがあります。




ビーエム博士:ハードに使うのであれば耐久性の高い素材を使ったラゲッジマットを選びたいですね。
ホシ君:貴重品や精密機器などを運ぶなら毛足の長いフワッとしたラゲッジマットにしたいです!

まとめ

ラゲッジマットは広いラゲッジルームを持つBMW X1には必需品といえるマットです。特にアウトドアが多いケースは必須アイテム。使い方や積載する荷物に応じてラゲッジマットの素材や形状を選ぶと良いでしょう。

よくある買取相場より5万~200万円以上高く売れる!

外車王ならあなたの車を高価買取できます。全国どこへでも即対応。大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車も得意です。しつこい営業電話は一切ありません。まずはお気軽に無料査定をご依頼下さい。

cta

関連記事

  1. BMW

    徹底解説!BMW X3のルーフキャリアはどんなものが販売されている?

    BMW X3のようなSUVはアウトドアに使えるのも魅力です。そんなとき…

  2. BMW

    走行中でもテレビが見れる?テレビキャンセラーでBMW X3をさらに便利に!

    テレビキャンセラーは、走行中に視聴することができないテレビ放送を観られ…

  3. BMW

    BMW Z3の純正ホイールについて解説!扁平率の違いで性能はどう変わる?

    BMW Z3に装着されている純正ホイールは15インチ~17インチです。…

  4. BMW

    BMW X1のキャリアのメリット。アタッチメントとボックスがあれば装着できる!

    BMW X1はコンパクトSUVであるためラゲッジスペースは限られていま…

  5. BMW

    力強くてワイド。BMW X1のグリルについて解説!

    BMW X1のグリルはBMWを象徴するキドニーグリル。このグリルは車種…

  6. BMW

    日本車にはあまり見られない、BMW X1のワイパー構造とは?

    雨の日に必要なワイパー。国産車からBMW X1に乗り替えてすぐの時ウイ…

  1. 特集記事

    facebookページまとめ|輸入車メンテのこつ
  2. 特集記事

    脳内バランスでポルシェ911とポルシェケイマンを比較する。その2
  3. ポルシェ

    次の乗るおすすめ中古車はポルシェポクスターがおすすめです
  4. 中古車店舗

    神奈川にあるアメリカ車・逆輸入車の修理工場について
  5. ボルボ

    【解説】ボルボのおすすめ買取店と高額買取できるお店を探すポイントとは?
PAGE TOP