元ガリバースタッフによるはじめてのBMWの中古車の選び方その2

ガリバーで7年間勤務された後、現在はフリーランスのライターとして活躍されている中込健太郎さんから寄稿いたただきました。今回は前回の記事で紹介いただいた「エンジンから選ぶBMW」のというトピックで触れていただいた ”4気筒のBMW5シリーズ”の素晴らしさについて寄稿いただきました


4気筒のBMW5シリーズがおすすめです

 皆さんは「シルキーシックス」という言葉を耳にしたことがありますか?

BMWは秀逸なフィーリングの6気筒エンジンを長きにわたって作り続けてきました。今も一部グレードでは採用しています。パワフルで、レスポンシブで、滑らかなエンジン。それを言い表す用語として、しばしば耳にすることがあるかもしれません。

実は最近3シリーズなどから、進められていますが、大きな排気量のエンジンの替わりに、コンパクトな4気筒エンジンを採用するようになっています。

ミニマムなエネルギーで最大限のパフォーマンスを発揮するBMWとは

この動きが最近では5シリーズにも波及しているのです。その目的は、もちろんEfficientDynamics。最近BMWが掲げているスローガン。

ミニマムなエネルギーで最大限のパフォーマンスを、というものです。

フロントエンジンリアドライブ(FR)のクルマの多いBMWのラインナップでは特に、フロントエンジンに搭載するエンジンは、ただ単にパワーがあれば言いと言うものでもないのです。

クルマはシステム。全体でどういうクルマに仕上がっているかが大きな問題です。

もともと6気筒、しかもスペース的には大きい直列6気筒をおさめることのできるスペースに、コンパクトで軽量な4気筒のエンジンを搭載することは、実はもともと、大いにアドバンテージを引き出す可能性を持っているといえるのです。 しかもプレミアムサルーンのBMWのエンジン。単なるどこのメーカーも作るような、どんなクルマにも積まれるような、凡百の4気筒エンジンではありません。 振動も抑えられ、精緻な設計と工作制度を以って製造される、しっかりとコストと手間が惜しまれていないことは、一度でも乗ってみればわかっていただけるはずです。 優秀なターボエンジンと組み合わせられ、低中速から潤沢なトルクがもりもりと湧き出し、街中でもきびきび感が増すと同時に、高速までよく回るのはBMWの面目躍如たる部分と言えるでしょう。

最近のトレンドオートマティックミッションとの相性も良好です

  さらに最近のトレンドは多段化されたオートマティックミッション。これとの相性もよく、トルクバンドの一番おいしいところでサクサクとシフトアップしていくさまは、まるでエンジンのおいしいところだけをかいつまむミッションの、上のギヤが常に「お迎えに来て引っ張り上げてくれている」とでも表現したくなるようです。

 容易に、意のままにパワーを引き出せるレスポンシブなエンジンは全長が短くなったために、ステアリングフィールの軽快さを引き出すことにも大きく寄与していると言えます。

おそらく同じパワーを引き出すのに搭載していた6気筒車より、車重が1割、いや3割くらい軽くなったかのように、「身軽さを実感できる」クルマになっています。

6気筒エンジンはBMWの証というこだわりは捨ててください

 

6気筒エンジンはBMWの証、高級車の証。そういうこだわりは、もはや「前時代的沽券」であり「呪縛」である。語弊を恐れずに言えばそれくらい「引き換えに得るもの」は大きいと言えるのではないでしょうか。

 単純に軽いのではなく、「重厚な走りのテイストは残しつつ、軽やかさを身につけた」クルマと言えるでしょう。それがBMWの新世代4気筒エンジン搭載車の特徴です。

クルマがどんどん肥大化する一途をたどっていた昨今、もともとドイツの「黒い森」の中を自由に飛び回る、黄金の翼を持った鳥のようなイメージのBMW、「久々に帰ってきたぞ!」そんな感想を抱かれる方も多いのではないでしょうか。

4気筒エンジンの醍醐味は5シーリーズでこそ楽しめます

3シリーズでもその差はわかるでしょうが、大柄な5シリーズでこそ、その身軽に豹変した様をご自身の目で、一度体験していただくことをおススメいたします。

新しいBMW像がここにあるばかりか、最新のドイツ車、プレミアムカーの今後を見ていただきたい。そういう一台ではないでしょうか。


中込健太郎さんについて

元ガリバーで長年にわたって蓄積された車に関する見識は一読の価値があります
※参考:中込健太郎さんのfacebook
車関連の投稿でいつも満たされています
https://www.facebook.com/kentaro.nakagomi

今の車を買取査定するなら

BMW5シリーズを探すなら

関連リンク

元ガリバースタッフによるはじめてのBMWの中古車の選び方その1

BMW5シリーズのMスポーツを購入しました体験談

BMWの中古車探し

免責事項

このサイトは、輸入車中古車買取相場に関する正確な情報をできる限り伝えるように配意しておりますが、サイト管理者の調査・経験等を基に作成しているものであるため、このサイトの情報すべてを保障するものではありません。 また、このサイトを利用したことによる間接的、あるいは直接的に生じた、いかなる損害においても、当方では一切責任を負い兼ねますのでご了承ください。