BMWの大人気車種BMW3シリーズ

    車大好きライター中込健太郎さんの寄稿記事を車種別に編集して掲載しています。 輸入車買取相場.comではベンツAクラスに限らず、専門ライターの記事、一般ユーザーによる口コミレポートを掲載しています

    輸入車買取相場.comとは

    BMW3シリーズを購入するお勧めの年式

    オススメ度合を、5つ星満点として紹介します。

    ・E21(1983年以前) ★☆☆☆☆
     初代3シリーズさすがに趣味の領域かと。2ドアのみ。
    ・E30(1982年―1994年) ★★☆☆☆
     4ドア、ワゴンはこの代から。4WDも設定。
    ・E36(1990年―2000年) ★★★☆☆
     今の3シリーズの始祖。輸入車らしいつくり。
    ・E46(1998年―2007年) ★★★★★
     中庸が光るハイバランスな乗用車。
    ・E90(2005年―2012年) ★★★☆☆
     BMWというよりはよくできた乗用車。
    ・F30(2012年―) ★★★★☆
     ディーゼル、ハイブリッド、ガソリンを当初から設定。

    BMW3シリーズを探すなら

     3シリーズは今や日本では、高級車というよりはすっかり市民権を得たクルマと言ってよいでしょう。 新車でかなり早くから様々なファイナンスプログラムや基本メンテナンスをパッケージにしたメンテナンスプログラムをいち早く幅広いモデルで設定。 国産車と拮抗する3シリーズはかなり販売台数を伸ばしました。大都市圏の一部では国産車を抑えて相当の台数が登録され、珍しくなくなっている地域もあります。

      比較的中古車ではハードルの低いモデルと言えるでしょう。

    しかしハードルが低いとはいえ、そこはBMW,期待を裏切ることは少ないと思います。  ご紹介したファイナンスプログラムメンテナンスプログラムが大々的にリリースされたのもあって、E36以降のモデルが特に台数も多く、それだけ中古車も多いでしょう。

    それ以前のモデルは、やはり輸入車ならではの割高感もありましたし、どうしても限られた人のためのモデルだった面が強いと思います。E36の最も新しいクルマでも15年選手です。

    そういう意味では、流通しているものの多くは最後期モデルが中心でしょう。クーペ、カブリオレも設定されており、ツーリング(ワゴン)は正規輸入されませんでした。 (アルピナのチューニングモデルでのみ正規輸入がありました。)もし、かなりコンディションのいいモデルがあれば、価格はそう高価なものではありません、スポーティさが明確なBMWとしては面白いかもしれません。

    BMW3シリーズで一番お勧めはE46です。

    もうこのタイプもかなり値落ちが進んでいますが、E36のコンセプトを踏襲しつつよりマイルドさも併せ持つようになったモデル。 軽やかさはありつつも快適性も高く、クーペ、カブリオレ、ワゴンと、国内でもMTモデルも設定されるなど今のラインナップがここで完成したモデルでもあります。 正直「一度乗っておいていただきたい」フレンドリーなクルマと言えるでしょう。

    先代の3シリーズはそれに比べると、いささか、BMWでなければならないという印象は薄いモデルと言えるかもしれません。 究めていいクルマですが、スポーティという点は比較的薄れ、内装の作りも普通の乗用車という面もあります。 これだと他のクルマでもいいのでは、と思われる方もいるかもしれません。

    ですので、満点を外したのですが、予算内で、納得の一台があれば、買って損はないでしょう。  現行型F30はまだ年式が高く、高価なものが多いでしょうからもう少し待ってもいいかもしれません。 しかし、今回から追加されたディーゼルエンジンモデルは安価な軽油で走りますし、一度満タンにすると、高速走行などでは1000`ほど走行できるでしょうから経済的です。 燃費自体では国産の「燃費スペシャル」なハイブリッドカーにはかなわないかもしれません。 しかし、めくるめくトルクによるクラスを超えた力強い走りと、ランニングコスト換算ではハイブリッドカーにも負けない経済性は「元が取れる」可能性すらあります。 少しでも新車より安ければ、購入しても損はないのではないでしょうか。ですので、この320dを想定して、高年式のモデルながら4つ星をつけました。  ちなみに、エンジンがたくさん用意されている3シリーズですが、お勧めは4気筒モデルです。鼻先の軽さがもろに実感でき、「水を得た魚」のごとし、ひらりひらりとカーブを抜けてこそBMWでしょう。 トルクもたっぷり。日本の道路事情では、重たい6気筒は爽快感があまり味わえないことすらありうるのです。4気筒をおススメします。

    今の車を買取査定するなら

    BMW3シリーズを探すなら

    Kazutaka Uemura | 

    経験豊富なガリバー出身など専門ライターのコラムです

    車種別年式別輸入中古車の選び方

HOT TOPICS

輸入車の買取は国産車とは違う?

免責事項

このサイトは、輸入車中古車買取相場に関する正確な情報をできる限り伝えるように配意しておりますが、サイト管理者の調査・経験等を基に作成しているものであるため、このサイトの情報すべてを保障するものではありません。 また、このサイトを利用したことによる間接的、あるいは直接的に生じた、いかなる損害においても、当方では一切責任を負い兼ねますのでご了承ください。

運営者情報

サイト運営者について