コラム

スバルのフラッグシップSUV、「レガシィ アウトバック」のおすすめグレードは断然これ!

それでは今週もさっそく「おすすめSUVのおすすめグレード」に関する研究を進めてまいりましょう。今週のお題はスバルのフラッグシップSUV(というかクロスオーバーSUV)、レガシィ アウトバックです。

おすすめは最上級グレードの「リミテッド」


レガシィ アウトバックのグレードラインナップは非常にシンプルで、ベースグレードに相当する「レガシィ アウトバック」と、上級グレードである「レガシィ アウトバック リミテッド」の2種類のみです。
ただし「レガシィ アウトバック」のほうは、ベースグレードというよりは「上級グレード」と考えるべきでしょう。フラッグシップSUVだけあって装備はかなり充実していますので。そのため正確には、
●レガシィ アウトバック=上級グレード

●レガシィ アウトバック リミテッド=最上級グレード

と考えるべきです。
そしていきなり結論から申し上げますと、レガシィ アウトバックを買うのであれば、おすすめグレードは断然「レガシィ アウトバック リミテッド」ということになります。
以下、そう結論づけた理由を順次ご説明いたします。

「ワゴンとSUVの中間」的なクロスオーバーSUV


まずはレガシィ アウトバックという車の概略とヒストリーをごく簡単に。
現行型のレガシィ アウトバックは、2014年10月に登場した6代目レガシィをベースとするクロスオーバーSUV。「ステーションワゴンとSUVの中間」といったイメージの車です。
エンジンはスバル伝統の水平対向4気筒で、排気量2.5Lの自然吸気。トランスミッションは全車6速マニュアルモード付きの「リニアトロニック(CVT)」となり、駆動方式は「アクティブトルクスプリットAWD(4WD)」です。そしていわゆる先進安全装備は、スバル自慢の運転支援システム「アイサイトver.3」が搭載されています。
2015年9月のマイナーチェンジで、車両後側方の監視機能やオートハイビーム、自動防眩ルームミラーなどからなる「アドバンスドセイフティパッケージ」が標準装備に。続いて2016年9月のマイナーチェンジではアイサイトver.3の「アクティブレーンキープ」の作動速度域が、それまでの65km/h以上から60km/h以上に拡大されました。

グレードは2つのみ。両者の価格差は27万円


ということで概略を押さえた後は、もっとも大切な「価格」を見てみましょう。
●レガシィ アウトバック|329万4000円
●レガシィ アウトバック リミテッド|356万4000円
上級グレードと最上級グレードの価格差は「27万円」ということですね。この価格差をデカいと感じるか、それとも小さいと感じるかは、装備の内容というか「差」によるはずです。
ならば、ということで両者の装備の違いを見てみます。

「スタブレックス・ライド」はぜひ欲しいところ

【AWDシステム・足回り・メカニズム】
この分野については両グレードともほぼ同じで、どちらも非常に充実しています。ただし異なるのは、まずは、
●アウトバック|17インチホイール
●リミテッド|18インチホイール
という点です。
ここの判断はなかなか難しいです。というのも、見た目的にはもちろん18インチのほうがカッコいいわけですが、「17インチだってぜんぜん十分」という見方も世の中にはあるからです。

しかしホイールサイズより重要な差異がここにはあります。それは、
●アウトバック|「スタブレックス・ライド」が選択不可
●リミテッド|「スタブレックス・ライド」が標準装備
スタブレックス・ライドというのはリミテッドに専用装備されるKYB製のフロント・ショックアブソーバーです。

その内容は「ピストンスピードの速い領域と遅い領域で減衰特性を大きく変えることができる」というものなのですが……まあ簡単に言うなら「操縦安定性の高さと乗り心地の良さという、通常は相反するはずのモノを両立できるダンパーである」ということです。
これがあると無いとでは大違いですので、やはり「リミテッド」のほうが断然魅力的に見えてきますね。

「パワーリアゲート」も、あればかなり便利

【視界】
ここに関しては両グレードともまったく同一で、差はありません。どちらもフル標準装備です。さすがはフラッグシップです。
【操作性・計器盤・警告灯】
この部門では両者に若干の差が生じます。どちらも充実はしているのですが、
●アウトバック|「パワーリアゲート」がオプション扱い
●リミテッド|「パワーリアゲート」が標準装備
となるのです。
無くてもいいと言えばいいですが、あると便利なことは間違いないパワーリアゲート。リミテッドであれば本革巻ステアリングホイール(ステアリングヒーター付)と本革巻シフトレバーの革部分が「高感触革」になる点と併せ、ここはリミテッドのほうにグッと引かれます。
【オーディオ】
ここは両者とも完全に同じです。ちなみにスピーカーは6スピーカー(フロント4+リア2)です。

「本革シートが標準か?」というのも気になるポイント

【シート】
ここが決定的に差が出る部分です。両者とも運転席10ウェイパワーシート&助手席8ウェイパワーシートではあるのですが、
●アウトバック|ファブリックシート
●リミテッド|本革シート


となっているのです。アウトバックにオプション装備として本革シートを装着することはできるのですが、その場合は10万8000円または18万3600円がかかってしまいます。
【内装】
ここは微差はありますが、基本的にはどちらも充実したフル装備です。ただし、
●アウトバック|加飾パネルが木目調+シルバー塗装
●リミテッド|加飾パネルがピアノブラック調+シルバー塗装
という違いはあって、好みが分かれるところかもしれません。
【外装】
ここも両者ともフル装備の充実っぷりで、ほとんど差はありません。唯一異なるのは、リミテッドには「フロント&リアバンパーガード(樹脂製)」が付くということ。あると「SUVっぽさ」が増す装備ですが、好き嫌いは分かれる部分かもしれません。
【安全装備】
ここについてはまったく差がありません。どちらも非常に充実しています。「さすがはスバル」といったところでしょう。

27万円の差であれば「リミテッド」を選ぶのが得策


以上の差異のなかで「重要」と思われるものをまとめますと、以下のとおりとなります。
●「スタブレックス・ライド」の有無
●「パワーリアゲート」が標準かどうか
●本革シートが標準かどうか
また人によっては「18インチホイールであること」も重要と感じるかもしれません。
冒頭付近で申し上げたとおり、アウトバックとリミテッドの価格差は「27万円」です。
ある意味「たったの27万円」で上記3点(18インチホイールも入れれば4点)の重要装備が付くのであれば、やはり狙うべきは最上級の「リミテッド」なのではないか……というのが当ラボの結論となるのです。
もちろん諸説あるとは思います。ただ、それでもある程度のご参考となったならば幸いです。それではまた来週!
[ライター/伊達軍曹]

世界のライバルたちと覇を争うプレミアムセダン、日産「フーガ」のおすすめグレードは?「フーガ」の魅力についても改めてご紹介!前のページ

BMW Z3はどんなオーディオが使われているか解説!最新システムへ交換はできる?次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    【解説】アウディのおすすめ買取店と高額買取できるお店を探すポイントとは?

    現在所有されているアウディも、いずれ売却する時がくるかもしれません。中…

  2. コラム

    【解説】シボレーのおすすめ買取店と高額買取できるお店を探すポイントとは?

    現在所有されているシボレーも、いずれ売却する時がくるかもしれません。中…

  3. コラム

    アウディ A3スポーツバック 3.2 クワトロのユーザーレポート

    アウディ A3スポーツバック 3.2 クワトロに実際に乗ってい…

  4. コラム

    BMW X3のマフラーにはどのような種類があるのか解説します!

    チューニングには欠かせないマフラーの交換。しかし、BMW車については、…

  5. コラム

    BMW Z3の純正ホイールについて解説!扁平率の違いで性能はどう変わる?

    BMW Z3に装着されている純正ホイールは15インチ~17インチです。…

  6. コラム

    燃費の良いSUV7選。ランニングコストが気になる方は必見!SUVは燃費が悪いとは言えなくなってきた

    みなさん、こんにちは!今回は燃費の良いSUVを7車、厳選して紹介します…

  1. コラム

    「日本の美意識」をテーマとしたLサイズミニバン三菱のグランディス。中古車で購入す…
  2. コラム

    ガリバーの輸入車専門店リベラーラLIBERALAを見学
  3. コラム

    ルノーカングーに試乗・購入しました体験談
  4. コラム

    ベンツAクラスを購入しました体験談
  5. コラム

    BMW中古車を買うためのチェックポイント
PAGE TOP