ベンツ・ポルシェを購入する時の6つのチェックポイント

ベンツ・ポルシェなどの輸入車を購入する・乗り換える場、購入後の維持費が気になる方も多いと思います。 購入前に、ベンツ・ポルシェの状態を自分でチェックする豆知識を身についておくことで、購入後の維持費を削減することができます。

ベンツやポルシェを購入する時、車両価格ばかりを気にしてしまいがちですが、維持費を含めて総合的に 必要なコストを計算することが大切です。

特に維持費の中で特にネックになるのがメンテナンス関係のコストですので 購入後のメンテナンス関係のコストを 可能なかぎり減らすためのチェックポイントをまとめてみました。

変速ショックの有無を確認

ATなら変速ショックの有無をチェックしてくdさい。 最近のモデルは変速がスムーズなものが多いので違和感があると気がつくことが多いです。MTならクラッチの滑り、ギヤの 入り難さがないか確認。購入後に交換すると数十万円のコストがかかってしまいますのでよく確認してみてください。

シートの状態と臭いを確認

シートにへたりがないかシミや臭いがないかを確認してください。
タバコの臭いなどは高年式でも臭いがつきやすいので注意が必要です。
革シートも傷み具合も確認しておいたほうが無難です。

明るい場所でボディーを確認

ボディのキズの有無は多くの人が最初に見る箇所です。
しかし屋内で見ても状態が分かりにくいのでできれば屋外で晴天の日に見るとよいです。
バンパーの傷は補修や交換をすればよいですがドアの交換は高い修理費用が必要になりますので
購入前に明るい場所で必ずチェックをしてください

アイドリング音を確認

ボンネットをあけてエンジンルームをチェックするだけでなく、エンジンをかけるのも重要です。
エンジンの調子が悪い車両は暖気が済んでもアイドリングが安定せず、バラつきのある音がします。
また、エンジンがかかりやすいかどうかも確認してください。

タイヤの減り方が均一か

タイヤは溝の残量を見る必要があるのはもちろんですが、減り方がどうかを見る事はもっと 大切です。
片減りをしているとサスペンションに不具合があるケースが多いからです。
アライメントの調整にもコストがかかるので極端に片減りしている車両は避けたほうがよいです。

カタログ燃費の推移

カタログ燃費は月々の平均走行距離から毎月かかるガソリン代を計算する目安となります。
同一モデルでの年式によって大きく異なる場合があるので注意をしください。

221616.com【ガリバー】

■関連記事
ポルシェ買取の動向について
ベンツ買取の動向について

HOT TOPICS

輸入車買取相場の状況は?
輸入車売却前に内装・外装で査定金額をあげるこつ
不景気の時はポルシェが狙い目です。

輸入車買取ブランドリスト

免責事項

このサイトは、輸入車中古車買取相場に関する正確な情報をできる限り伝えるように配意しておりますが、サイト管理者の調査・経験等を基に作成しているものであるため、このサイトの情報すべてを保障するものではありません。 また、このサイトを利用したことによる間接的、あるいは直接的に生じた、いかなる損害においても、当方では一切責任を負い兼ねますのでご了承ください。