ロゴからわかるベンツとBMWの由来と歴史

ベンツとBMWの由来と意味についてまとめてみました。。

ベンツのロゴの由来

カールベンツと並んで世界で最初に自動車発明したゴッドリーブ・ダイムラー。
スリーポインテッドスターのエンブレムは、自動車だけでなくあらゆる交通機関に自社製作のエンジンが搭載されることを夢見て その活躍の舞台として「陸・海・空」すべてで活躍したいという野心が表現されています。

BMWのロゴの由来

もともと飛行機のエンジンを作っていたBMWのロゴは回転するプロペラが モチーフとなっています。
またBMWの本拠地であるミュンヘンが属するバイエルン地方の州旗が 青い空と白い雲をイメージした色合いをもっていることからプロペラには同様の着色が施されています

BMW・MINIのロゴの由来

MINIというロゴマークが使用されるようになったのは、1969年からです。
同年に」オースティン・ミニとモーリス・ミニ・マイナーというバッジはなくなり 単純にMini]なりした。
その後MINIはローバーへと移りその家庭でロゴに羽がつくようになりました
2001年にBMWから発売された際に現在の3Dデザインになりました

■関連記事
ポルシェ買取の動向について
ベンツ買取の動向について

HOT TOPICS

輸入車買取相場の状況は?
輸入車売却前に内装・外装で査定金額をあげるこつ
不景気の時はポルシェが狙い目です。

輸入車買取ブランドリスト

免責事項

このサイトは、輸入車中古車買取相場に関する正確な情報をできる限り伝えるように配意しておりますが、サイト管理者の調査・経験等を基に作成しているものであるため、このサイトの情報すべてを保障するものではありません。 また、このサイトを利用したことによる間接的、あるいは直接的に生じた、いかなる損害においても、当方では一切責任を負い兼ねますのでご了承ください。