コラム

輸入車のエンジンの調子を把握する5つのポイント

エンジン。実は輸入車の燃費を大きく左右するのは搭載されているエンジンの調子です。ただし、エンジンの調子は素人には良いのか悪いのか判断がつかない場合が多いです

ここではエンジンの調子がおかしいと判断するための5つのポイントをお伝えします。

もし下記に該当する場合は、エンジンを交換・修理・点検にだすことをおすすめします。

インパネの油圧警告灯が時々点灯する

インパネにあるオイルジョッキのようなマークの油圧警告灯が チカチカと点灯する場合、オイルポンプの汚れによるオイルラインの 詰まりなどでエンジン内部に正しい油圧がかかていない可能性が あります。

オイル量が足りないという警告だと思っている人も多いですが無視すると危険です。

エンジン内部に深刻なダメージを与える可能性があります。

マフラーの出口から煙を吐くようになった

マフラーの出口から青黒い煙を吐き出している場合、エンジンオイルの 減りがはやくなっているはずです。

継ぎたしながら乗っている人もいるかもしれませんがオイルが燃料室内部に 入り込んで燃えている証拠です。

放っておくと触媒など周辺部分にも悪影響が及んでしまいますので すみやかなオーバーホールが必要です。

カチャカチャとメカニカルなノイズが気になる。

バルプタイプタイミングの狂いによるタベットノイズか カムシャフトを駆動するチェーンの伸びやテンショナー の故障によってチェーンが遊んでしまっているのか原因は色々 考えられます。

エンジンからの異音は放置しても自然には治りません。 何の問題もなく走れてしまう場合もありませすがなるべく点検してもらうようにしましょう。

輸入車のエンジンの調子を把握する5つのポイント前のページ

フェラーリ正規ディラーのRosso Scuderiaを見学次のページ

関連記事

  1. コラム

    SUBARUを倒産の危機から救った偉大なる功績。レガシィセダン 起死回生の期待をかけて生まれた初代レ…

    1989年、当時経営上の厳しい局面に立たされていた富士重工業が、起死回…

  2. コラム

    福島県の車事情・車買取店についてご紹介!車文化が根付く福島県で車を買取ができる店はどの地域にある?

    今回は福島県の車事情、主な車買取店についてご紹介いたします。福島県はど…

  3. コラム

    マツダの3列シートSUV「CX-8」が昨年末一部改良が行われた結果、どれが買いなのかを改めて考えてみ…

    それでは今週も「おすすめSUVのおすすめグレード」に関する研究を進めて…

  4. コラム

    メルセデス・ベンツが生んだ怪物、G63 AMG 6×6

    メルセデス・ベンツが生んだ怪物、G63 AMG 6x6が、発表以来Yo…

  5. コラム

    BMW X5にも装着されているエアサスにはこんな落とし穴が!その対処法は?

    BMW X5にはエアサスが装着されているモデルもあります。エアサスは乗…

  6. コラム

    車内の温度上昇を抑制してくれる!BMW X1のサンシェードについてご紹介

    夏の日向に置いてあったX1に乗ったときものすごく暑い思いをしたりハンド…

  1. コラム

    燃費の良い輸入車ランキング
  2. コラム

    神奈川県相模原市の車買取店一覧
  3. コラム

    ベンツらしい優雅さを楽しめるベンツMクラス
  4. コラム

    惜しまれつつ生産終了となったレクサス・GS F。気になる最新のリセールバリューは…
  5. コラム

    「ベテラン」でありながらいまだ人気を博しているコンパクトSUV、ホンダ ヴェゼル…
PAGE TOP