特集記事

輸入車ユーザーのための相続税増税対策とは

相続税の改正がおこなわれ、平成27年1月1日以降からこれまで資産規模が小さいため相続税の課税対象外だった方も、相続税の課税対象になってしまったり、相続税の税率そのものがあがります。

輸入車を愛用している方にとっても無視できない問題です。

「特に、首都圏に家と土地を持っている方にとっては 他の地域に住んでいる方にくらべて、土地の値段が高いため、非常に大きな想像税が課税される可能性があります

輸入車ユーザーのための相続税増税対策とは

相続税が増税される一方、子や孫への贈与に関しては逆にお得にできるような制度があります。 特に教育資金の一括贈与制度の活用がおすすめです

教育資金の一括贈与制度の活用とは

平成25年4月1日から平成27年12月31日までの期間限定ですが お孫さんへの教育資金の一括贈与が大変な優遇措置が受けられます

もらう側1名につき1500万円まで非課税ですので あらかじめこのお孫さんへの教育資金の一括贈与を行うことで 1500万円の相続税の課税対象となる財産を減らすことが出来ます

ただし輸入車はあくまで車ですので教育資金としてそのままお孫さんに 贈与することはできませんので輸入車買取査定による現金化が必要となります

相続税対策を始める時期はいつから?

相続開始前3年以内の贈与は相続税の課税対象になってしまいますのでお子さんやお孫さんに贈与するなら長期的な贈与計画による相続税の節税対策が必要になります。




輸入車はあくまで車ですので教育資金としてそのままお孫さんに 贈与できませんので、車買取査定をして現金化する必要があります。

相続税対策で輸入車を売るなら今がお得です

輸入車は相続の課税対象の財産として大きなものです。もし現在

「輸入車を2台所有していて片方にはあまり乗っていない」

「3年後は、定年退職しているので現在の輸入車に乗る頻度が少なくなりそう」

という方は今のタイミングで輸入車の買取査定依頼をしてみてはいかがでしょうか?

消費税増税の影響もあり今後、車が売れづらくなる見込みをたてる車関連業者が多いため車買取の査定額が低くなる可能性が高いです。

売る・売らないは別にしてまずは今のタイミングで輸入車買取査定をおススメします。

関連記事

  1. 中古車店舗

    レクサスも取り扱っているGe3y’s株式会社(ジェミーズ)を見学

    輸入車専門店の中では珍しく、レクサスも取り扱いのあるGe3y's株式会…

  2. 中古車店舗

    ガリバーの輸入車専門店 リベラーラ世田谷代田店を見学

    ガリバーの輸入車専門店 リベラーラ世田谷代田店を見学してきました。…

  3. 中古車店舗

    アルファロメオ専門のTUCグループ・ガラージュモンツァを見学

    アルファロメオ専門のTUCグループ・ガラージュモンツァを見学してきまし…

  4. 中古車店舗

    フェラーリ専門店コーナーストーンズを見学

    「フェラーリを1000台売った男」などで著名な榎本修さんが社長をつとめ…

  5. 中古車店舗

    カーチス千葉の車展示場を見学

    上場しているカーチスを見学してきました。車の専門店は数多くありますが、…

  6. 中古車店舗

    アドバンスインターナショナルのアメ車専門店を見学

    アドバンスインターナショナルのアメ車専門店を見学してきました。…

  1. フォルクスワーゲン

    はじめてのフォルクスワーゲン・ポロの中古車の選び方
  2. BMW

    BMW X1に装着されるスタッドレスのランフラットタイヤとは?
  3. 特集記事

    ネット通販で輸入車のタイヤを購入する場合の落とし穴
  4. BMW

    BMW X1のスピーカーを交換して音質向上、さらなる快適なドライブを!
  5. キャデラック

    こだわりのある細部シボレーソニック
PAGE TOP