コラム

3代目プリウスの派生モデルとして生まれた7人乗り車、トヨタ プリウスα(アルファ)でのオススメ仕様とは

それでは今週も「おすすめミニバンのおすすめグレード」を研究してまいりましょう。今週のお題は、3代目プリウスの派生モデルとして生まれた7人乗り車、トヨタ プリウスα(アルファ)です。

おすすめは5人乗り仕様ではなく7人乗り仕様



ご承知のとおりプリウスαには3列シートの7人乗り仕様と2列シートの5人乗り仕様が存在しています。そのため、まずは「3列か2列か?」というところから検討を始めなければならないのですが、ここはもう「3列/7人乗りで決定!」ということでいいでしょう。
なぜならば「ここはMINI vanラボだから」という身も蓋もない理由がまずあるわけですが、それだけではありません。

7人乗りプリウスαの3列目シートはごく簡単な操作で「フルフラット状態」にすることができるからです。つまり、使わないときは畳んでおけばまったく邪魔にならないということ。であるならば、いざというときのために、3列目は無いよりも有ったほうがいいじゃないですかと、そう考えるわけです。

「ツーリングセレクション」は特に必要なし

そうなると、検討対象とすべきグレードは下記のとおりとなります。


●G“ツーリングセレクション”(7人乗り)|346万5720円
●G(7人乗り)|325万9440円
●S“ツーリングセレクション”(7人乗り)|322万2720円
●S(7人乗り)|291万4920円
●S“ツーリングセレクション・GR SPORT”(7人乗り)|355万6440円
見てのとおり「G」と付くのが最上級グレードで、その下になるのが「S」と付くグレードです。
で、「ツーリングセレクション」というのはホイール径が16インチではなく17インチとなり、そのほかにフロント&リアバンパースポイラーも付くなど、若干スポーティな仕様になっているパッケージです。
このなかからおすすめグレードを選んでいくわけですが、まずそもそも「ツーリングセレクション」をわざわざ選ぶ意味はあまりないように思われます。なぜならば、
●17インチホイールゆえ乗り心地がちょっと硬い感じになってしまう
●最小回転半径も5.5mから5.8mに増えてしまう
ということで、あまりファミリー層向けとは思えないからです。もちろん、ツーリングセレクションならではのシャープな乗り味を好む人もいるでしょう。しかし「家族のためのミニバン選び」を考える当ラボとしては、あくまでも16インチの通常バージョンをおすすめする次第です。
参考:トヨタ プリウスα(アルファ)の買取専門ページ!

GとSの装備で決定的に違うのは?

となると、残るは以下の2グレードのみです。(あ、S“ツーリングセレクション・GR SPORT”(7人乗り)はちょっと特殊なため、そもそも検討対象から外しています。すみません)


●G(7人乗り)|325万9440円
●S(7人乗り)|291万4920円
両者の価格差は約35万円。いったいどんな装備差があるのかというと、主には下記のとおりです。

●Bi-Beam LED オートレベリング機能付(Sはメーカーオプション)
●スーパーUV・IRカットグリーンガラス・撥水機能付
●助手席・バックドアのスマートエントリー
●ファブリック×合成皮革のシート表皮(Sはファブリック)
●運転席8ウェイパワー&助手席4ウェイマニュアル フロントシート
●電動ランバーサポート


さすがは最上級グレードということで、どれもそれなりに魅力的です。しかし「決定的」なモノは少ないような気もします。決定的なのはせいぜい「運転席8ウェイパワー&助手席4ウェイマニュアル フロントシート」と「電動ランバーサポート」でしょうか? これは、確かにあったほうがかなり便利かつ快適です。
しかし、繰り返しになりますが、GとSの価格差は約35万円です。上記の2品に35万円も支払う価値があるか……と考えると、やや微妙なのではないでしょうか。
それにそもそもSのフロントシートも、電動ではありませんが「運転席6ウェイ&助手席4ウェイマニュアル」シートではあるのです。
電動であることにこだわらず、そして「8ウェイじゃなくて6ウェイでも十分だべ?」と考えることができるなら、わざわざ約35万円を支払って「いちばんいいやつ」を買う必要もないはずです。

イチ推しは「S(7人乗り)」。値引きも期待できそう!


ということで、結論としては「ファミリー層がプリウスαを買うなら、おすすめグレードはSの7人乗り!」ということになります。
そしてご存じのとおりプリウスαはモデル末期のタイミングです。ということは、「大型値引きも期待できる」ということです。
ぜひ粘り強い商談をして、そもそもお買い得な7人乗りのSを、よりお買い得な総額でゲットしていただければ幸いです。
それではまた来週!
[ライター/伊達軍曹]

ライトウェイトスポーツの当時の新たな提案「CR-X デルソル」はまだまだ市場価値がある前のページ

発売当時は日本車最高価格だった「レクサスLS」新型の一番の特徴はドアトリム次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    銭ゲバ 谷山真之介コラム。諸君なぜ?「一括査定サイト」やら「ディーラーの下取り」を使っているのか?

    カネなどいらない。いや、むしろ積極的に損をしたい。 例えばビル・ゲイツ…

  2. コラム

    【解説】BMW 5シリーズ E60はどのようなインターフェースがある?

    BMW E60のインターフェイスはBMW iDriveの機能を拡張する…

  3. コラム

    ベーシックグレードにも息づくたしかなスバルらしさ。スバル インプレッサG4のおすすめグレードをご紹介…

    モータースポーツ、特にWRCを愛する者にとって、「スバル インプレッサ…

  4. コラム

    BMW X1のルームランプ交換時のオススメライトを紹介!

    BMW X1のルームランプはほのかな肌色の優しい光のタイプです。純正状…

  5. コラム

    中古車で買うと新車の半額!フォルクスワーゲンポロ

    今回は中古車で買うと新車の半額で購入できて大変お得なフォルクスワーゲン…

  1. コラム

    高級ブランドであるレクサスはトヨタとどんな違いがあるのか?比較しながら解説!
  2. コラム

    【解説】BMW 5シリーズ E60のサイドミラーはこんな不具合に注意!カスタマイ…
  3. コラム

    子供が生まれた後にプジョーを購入しました体験談
  4. コラム

    あると便利なテレビキャンセラーをBMW X1に取り付ける方法とは?
  5. コラム

    走りがテーマの4ドアスポーツセダン「レクサス GS F」の核心に迫る
PAGE TOP