コラム

3列シート・7人乗りのSUVという貴重な存在、トヨタ「ヴァンガード」

それでは今週もさっそく「おすすめSUVのおすすめグレード」に関する研究を進めてまいりましょう。今週のお題は、2007年から2013年まで販売されたトヨタのSUV「ヴァンガード」です。

「3列シート・7人乗りのSUV」という貴重な存在


ヴァンガードは「クルーガー」に代わって登場した中型SUVで、クルーガーがハリアーの姉妹車だったのに対し、ヴァンガードは同時代のRAV4とプラットフォームを共用しています。そしてRAV4より全長を長く採ったことで2列シート・5人乗りのほかに「3列シート・7人乗り」の仕様も用意されたのが特徴となります。
ボディサイズは全長4570mm×全幅1855mm×全高=1690mmで、力強さと上質感を兼ね備えたというエクステリアは、なかなかワイド&ローなプロポーション。フロントフェンダー上の死角確認用ミラーの代わりに、助手席側ドアミラーに補助確認装置が設置されたのもヴァンガードの特徴です。

搭載エンジンは当時のRAV4と同型の2.4L直4(170ps)に加え、当時のハリアーでも採用された3.5L V6(280ps)も用意。それぞれに組み合わされるトランスミッションはCVTと5速ATです。
初期モデルの駆動方式は4WDのみで、全グレードに電子制御のアクティブトルクコントロールを完備。これは、通常はFF状態で走行し、必要に応じて駆動力を後輪に配分するというものです。
安全装備としては運転席&助手席エアバッグは当然として、前後席の横面をカバーする「カーテンシールドエアバッグ」も標準。衝突時に背中が沈み込むことで頸部の衝撃を緩和する「WILコンセプトシート」もフロントシートに採用されるなど、装備については「全般的にかなり充実していた」と言うことができます。
初期モデルのグレード展開は「240S」「350S」に、それぞれ5人乗り仕様と7人乗り仕様を用意。そのほかに本革+アルカンターラ内装で、パワーシートやシートヒーターなどの上級装備を与えられた「Gパッケージ」も用意されていました。
2008年8月には一部改良で2.4L版にFFモデルが追加され、同時に全車の運転席・助手席にアクティブヘッドレストが標準装備されました。

販売好調だったが、2013年にカタログから消える


そして2010年2月にはマイナーチェンジを実施。このマイナーチェンジではフロントグリルとフロントバンパー、アルミホイールのデザインが改められるとともにた、メッキ加飾のサイドプロテクションモールとコンビネーションランプも採用されています。
インテリアではすべての2.4Lモデルに「パドルシフト」が与えられたほか、一部のグレードでシート表皮の素材が変更されるなど、全体的に車内の質感向上が図られました。さらには、カラードオーバーフェンダーや18インチホイールを備えた2.4Lの新グレード「240S“Sパッケージ”」が追加されたのもこのタイミングです。
しかし2013年11月には、ヴァンガードは惜しまれながらも販売終了となってしまいました。確かに当初の販売目標には届かない月が続いていたヴァンガードですが、それなり以上の台数はコンスタントに売れていましたので「健闘していた」と評することはできます。
しかしヴァンガードはフルモデルチェンジを受けることなく、3代目ハリアーに席を譲る形でカタログから消えていきました。

狙い目は2010年式付近の「240S」


以上のとおり新車はすでに廃番となっているトヨタ ヴァンガードですが、「手頃な予算で狙える3列・7人乗りSUV」という存在は貴重ですので、その中古車を狙ってみる価値は大いにあります。
現在、ヴァンガードの中古車流通量はまずまず豊富で、2019年4月末現在、カーセンサーnetには551台の中古車が掲載されています。
相場は約50万~約200万円とけっこう上下に幅広いのですが、中古車としてのお値打ち感が感じられる物件は「120万円前後」に集中しています。具体的には、おおむね下記のようなイメージの中古車が多数流通しているのです。
●2010年式トヨタ ヴァンガード 240S Sパッケージ
価格=120万円/走行4.4万km/純正メモリーナビ/修復歴なし
上記はもちろん「イメージ」ですが、このようなイメージの240Sが豊富に流通していますので、「総額150万円以下の予算感で、3列シートのSUVに乗りたい」と考える人はぜひ注目してみてください。

280psの「350S」は残念ながら流通量少なめ


最高出力280psの3.5L V6エンジンを搭載する「350S」も、2.4Lの240Sとだいたい同じぐらいの相場で探すことは可能です。
しかしこちらは流通量がきわめて少ないため、現実的には「豊富に流通している240Sのなかから、自分の価値観と予算感に合う一台を吟味のうえ探し出す」というのが、トヨタ ヴァンガードの中古車を探すうえでの王道でしょう。中古車は、グレードよりも「程度」にこだわるほうが、結果としてシアワセになれる場合が多いからです。
多少なりともご参考になったならば幸いです。それではまた来週!
[ライター/伊達軍曹]

https://www.car-rate.info/suv-lab/

車の売却・査定は買取専門店にお任せください

創業20年以上の買取専門店だから、お車のセールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定が可能です。お車の買取相場をリアルタイムで把握しているので適正価格で買取させていただきます。

愛車の相場と査定の
お申し込みはこちら!

どうしても陰の薄い存在だったマツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」だが実は走行フィールに関しては最強前のページ

道具感が好きな人であれば、要チェック!日産の5ナンバー乗用ワゴン/商用バン「NV200バネット」次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボのコンパクトSUV「XC40」買うとし…

    それでは今週もさっそく「おすすめSUVのおすすめグレード」に関する研究…

  2. コラム

    【解説】BMW X3にエアロを装着してよりダイナミックなスタイリングに!

    BMW X3のエアロを大きく分けるとフロント・サイド・リアの3つに分類…

  3. コラム

    熟成の進んだマツダのフラッグシップセダン「アテンザ」のおすすめグレードと人気の秘訣

    さらに高められた完成度。熟成の進んだマツダのフラッグシップセダン、アテ…

  4. コラム

    とても珍しいヴィヴィオのタルガトップ「T-Top」「GX-T」がおすすめな理由!

    皆さんは、スバルで登場した軽自動車「ヴィヴィオ」にタルガトップを備えた…

  5. コラム

    もはや必須?BMW X1にバックカメラを取り付けて利便性アップ!

    BMW X1を駐車場に停めるとき意外と困ることが後方視界。そんなときに…

  6. コラム

    子供が生まれた後にフォルクスワーゲン ゴルフワゴンを購入しました体験談

    子供が生まれて、家族が増えたタイミングで車の買い替えを検討される方は国…

  1. コラム

    代を重ねて進化してゆく「レクサス RX」。3列シート7人乗りはやはりオススメ
  2. コラム

    生産終了がアナウンスされたレクサスGSのリセールバリューは高いのか?
  3. コラム

    BMW X3のグリルの種類と交換方法について解説!
  4. コラム

    【解説】アルピナのおすすめ買取店と高額買取できるお店を探すポイントとは?
  5. コラム

    8月にマイナーチェンジしたばかりの「日産 セレナ」のおすすめグレードは?やはり「…
PAGE TOP