コラム

BMW Z3のリアスクリーンは割れてしまう!?その対処法とは?

BMW Z3のスクリーン(リアスクリーン)はガラス製ではありません。直射日光が当たる駐車場やソフトトップカバーをしていない場合、曇りが生じたり経年劣化によりリアスクリーンが割れてしまうことがあります。後方視界を司るリアスクリーンについて詳しく解説していきます。

BMW Z3のリアスクリーンの劣化とは?

BMW Z3に装着されているリアスクリーンは柔らかい素材でクリアフィルムのようなスクリーンが装着されています。よって長年の使用や日光の影響、天候の影響による劣化は避けられません。リアスクリーンの曇りや経年劣化による固着が進行するとリアスクリーンが割れてしまうことがあります。日頃からリアスクリーンの状態を気にするようにして、曇りはじめたり、割れそうなほど固着してきた場合には早めの交換をするようにしましょう。

ホシ君:割れてから慌てて対処するよりも早めの発見と早めの対策が必要ですね。
ビーエム博士:手で触るとスクリーンの状態がわかりますので日頃からチェックするようにしましょう。

BMW Z3のリアスクリーンの交換はどうすれば良い?

BMW Z3のリアスクリーンはチャックで固定されているため交換は簡単です。交換部品を購入してオーナー自身で交換することも可能です。作業に自信がないのであればディーラーやカーショップに任せると良いでしょう。

ホシ君:後方の視界に直結するリアスクリーンはしっかり取り付けたいですね。
ビーエム博士:スクリーンが歪んだ状態で取り付けられてしまうと視界が悪くなるので慎重に取り付けましょう。

まとめ

BMW Z3スクリーンの劣化(曇りや割れ)は避けることが難しい問題です。出先でのリアスクリーンに関するトラブルを防ぐためにも日頃からリアスクリーンの点検やメンテナンス、曇りや固着が進行してきたら早めの対策をとるようにしましょう。

車の売却・査定は買取専門店にお任せください

創業20年以上の買取専門店だから、お車のセールスポイントを熟知!細かな装備やカスタム内容もしっかり高額査定が可能です。お車の買取相場をリアルタイムで把握しているので適正価格で買取させていただきます。

愛車の相場と査定の
お申し込みはこちら!

トヨタの5ナンバーサイズミニバン「ウィッシュ」。中古車を買う場合のポイントとベストな価格帯前のページ

BMW Z3のラジアルタイヤの実力は?ランフラットにするとどうなる?次のページ

この記事を書いた人
ユーズトカーラボ 編集部
ユーズトカーラボ 編集部

ユーズドカーラボマガジンは国内最大級の中古車専門メディアです。自動車ライターによる中古車に関するコラムや、相場などの詳細情報まで網羅しています。

関連記事

  1. コラム

    お手軽から本格的なものまで!BMW X5のミニカーについてご紹介

    BMW X5のミニカーはインターネットサイトなどで販売されています。カ…

  2. コラム

    ホンダの5ナンバーサイズ低床ミニバン「ストリーム」。どれを選ぶのが中古車として一番おいしいのか

    それでは今週もさっそく「おすすめミニバンのおすすめグレード」に関する研…

  3. コラム

    BMW Z3のカバーをご紹介!ボディカバーとソフトトップカバーの違いは?

    BMW Z3のカバーにはボディカバーとソフトトップカバーの2種類があり…

  4. コラム

    いまだに人気!ダイハツのイメージを大きく覆した軽自動車オープンカー「コペン」に迫る

    ダイハツコペンは2002年から販売されている軽自動車オープンスポーツカ…

  5. コラム

    兵庫県姫路市の車買取店一覧

    お売りになりたい車と、車検証は最低必要です。即売却を希望の方は売却に必…

  6. コラム

    沖縄県の車事情・主な車買取店についてご紹介!沖縄県内で車買取ができるのはどこ?

    今回は沖縄県の車事情・主な車買取店についてご紹介いたします。沖縄県の車…

  1. コラム

    BMW 5シリーズ E60のイグニッションコイルについて解説!不調になるサインと…
  2. コラム

    7車種で完全掌握!輸入車高価買取人気ランキング
  3. コラム

    BMW X6のエアロはどんな種類がある?社外と純正パーツの特徴も解説!
  4. コラム

    BMW X1のルーフレールの取り付け方法を解説!個人で取り付け可能?
  5. コラム

    新型フォレスター「X-BREAK」に長距離試乗!クラス随一といっても過言ではない…
PAGE TOP