ベンツC63 AMGと、普通のCクラスの上級グレードではどちらがオススメ?

輸入中古車400勝サイトや日刊カーセンサーへの投稿でおなじみの伊達軍曹さんから寄稿いたただきました。

過日、e-mail経由で相談を受けた。

「ベンツのCクラスを中古で買おうと思ってます。ベンツC63 AMGと、普通のCクラスの上級グレードとでは、軍曹さん的にどちらがオススメですか?」と。

……質問者の年齢も居住地も職業も年収も予算も、ついでに性別すらわからない状況ではなんとも答えようがないが、まあ文面から「30代半ばから後半ぐらいの男性だろう」と推測したうえで、話を進めてみよう。
質問者の名前は仮に「吾郎」としておく。

吾郎よ。

キミがもしもいわゆる「お金持ち」であるならば、C63 AMGはやめといたほうがいいのではないかと、わたくしは思う。いやもちろん、W204型のC63 AMGは大変素晴らしいクルマだ。わたくしが自動車人生で唯一の臨死体験をしたのも、実はC63 AMGに試乗していたときのことだ。

わたしが飛ばしすぎて臨死体験をしたわけではなく、そのときは助手席に座っていた。当時在籍していた編集部のW君という若手がステアリングを握っていたのだが、おそらくは最高出力457ps(※初期モデルの場合)を発生する6.3L V8エンジンのあまりの気持ち良さに、W君は我を失ったのだろう。 「どう考えても前方左車線を走ってるトラックがフラフラと右車線に出てくるだろう」というタイミングで、W君は全開をカマした。

C63 AMGの全開とは、それはもうおそろしいものだ。

「……W君、ちょっと今はマズイよ」と言ったわたしだが、Wはまるで聞いちゃいなかった。何かに魅入られていたのだろう。

そして案の定、左前方のトラックは、C63 AMGがまさに追い越さんとするタイミングでフラッと右車線に出てきた。

「……お母ちゃん!」。

死を覚悟して思わず母の名を叫んだわたしだが、W君の渾身のフルブレーキでなんとか死は免れた。

C63 AMGはブレーキ性能も素晴らしいのである。

その後わたしは当然Wに鉄拳制裁を加えたが、それはさておき、かようにC63AMGは素晴らしいクルマだ。

でもね、お金持ちには似合わないんだな、これが。

それはクルマ自体の問題ではなく、タイミングの問題だ。 C63 AMGがデビューしたのは2007年10月。もはや7年前のモデルだ。現在でもクーペのC63 AMG Edition 507というモデルが新車として販売されているが、とにかく古い。吾郎的は「これが好きだから、多少古くても乗ってます」というつもりだろうが、世間はそれを許さない。「金のないヤツが見栄を張るために中古のAMGを買った」としか思わないのだ、世間的には。

吾郎は「別にそれでもいい! どう思われたって構わない!」と言うかもしれない。それは確かに素晴らしい心意気だ。しかしせっかく真のお金持ちになったのに、世間の阿呆どもからそんな誤解をされては悲しいじゃないか。

ムカつくじゃないか。

だから、わたしとしてはあまりオススメしたくないのだ。

じゃあお金持ちな吾郎はどんなCクラスに乗ればいいかというと、「ごくごくフツーのCクラス」だ。それも新型のW205ではなく、ヤナセの中古車センターで売ってそうな先代の、フルノーマル中古車がいい。

新型Cクラスを買っても「小金持ち」程度にしか見えないが、先代のフルノーマルで、下手すりゃディーラーオプションのレース製シートカバーがかかってそうなCクラスに30代の男が乗っていれば

「……コイツ何者だ?」

ということになる。

その「只者ではない感」は半端じゃないだろう。吾郎にはありがちな小金持ちではなく、そういったインパクトのある金持ちであってほしいのだ(※まぁ本当は、お金持ちなら中古のCクラスじゃなくて911とかアストンマーティンとか買えばいいのにと思うけどね)。

もしあなたがお金はないけどベンツは大好きな方なら

しかし、質問者の吾郎がお金持ちとは限らない。もしかしたら「大してお金はないけどメルセデスが大好きな青年」である可能性もある。ていうか、たぶんそうだろう。

吾郎がもし貧乏人だったら・・につづく


Kazutaka Uemura | 

関連ページ

ベンツCクラスのオススメの年式
吾郎がもし貧乏人だったら・・につづく

今の車を買取査定するなら

はじめての輸入車を探すなら

輸入車の買取は国産車とは違う?

免責事項

このサイトは、輸入車中古車買取相場に関する正確な情報をできる限り伝えるように配意しておりますが、サイト管理者の調査・経験等を基に作成しているものであるため、このサイトの情報すべてを保障するものではありません。 また、このサイトを利用したことによる間接的、あるいは直接的に生じた、いかなる損害においても、当方では一切責任を負い兼ねますのでご了承ください。