AMG

ベンツの最上級AMGの由来と今

お売りになりたい車と、車検証は最低必要です。即売却を希望の方は売却に必要な書類をご覧ください

AMGとは

世界で最も成功したチューニングファクトリーに数えられ、高性能の代名詞に扱われるAMG。

AMGは創設者であるハンス・ヴェルナー・アウフレヒトとパートナーのエルハルト・メルヒャー、そしてアウフレヒトの故郷であるグロース・アスパッハの頭文字を並べたものです。

AMGの創設者アウフレヒトとは

アウフレヒトはもともとダイムラー・ベンツで高性能エンジンの
開発に携わるエンジニアでしたが30歳で独立し、レースカー用エンジン
の開発を行う会社としてAMGを立ち上げた。

AMGがベンツの最上級車になるまでの経緯

71年には欧州ツーリングカー選手権にAMG 300SEL6.8で参戦。
ここで好成績を行ったことによりメルセデス・ベンツのチューナーとして
名を馳せるようになります。

88年、メルセデスベンツはDTM参戦にあたりその実力を見込んでAMGに協力を依頼。続いて市販車についても正式なパートナー契約を結びます。

AMGは開発中の新型車の情報をメルセデス・ベンツから売ることができるようになり単なるチューニングメーカー・改造車メーカーの枠を超えた展開が可能になりました。

93年には共同開発車として製作されたC36を発売し、当初の予想を大きく上回るセールスを記録しました。99年にアウフレヒトが株式の過半数をダイムラー(童子はダイムラー・クライスラー)に売却し、AMGはメルセデスAMGとして新たなスタートを切ります。

現在ではメルセデスベンツ車の最上級グレードという認識が浸透しています

関連記事

  1. AMG

    【解説】AMGのおすすめ買取店と高額買取できるお店を探すポイントとは?

    メルセデス・ベンツのチューニングメーカーとして有名なAMG。オーナーの…

  1. BMW

    BMWX5のユーザーレポート
  2. 中古車店舗

    千葉船橋の輸入車専門店トップランクを見学
  3. キャデラック

    【解説】キャデラックのおすすめ買取店と高額買取できるお店を探すポイントとは?
  4. BMW

    多彩なバリエーション!現行BMW X3 G01のホイールをご紹介!
  5. BMW

    2シーターのおすすめ輸入車の選び方
PAGE TOP